yuki

犬にテレパシー実験できるの?一人と複数で行う違いは?成功のコツは?

読了までの目安時間:約 4分


 

 

前回は、「人と犬は以心伝心で繋がれるのか?」

という事について書きました。

今回は、「人と犬がテレパシーで繋がれるか?」

確かめる為の自宅で簡単に出来る方法を

紹介しようと思います。

 

犬にテレパシー実験できるの?一人と複数で行う違いは?成功のコツは?

皆さんは、犬にテレパシー実験をした事ありますか?

した事のない人の方が多いのではないでしょうか?

実験の仕方をご紹介するので是非試してみてください。

一人でテレパシー実験をする場合

 

一人でテレパシー実験をする場合テレパシー実験に必要な物は、

次の通りです。

  • 留守番カメラ(Webカメラ)
  • 定期アップロードソフト
  • 画像アップ用のディレクトリ
  • 外出先からディレクトリにアクセスする携帯端末等

 

一人でテレパシー実験をする場合の方法は、次の通りです。

1.「ペットの姿が撮影出来る」位置にWebカメラをセッティングする。

2.「カメラが捕らえた」画像を定期的に撮影して特定ディレクトリに

アップロードしてくれるソフトをインストールする。

3.10秒ごと等撮影間隔をセッティングする。

4.プロバイダーから無料でもらえるHP用のディレクトリ等に画像を

アップロードする様に設定する。

これで「部屋の様子が定期的に指定ディレクトリに送られる」という

仕組みが完成です。

5.スマホ等外出先でその指定ディレクトリ内の画像を閲覧出来る様な

携帯端末を用意する。

なお「セッティング等が面倒である」方の為に同様のサービスを

有料で提供している所やペットの様子を遠隔モニター出来る

専用機器が販売されています。

6.機器のスイッチを入れる。

7.外出する。

8.外出先でさあ帰ろうと強く念じて帰宅する。

9.帰宅後映像を確認する。

 

複数人でテレパシー実験をする場合

 

複数人でテレパシー実験をする場合必要な物は、メモ帳と鉛筆等の筆記用具です。

 

複数人でテレパシー実験をする場合実験は、以下の様な方法で行います。

1.協力者を探す。

2.被験者が協力者に「犬がそわそわしたり興奮したり通常とは違う状態になった」

  瞬間を時間で記録して貰う様に頼む。

3.被験者が外出する。

4.被験者が外出先で帰るぞと強く念じる。

5.被験者はこの時の時間をメモしておく。

6.被験者は帰宅方法もメモしておく。

7.被験者は帰宅する。

8.被験者と協力者の記録を照合する。

 

テレパシー実験を成功させるコツは?

 

「犬と飼い主のテレパシーの度合いはその親密度に依存する」というデータが

あります。

なのでテレパシー実験を成功させるコツは、犬のブラッシングを沢山してあげる等

犬と人間の間における切っても切れない絆であるヒューマン・ケナイン・ボンド

(Human Canine Bond)を強める事です。

 

私は、この実験方法を初めて知りました。

機会があれば試してみようかなと思います。

皆さんもこの実験をぜひ試してみて下さい。

次回は、犬に関する都市伝説等について書こうと思います。

 

タグ :   

トイプードル

犬と飼い主は以心伝心で繋がれるの?事例はあるの?

読了までの目安時間:約 4分


前回は、「犬は遠く離れた飼い主のピンチを分かるのか?」

と言う事に関して書きました。

今回は、「飼い主の意図は犬に以心伝心で伝わるか?」

と言う事に関して書こうと思います。

 

犬と飼い主は以心伝心で繋がれるの?

 

以心伝心という言葉があります。

人と人で以心伝心する事は難しい事です。

しかし犬と飼い主で以心伝心したという事例があります。

今回は、そんな不思議な事例をご紹介します。

 

・R ケラードさん

イングランドのノーサンプトンシャー州に住むR ケラードさんによると

「R ケラードさんが仕事終わったら散歩に連れて行こう。」と考えた

瞬間に愛犬のジグビィが身を起こしケラーさんの傍から離れず散歩に

連れて行って貰う事を期待していた様です。
 
・リリアン ホシェットさん

ルクセンブルグに住むリリアン ホシェットさんによると

リリアン ホシェットさんが庭等「アイコンタクトや他のしぐさが

犬に伝わらない様な環境にいた」時に散歩に行こうと考えた途端

「愛犬のジニーがはしゃぎだした」そうです。
 
・メアリー ロズウェルさん

イングランドのノッティンガムに住むメアリー ロズウェルさんによると

「メアリー ロズウェルさんが編み物をしていたり料理をしている最中に

犬を散歩に連れて行こうと考えた」瞬間にダックスフント達が足元に

来て尻尾を降り始めたそうです。
 
・ジャン フェンネルさん

イングランドのリンカーンシャー州に住む動物学者であるフェンネルさんは、

「自分の意図が6匹の飼い犬に伝わるかどうか」の実験を行いました。

内容は、「表情等のフェンネルさんから発せられる何らかの感情情報が犬達に

伝わらない様にした」離れた部屋に閉じ込めて定点カメラで撮影するという物

でした。

この内容で無作為に選択した時間に散歩に連れて行くという実験を行った所

計5回行ったテストの内4回において犬達は出入り口に近づく等何かを期待する

様なそぶりを見せました。

またジャン フェンネルさんは、比較検討実験として散歩に連れ出す意図を

持たずに離れ部屋を訪れるという実験を行いました。

その場合「扉が開く」前に犬達は出入り口に近づく等の期待行動を見せませんでした。

 

・メアリー バーデットさん

アイルランドに住むメアリー バーデットさんによると「家族が休暇でしばらく家を

空ける」事になると実際に出かける3~4日前(荷造りを始める前)から犬が悲しそうな

顔をしてうろうろしたそうです。
 
・フランク ブランレーさん

イングランドのシュロップシャー州に住むフランク ブランレーさんによると

フランク ブランレーさんの飼い犬であるジャーマンシェパードのマキシはソーセージ等の

言葉を「ブランレーさんが心に思い浮かべる」だけでどこにいようと姿を現したそうです。

 

皆さんは、これらの事例をどう思いますか?

次回は、「愛犬と自分がテレパシーで繋がるのか?」を確かめる為の自宅で簡単に出来る

実験を紹介しようと思います。

 

タグ :  

トイプードル

犬は遠い場所にいる飼い主のピンチを分かるの?

読了までの目安時間:約 6分


 

 

 

前回は、「犬は遠く離れた飼い主の居場所を

分かるのか?」という事について書きました。

今回は、それに関連した事について書こうと

思います。

 

遠い場所にいる飼い主のピンチを犬は分かるの?

皆さんは、犬って遠い場所にいる飼い主のピンチを分かると思いますか?

犬が遠い場所にいる飼い主のピンチを分かった事例を

見つけたので紹介しようと思います。

 

・ヒルデ アルブレヒトさん
ある日ドイツ・リンバッハに住むアルブレヒトさん宅の飼い犬は、

突如狂った様に走り回り玄関の扉に向かって飛び跳ねだしました。

そうしている内にヒルデさんの主人が帰宅しました。

なんとご主人は飲み屋でけんかをしてひどい怪我を負っていました。

「犬が落ち着きを失った」時は、ちょうど「ヒルデさんのご主人が

けんかをしている」最中でした。

 

・デービッド スウィニーさん

「兵役に付くデービッドさんが南イングランドにある兵舎に列車で

戻った」日に夜遅くになって飼い犬のタラが突然鼻を鳴らし激しく

震えだしました。

「デービッドさんの母親であるマーガレットさんが鎮静剤等を

与えてタラを落ち着かせようとしている」内に電話が鳴りました。

マーガレットさんは、電話で「息子であるデービッドさんが130キロ

離れたタムワース地区で電車から転落した」という連絡を受けました。

「タラがそわそわしだした」時はちょうど「デービッドさんが事故に

あった」時間帯だった様です。

またマーガレットさんは、電話で「デービッドさんの命に別状がない」

事を告げられました。

タラは、それに呼応するかの様に落ち着きを取り戻して眠りに付きました。

 

・ルパート シェルドレイク氏

ルパート シェルドレイクさんは、隣に住む友人の愛犬であるラグルズを

学校の中間休暇の間だけ預かりました。

ある朝11時半に散歩から戻ったラグルズは、なぜか玄関に居座り頑なに

そこから動こうとしませんでした。

午後になってイタリアで休暇中の友人から電話が入りました。

それは、「友人の息子であるティモシーがスキーリフトから落ちて足を

骨折した」という連絡でした。

調べてみると「彼が転落した」時はちょうど11時頃でした。

どういうわけかその時にラグルズは、片方の足を引きずっていました。

 

・ウォルター ベリーさん

「北アイルランドに住むウォルターさんの妻ジョアンさんと飼い犬の

クリッシーが一緒にいた」時に突如クリッシーが絶叫しながら暴れだしました。

尋常ではない様子から変事を悟ったジョアンさんはクリッシーを放しました。

クリッシーは中庭を越えて180メートル離れた場所に向かって一目散に駆けて行きました。

そこに車を修理している最中の不注意で体に引火してしまい火だるま寸前の

ウォルターさんの姿がありました。

彼は、間一髪の所で一命を取り留めました。

 

・レオーネ カタフィアツさん

サンフランシスコに住むカタフィアツさんは飼い犬を60キロ離れたサンホセにある友人宅へ

預けていました。

ある日カタフィアツさんの愛犬であるルーペが突然敷地の端へ走っていき一心不乱に

吠え出しました。

虫の知らせを感じたレオーネ カタフィアツさんの友人はサンフランシスコの

レオーネ カタフィアツさん宅を訪れ薬の過剰服用で生死の境を彷徨うレオーネ

カタフィアツさんを見つけました。

 

・アイリス ホールさん

イギリスのオックスフォード州に住むホール家は、ウェストハイランド・ホワイトテリアを飼っていました。

この犬は、特にアイリス ホールさんの息子と大の仲良しでした。

1982年の4月に海軍に所属するアイリス ホールさんの息子がコベントリー丸に乗船して

フォークランドへ派遣されました。

同年5月25日の早朝に犬が母親であるアイリスさんの膝に飛び乗り激しく震えながら

鳴き出しました。

小一時間ほどその状態が続きました。

「アイリス ホールさんがさすがにおかしいと思っていた」時にアイリス ホールさんは朝の

ニュースでコベントリー丸沈没のニュースを聞きました。

この事件でアイリス ホールさんの息子は行方不明者となりました。

その結果犬はやせ衰えて数ヶ月後に死んでしまいました。

 

皆さんは、この事例をどう思いますか?

次回は、「犬と飼い主は以心伝心で繋がれるか?」という事について書こうと思います。

 

タグ :  

トイプードル

犬は遠く離れた飼い主の居場所を分かるの?

読了までの目安時間:約 3分


前回は、犬の帰宅予知能力に関する実験について書きました。

今回は、「犬は遠く離れた飼い主の居場所を分かるのか?」

という事について書こうと思います。

 

犬は遠く離れた飼い主の居場所を分かるの?

・ジェイムズ ブラウンさん
ロンドンのハンマースミスに暮らすジェイムズ・ブラウンさんは

第一次大戦時兵卒としてフランスに派遣されました。

飼い犬のプリンスというアイリッシュテリアはこの事で悲しみに

くれました。

「ジェイムズ ブラウンさんが派兵された」数日後プリンスは

忽然と姿を消しました。

それから数週間後にプリンスはフランスのアルマンティエールに

現れ塹壕(ざんごう)にいたジェイムズ ブラウンさんと無事

再会を果たしました。

 

・パトリシア バークさん
スカイ島の農園で働くバークさんは、愛犬のテリアを農園に残して

10キロほど離れたポートリーに車で赴きました。

ある朝ポートリーの作業場の外に座っている愛犬を見つけました。

不思議な事に犬をその仕事場へ連れてきた事はありませんでした。

 

・ヴィクター シャクルトンさん
チェシアに住むシャクルトンさんは引越しに際しグレイハウンドの

ジョニーを手放しました。

ヴィクターさんは、ジョニーを列車に乗せて新しい飼い主の元に

届けました。

その後ヴィクターさんは、そこから5キロ程離れたパブで1杯やって

いました。

すると突然パブの入り口を荒々しく開け放ちジョニーが姿を現しました。

 

・アルフレッド コレフ博士
ウィーンに住むコレフ博士と妻は、2匹のダックスフントを家政婦に

預けて外出しました。

翌朝コレフ博士だけが家政婦の家を訪れて犬達を受け取り家路に着きました。

しかし犬達は、家に帰ろうとせず博士を引っ張ってどこかへ行こうとしました。

アルフレッド コレフ博士は、引かれるままについて行くとある居住区の

一軒家の前に到着しました。

なんとそこに博士の妻がいました。

 

・ドーレン一家
イリノイ州に住んでいたドーレン一家はある日イリノイ州オローラ市から

300キロ程離れたイーストランシングへ引っ越しました。

その際ドーレン一家は、雑種犬のトニーを置き去りにしました。

しかし6週間後トニーがドーレン一家の前に現れました。

 

皆さんは、これらの事例をどう思いますか?

次回は、「犬は遠く離れた飼い主のピンチを分かるのか?」と言う事に関して

書こうと思います。

 

タグ :  

トイプードル