yuki

犬の頭脳を活かした犬の仕事は?介助犬の一生とは?

読了までの目安時間:約 3分


前回は、聴導犬について紹介しました。

今回は、介助犬について紹介しようと思います。

 

犬の頭脳を活かした犬の仕事は?

・介助犬

介助犬は、手足の不自由な人の日常生活を助ける為に特別に訓練された犬です。
具体的な仕事内容は、屋内外で落とした物を拾う事や衣服の脱衣補助や特定の物をユーザーに

持って来る事や車いすの牽引や緊急連絡手段の確保や起立介助や歩行介助やドアの開閉や

荷物の運搬等使用者に必要な様々な動作です。
屋外において介助犬は、黄色と青色で二色構成された介助犬と明示されたチョッキ等を着ています。

これにより一般人はペット犬と介助犬を見分けられます。

介助犬を見かけた場合は盲導犬や聴導犬同様に声を掛けたりえさを与えたりして犬の集中力を

阻害しない様に注意しなければなりません。
因みに兵庫県宝塚市のプログラマー木村さんと生活を共にしていた介助犬シンシアは有名です。

彼女の献身的な仕事ぶりは人々の共感を呼び介助犬を含めた補助犬の認知運動を盛り上げる事に

一役買いました。

結果として2002年10月に身体障害者補助犬法が施行されました。

この法律により介助犬も盲導犬や聴導犬同様に民間施設への受け入れが義務付けられました。

しかし盲導犬や聴導犬同様に介助犬の受け入れ態勢は万全といえません。

因みに介助犬の一生は、以下の通りです。

 

1.繁殖犬ボランティア宅で介助犬候補の子犬が繁殖される

2.介助犬候補の犬は、誕生~生後2ヶ月まで繁殖犬ボランティアさん宅で母犬や兄弟姉妹犬と一緒に暮らす

3.介助犬候補の犬は、生後2ケ月~1歳までパピーホームというボランティアさん宅で躾等を受けながら暮らす。

4.介助犬候補の犬は、1歳~2歳前後まで3ヶ月毎に適性評価をしながら介助犬として必要な事を訓練する。

5.介助犬候補の犬と介助犬利用希望者がお見合いする。

6.介助犬候補の犬と介助犬利用希望者が合同訓練をする。

7.介助犬候補の犬と介助犬利用希望者が認定試験と審査を受ける。

8.認定試験と審査を通過後介助犬候補の犬が正式に介助犬として認められる。

9.10歳まで介助犬として働く

10.引退

11.引退後介助犬はユーザー宅でそのままペットとして暮らすか引退犬ボランティア宅かパピーホームという

   ボランティアさん宅で暮らす。

 

皆さんはこの記事の内容を知っていましたか?

次回は、盲導犬育成の為に私達のやれる事について書こうと思います。



 

タグ : 

トイプードル

この記事に関連する記事一覧