yuki

個人で出来るノーキルポリシーの推進方法とは?

読了までの目安時間:約 6分


前回は、ノーキルポリシーの浸透による日本行政の変化について書きました。

今回は、個人で出来るノーキルポリシーの推進方法について

書こうと思います。

 

個人で出来るノーキルポリシーの推進方法とは?

皆さんは、どうすればノーキルポリシーを推進出来ると思いますか?

今回は、そんな事について書こうと思います。

 

・自分のペットを大切にする

殺処分数を減らす事は勿論大事です。

仮に「殺処分の数字がゼロになった」として「家庭内における犬や

猫の福祉が損なわれている」場合あまり意味がありません。
ペットの福祉を向上させる為に日頃から「犬や猫の欲求やストレスに

気を配り動物と人間がお互いを必要としあう」というヒューマン・

アニマル・ボンド(人と動物の絆)を築いておく事が重要となります。

「人間が動物の幸せを決めるなんておこがましい!」という意見が

あります。

しかしおおよその見当くらいは付きます。

 

・犬のしつけ等に関する情報をフェイスブック等を通して提供する

 

・動物保護団体に物資を提供する

「犬猫の為なら募金して良いけれどそれを運用する人間がどうも

信用できない」と考える人は、その団体に物資を提供すれば

ノーキルポリシーを推進出来ます。

 

・動物保護団体にお金を寄付する

「犬猫の為ならお金を出して良いし間接的に犬猫の支援に繋がるのであれば

自分の寄付金を人件費という形で使われても構わない」という人は、動物

保護団体にお金を寄付する事でノーキルポリシーを推進出来ます。

しかし世の中に募金詐欺という不正行為があります。

有名な募金詐欺は、2006年に発生したアーク・エンジェルズ事件等です。

募金という方法に不安を覚える場合は、「信用できる知人が関わってる」

団体だけに支援を限定したりアニマルドネーション等団体の実情をある程度

査察した上で募金を仲介してくれるサイトを利用したりして下さい。

また団体によって寄付金の使途を問わないという一般寄付と寄付金の使途を

限定するという指定寄付を区別している所があります。

因みにチャリティグッズを購入するという間接的な形で寄付を募っている団体が

あります。

 

・動物保護団体に労働力を提供する

動物の為なら労働力を提供して良いという人は、ボランティアに参加するという

形でノーキルポリシーを推進出来ます。

犬を保護している愛護団体に協力して定期的に散歩に連れて行ってあげたり猫を

保護している愛護団体に協力して猫を一時的に自宅で預かったり「団体が主催している」

里親会の運営を手伝う等が動物保護団体に労働力を提供するという事の例です。
しかし「愛護団体が自分達の価値観を異常に押し付ける」等実際に愛護団体と

関わってみて何か違うなぁと感じる場合そのまま無理をしてその団体と付き合っていると

精神力を次第にすり減らしノーキル運動自体を嫌になってしまう為何となく違和感を

覚えた場合は、速やかに違う団体の門を叩いてみたり一歩引いて支援の仕方を他の物に

切り替えてみるという冷静心が必要です。

 

・行政へ働き掛ける

犬猫に対する価値観のぶつかり合いを避ける為明文化されたルールを定めて欲しいという

人は署名運動に参加したり行政へ要望を出したりする事でノーキルポリシーを推進する事が

出来ます。

 

・動物嫌いの人の気持ちを理解する

世の中に動物好きな人と動物嫌いな人がいます。

ノーキルポリシーを推進する上で忘れてはならない事は、「動物嫌いの人と動物好きな人の

不要な対立を避ける事はノーキルポリシーを推進するという活動の中で重要な活動の一部

である」という点です。

ノーキルポリシーを推進するという活動の中で動物好き派と動物嫌い派がお互いを

挑発し合い感情むき出しで罵り合う姿を見かける事があると思います。

こうした悶着をうまくかわす為に動物嫌いの人の心理をある程度理解して心に余裕を持っておく

事が重要です。

動物嫌いの人の心理を知る為に以下の文章のXに自分の嫌いな動物を入れてみて下さい。

 

◊Xが殺されるのを何とか食い止めたい。
◊Xを救う為に税金を使って立派な保護施設を作ろう。
◊Xの福祉を向上させる為に法改正が必要だ。
◊Xを捨てる人間は言語道断だ!
◊Xを救う為に募金をお願いします。
◊Xを地域のみんなで支援しよう。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

次回は動物愛護に関わっていると必ず出会う倫理的な問題とその考え方について書こうと

思います。



 

タグ :

トイプードル

この記事に関連する記事一覧