yuki

カーミングシグナルの種類と意味は?犬はいつから使い始めるの?

読了までの目安時間:約 4分


 

 

 

二回続けてカーミングシグナルに関する実験について

書いて来ました。

今回は、カーミングシグナルの種類等について書こうと

思います。

 

カーミングシグナルの種類と意味は?

トゥーリド・ルーゴス(Turid Rugaas)はカーミングシグナルを27種類に分類しました。

そのカーミングシグナルと意味は、次の通りです。

 

カーミングシグナル 意味
相手の犬にゆっくりと歩いて近づく 「相手の犬がカーミングシグナルを出す」

事を待っている

体を横にそらす 敵意はありません
カーブを描きながら相手の犬に近づく 敵意はありません
体の横を見せてお尻から近づく 好意を持っています
尻尾を振る 好意を持っています
座る 争いはしたくありません
初対面の人や犬と出会った後にどこかへ行く あなたを認めます
前足を持ち上げる 落ち着こうとしています
鼻を持ち上げる 相手を落ち着かせようとしている
犬や人の間をさく 油断しないで
あくび もうやめて
体を振る 嫌だ
体を低い位置にして飛び掛ろうとしている いらっしゃい/嬉しい
尻尾を振って体を低くする 嬉しい/遊ぼう
子犬の様にじゃれる 遊ぼう
そっぽを向く 嬉しい
口元を後ろへ引く 敵意はありません
歯をカチカチと鳴らす 落ち着いて下さい
口と鼻の周りを舐める 敵意はありません(犬に対して)
嬉しい(人に対して)
口をパクパクさせる 嫌だ
背中を向ける 相手を落ち着かせようとしている
おしっこをする あなたを認めます(犬に対して)
ありがとう(人に対して)
その場所にいない様に振舞う 嬉しい
静止する 相手にカーミングシグナルが通じているか

判断している

地面の臭いを嗅ぐ 自分を落ち着かせようとしている
ふせ 相手を落ち着かせようとしている
転嫁行動 ストレスを発散しようとしている

 

犬はいつからカーミングシグナルを使い始めるの?

トゥーリド・ルーゴス(Turid Rugaas)によると犬は、最初あくびという

カーミングシグナルだけを使う様です。

その後犬は、様々な経験と体の成長によって上記のカーミングシグナルを

生後9週までに覚える様です。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

愛犬は、上記の中のいくつかのカーミングシグナルを私を含めた家族全員に出していました。

しかし私を含めた家族全員が、その意味まで理解出来ずスルーしていました。

これからは、この記事の内容を参考にして愛犬の気持ちを理解して愛犬にとって嫌な事を

しない様にしたいです。

次回は、犬の習性について書こうと思います。



 

タグ :

トイプードル

この記事に関連する記事一覧