yuki

盲導犬育成の為に私達が出来る事は?

読了までの目安時間:約 6分


 

 

 

前回まで犬の頭脳を生かした犬の仕事として盲導犬等を

紹介しました。

今回は、「盲導犬育成の為に私達が出来る」事について

書こうと思います。

 

盲導犬育成の為に私達が出来る事は?

1.盲導犬募金

盲導犬を1匹育成する為に約300万円の経費が必要だと言われています。

こうした盲導犬育成に必要な資金の約95%は募金から成り立っています。

お店のレジ付近でよく見かけるラブラドール募金箱に小銭を入れるだけで私達は、

盲導犬育成に間接的に協力出来ます。

 

2.繁殖犬ボランティア

繁殖犬は、盲導犬の候補となる子犬を産む母犬です。

「繁殖犬が妊娠していない」場合繁殖犬ボランティアは、 通常のペットと

ほとんど変わらない繁殖犬のお世話をします。

「繁殖犬が妊娠して子犬を出産する」場合繁殖犬ボランティアは、出産・子育ての

お手伝いをします。

 

3.引退犬ボランティア

これは、10歳前後の引退した盲導犬を引き取り余生を共に過ごすという物です。

この場合盲導犬協会が医療費負担をしてくれます。

 

4.パピーウォーカー

パピーウォーカーは、生後2ヶ月の盲導犬候補の子犬を1歳になるまで育てる

ボランティアです。

パピーウォーカーになる条件は次の通りです。

◊島根県や静岡県や神奈川県や宮城県にある訓練センター近郊に住んでいる

◊月1回各訓練センターで行われるレクチャーに参加する

◊移動手段として車を持っている

◊室内飼育をする

◊留守にする時間が少ない

◊犬の躾を家族全員でする

◊現在犬の飼育をしていない

◊フード等の消耗品やワクチン等のお金を除いた日々の治療費を負担して貰う

 

5.キャリアチェンジ犬飼育ボランティア

キャリアチェンジ犬は、「身体的に懸念がある」犬や訓練を行ったけれど性格的に

盲導犬に向かないと判断された盲導犬の候補犬で盲導犬PR犬になったり等

キャリアを変更する犬を言います。

そんなキャリアチェンジ犬を飼育する人がキャリアチェンジ犬飼育ボランティアです。

キャリアチェンジ犬飼育ボランティアになる条件は次の通りです。

◊室内飼育をする

◊留守がちではない

◊節度と愛情を持って飼育する

 

6.ケンネルボランティア

これは、犬舎の掃除・犬用タオルの洗濯・犬の手入れや散歩・排泄・給餌・子犬の世話や

「盲導犬ユーザーが盲導犬をシャンプーする」時の補助等を行うボランティアです。

作業に慣れる為に週1度以上のサイクルで3ヶ月以上継続して活動できる方が好まれます。

 

7.イベントボランティア

これは、島根等にある各訓練センターで行われる見学会等のお手伝いをするボランティアです。

 

8.公益財団法人日本盲導犬協会の賛助会員になる

 

9.クレジットカードか郵便振り替えか銀行振り込みでお金を寄付する

 

10.スマートフォンを使って募金をするかざして募金をする

 

11.インターネットでクリックをする事で募金をするYahoo!ボランティアをする

 

12.Webmoneyを使って募金する

 

13.Edy決済による募金をする

 

14.遺産を寄付する(遺贈)

 

15.ジャックス等のクレジットカード会社の提携クレジットカードを作る

 

16.セゾンカード等の各種ポイントの寄付をする

 

17.ショッピングサイト等で貯まったポイントを寄付する

 

18.書き損じのはがきや使用しなくなった携帯電話や使用しない洗剤を公益財団法人

日本盲導犬協会に送るという暮らしの中から盲導犬の育成を応援する

 

19.募金箱の場所を提供する等企業や団体として盲導犬の育成を支援する

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

この中の1つでもやってみると盲導犬の育成を手助け出来るかもしれませんね。

次回は、聴導犬育成の為に私達が出来る事について書こうと思います。

 

焼き鳥ちょうちん串についての記事をご紹介します。

ちょうちんって何?名前の由来は?味は?オススメの食べ方は?



 

タグ :

トイプードル

この記事に関連する記事一覧