yuki

ノーキルポリシーのメリットとは?

読了までの目安時間:約 4分


 

 

 

前回は、アシロマ協定について書きました。

今回は、ノーキルポリシーのメリットについて

書こうと思います。

 

ノーキルポリシーのメリットとは?

日本において犬や猫の引き取りや里親探しを行っている機関に
保健所等があります。
保健所等においてノーキルポリシーを実践する為に時間等の全てが

必要となります。
その為ノーキルポリシーの実践は、一朝一夕に出来ません。

しかしそうした難関をクリアしてノーキルポリシーを実現した時に
ノーキルポリシーの様々なメリットやデメリットが待っています。

 

今回は、ノーキルポリシーのメリットについて書こうと思います。

 

・犬の里親希望者が足を運びやすくなる
「保護施設がキルシェルターである」場合犬の里親になる事を希望して
施設を訪れた人は、独特の罪悪感に囚われます。
それは「自分が引き取る事で1匹の命を救う事は出来るかもしれない。
しかし自分は施設に残された他の犬や猫を見殺しにしてしまう…」という物です。
一方「保護施設がノーキルポリシーを実践している」場合犬の里親になる事を希望して
施設を訪れた人は、上記した様な心苦しさを感じずに済む様になります。
結果として他の人に口コミで広がり易くなります。
それにより犬の里親希望者の来訪数が伸びると考えられます。

 

・譲渡の好循環が生まれる
「施設がノーキルポリシーで運営されている」場合犬の里親希望者が足を運び易くなります。
それにより犬や猫の譲渡率が上がります。
その結果保護している動物の数が減ります。
そうしてスタッフによる動物の世話が細かい所まで行き届く様になります。
因みに「見た目が小奇麗である」しつけの行き届いた犬猫の譲渡率は上がります。
この様にノーキルポリシーを実践する事により「譲渡サイクルがうまく回り出す」事が

期待出来ます。

 

・動物を保護している団体に対する人々の反感をそらす事が出来る
殺処分の背景にある事情を全く度外視して動物を殺しているという事実だけに着目して
保健所や動物愛護センターの業務を非難する人は必ずいます。
「施設がノーキルポリシーを実践している」場合施設の職員は、こうした人々から寄せられる
問い合わせの電話に忙殺されなくなります。
それにより動物の世話に専念する事が出来ます。

 

・スタッフの精神衛生が良くなる
もし「公共の保健所や動物愛護センターを従来のキルポリシーからノーキルポリシーに
切り替える事が出来た」場合職員は「自分の仕事が動物を生かす事に繋がっている」という
実感を得やすくなります。
結果として施設の職員の仕事に対する意欲を高めて譲渡率のアップとして還元される事が

期待出来ます。

 

・協力者が増える
動物達の命を救う事に役立つなら手伝って良いという人々は、潜在的にたくさんいます。
「施設がノーキルポリシーを前面に打ち出している」場合こうした層にアピールして

ボランティア等より多くの支援を受ける事が出来る様になります。

 

皆さんはこの記事の内容を知っていましたか?

次回は、ノーキルポリシーのデメリットについて書こうと思います。



 

タグ : 

トイプードル

この記事に関連する記事一覧