yuki

犬はどんな食べ方や飲み方をするの?食べ物の味わい方は?嗜好性は?

読了までの目安時間:約 5分


 

 

 

前回は、犬の唾液について書きました。

今回は、犬の食べ方等について書こうと思います。

 

犬はどんな食べ方や飲み方をするの?

犬の歯列で発達している物は、草食動物にある様な臼歯

(きゅうし・すりつぶす為の歯)より肉を引き裂く為の

裂肉歯(れつにくし)です。

 

つまり犬は、物をよく噛んで食べるのではなく口に入る

大きさに引き裂いたらそのまま丸飲みします。

 

これは「悠長によく噛んで味わって食べていたら外敵や

兄弟に餌をとられてしまう危険性のあった野犬の頃の

習性が残っている」為や条件反射で一気食いをしてしまう

と言われています。

 

犬は、汗をかきません。

なので人間に比べると体内から出て行く水分量が比較的

少ない動物です。

 

しかし体温調整する際はパンティング(panting/

あえぎ呼吸)という方法によって唾液を気化させます。

なので定期的に水分を補給しなければ脱水症状に陥ってしまいます。
犬は水分を補給する時に舌を後方に巻き込んで柄杓(ひしゃく)の

様な形を作って水を汲み取ると考えられていました。

しかし2014年に行われた研究によると犬の舌の形は柄杓の役割をする

というより効率的に水柱を作る為の様です。

水柱は、「舌先が水面から勢いよく離れる」瞬間に出来る円柱状の水の

塊です。

 

なお犬や猫等肉を主食とする動物は、水にだけ反応する特殊な味蕾細胞を

持っています。

それは、水を飲む時に少しだけ丸める舌の先端に存在しています。

「甘い物や塩辛い物を食べた後にとりわけ細胞の感度が良くなる」という

事実からこの細胞は、水をすばやく摂取して体液の水分バランスをいち早く

回復させる為に発達した特殊細胞だと思われています。

 

犬の食べ物の味わい方は?犬の嗜好性は?

犬の舌は、人間ほど敏感ではありません。

しかし全く味を感じないわけではなく甘さ・しょっぱさ・苦さ・すっぱさを

感じる事が出来ます。

また犬のしつけ用品にビターアップル(直訳 苦いりんご)があります。

これは犬の持つ味覚に苦味という不快な刺激を与える事を目的としています。

人間は食事を五感を全て用いて楽しめます。

しかし犬は、匂い>食感>味>見た目の順で餌(エサ)を吟味します。

なので犬の前に綺麗に盛り付けしたフランス料理を並べても匂いを嗅いだら

大したありがたみもなくあっという間に平らげてしまうでしょう。

つまり犬にとって「食べる事が出来るかどうか」が問題です。

「きれいかどうか」や「おいしいかどうか」という事はそれほど重要ではありません。

そうでなければ犬は、腐っている物や自分の糞を平気で食べないでしょう。

 

また過去に行われた幾つかの実験により犬の食べ物に対する嗜好性がわずかながら

判明しました。

ずいぶん古い研究の為現代の犬にそっくりそのまま当てはまるかどうかは微妙です。

 

・好きな肉

牛肉>豚肉>ラム肉(羊肉)>鶏肉>馬肉

 

・エサの水分含量

半生タイプのエサ>乾燥タイプのエサ

 

・調理の有無

出来合いの缶詰肉>その場で調理した肉>生肉

 

・食べ物の温度

温かい物>冷たい物

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

次回は、「犬は飼い主の手から直接与えられた食べ物なら何でもおいしく感じるのか?」

等について書こうと思います。

 

タグ :                        

トイプードル

子犬の育て方を知っていますか?

読了までの目安時間:約 15分


 

 

皆さんは、多くの場合ペットショップで犬を

購入する事を考えていると思います。

その場合は、成犬ではなく子犬を購入する事に

なると思います。

そこで問題になる事が、子犬の育て方です。

皆さんは、子犬の育て方を知っていますか?

子犬の排泄の世話はどうすれば良いの?

子犬は、生後20日頃まで自分で排泄(はいせつ=おしっこやうんちをする)出来ません。

「通常母犬が尿道口(にょうどうこう)や肛門(こうもん)をなめて刺激する」事で

排泄が促されます。

しかし「何らかの理由で母犬が排泄を促そうとしない」時は、飼い主で子犬の排泄を促します。
やり方は、授乳の度に尿道口や肛門にオリーブオイルを塗り指先で軽く刺激する事です。

指先をなるべく汚したくない場合は、お湯で濡らした脱脂綿でかるく叩いたりこすったりします。

「おしっこやうんちが出た」場合は、ガーゼや脱脂綿できれいにふき取って清潔にして下さい。

 

子犬の食事の世話はどうすれば良いの?

子犬は、産まれてから約1年間で急速に成犬の体型まで成長します。

つまり生まれてから最初の一年間の栄養状態が、犬の成長にとって極めて重要という事です。

以下では、生後1年間の食事で気をつけるべき点を挙げていきます。

 

・授乳期:誕生~生後3週間

子犬の誕生から口唇反射(こうしんはんしゃ)の消失や乳歯の出現までの約3週間が、

授乳期です。

特に新生子期(生後10日くらいまで)の子犬は、空腹かどうかに関わらず「とりあえずおなかが

パンパンにふくらむ」までお乳を飲み続けるという強い生存本能に突き動かされて母親の乳房に

吸い付きます。

口唇反射は、口に当たった物を自動的に吸う事です。

 

生まれてから約3週間子犬の食事は、母犬の母乳を主な栄養源とします。

基本的に子犬の食事は、母犬の本能的な授乳に任せます。

しかし「母乳の出が悪い」時や「子犬の成長が思わしくない」時や「食いしん坊の子犬に

はじかれてなかなか思う様に吸乳出来ていない子犬が居る」時は、飼い主によって授乳して

下さい。
子犬の成長の度合いを知る方法は、生まれてすぐにスケーラー(ばねばかり)で子犬の体重を計り

毎日同じ時間に体重計測を行いグラフ化する事です。

そうするとと子犬の成長過程が、すぐに分かります。

「10日目で体重が生まれた時の体重の2倍である」事や「3週目で体重が生まれた時の3倍である」

事が、一つの目安です。
「兄弟姉妹がいる」場合それぞれの成長度合いを比較すると栄養の行き届いていない子が、

すぐに分かります。

なので全員の体重チェックは、必ず行いましょう。

 

水分5%時の比較による各種ミルクの成分表と犬の日齢におけるミルクの標準給与量・

分割回数は、以下の通りです。

 

各種ミルクの成分表(水分5%時の比較)

単位(%)

成分/ミルクの種類 犬用粉ミルク 犬の母乳 人用粉ミルク 人の母乳
炭水化物 16.5 16.9 58.0 57.2
タンパク質 34.0 33.8 12.6 11.3
脂質 39.0 38.8 22.3 25.8

 

犬の日齢におけるミルクの標準給与量・分割回数

ミルクの標準給与量の単位(g)・ミルクの標準分割回数の単位(回)

犬の体型/犬の日齢 生後1日~5日 生後6日~10日 生後11日~15日 生後16日~20日
超小型犬 5 10 12.5 15
小型犬 12.5 15 17.5 17.5
中型犬 17.5 25 32.5 42.5
大型犬 20 35 50 65
超大型犬 25 47.5 60 77.5
分割回数 8 6 4 4

 

上記した犬の体型は、以下で示す成犬時の体重で分類しています。

超小型犬= 1.0~4.5kg
小型犬=4.5~13.5kg
中型犬=13.5~27.0kg
大型犬=27.0~46.0kg
超大型犬=46.0~90.0kg

 

授乳期において母犬の母乳をスムーズに出そうとする場合まずゆったりした音楽等をかけて

「犬がリラックス出来る」環境を整えるという事が大事です。
「うるさくていらいらした牧夫によって管理されている乳牛より無口で穏やかな牧夫に

管理されている乳牛の泌乳量が多い」という経験則から牛をリラックスさせる為に

クラシック音楽をかけている牧場が、あります。

 

また、北アイルランドにあるクイーンズ大学の心理学者デボラ・ウェルズが、

10頭の犬を対象にして実験を行いました。

その実験で「犬はある特定の音楽に対して特定のリアクションを示す」事が、

明らかになりました。

犬にポピュラー音楽やクラシック音楽やヘビーメタルミュージックを聞かせたら犬は、

ポピュラー音楽に対してまるで何も聞いていないかの様な薄い反応を示してヘビーメタルに対して

吠える等興奮気味の反応を示してクラシック音楽に対してだけ寝そべったり吠えるのをやめたり

リラックスしているかの様な反応を見せたといいます。
こうしたデータから考えると母犬の初乳(しょにゅう)をスムーズに出そうとする場合まず

見知らぬ人を人払いしたり穏やかなクラシック音楽を掛ける等してなるべく犬をリラックスさせる

環境を整える事が、重要です。
また「お乳の出が悪い」時に「飼い主がどれか一つの乳房や乳腺を優しくもむ」事で射乳を

促進出来る事が、あります。

「子猫がよく見せる」ミルクトレッドというマッサージが、有名です。

 

一つの乳腺が刺激を受けるとなぜか全ての乳房で射乳が、起こります。

これは、平均して5対10個ある乳腺全てリンパ管で繋がっている為に起こる現象です。

逆に「犬が乳ガンにかかってしまった」時に患部のみならず全ての乳腺を切除しなければならない

理由は、これです。
初乳(しょにゅう)は、分娩後1週間~10日くらいまで分泌される乳汁です。

これは、固形分やタンパク質や脂肪や灰分を多く含み乳糖をあまり含まず

免疫力を高める抗体(IgG・IgA・IgM)や成長因子(IGF・EGF・NGF)を多く含む事を最大の

特徴としています。
なので初乳を飲んだ子犬は、飲んでいない子犬に比べて母犬からの移行免疫(約90%)を

受けている分病気に対する強い免疫力を持っています。

IgGは、様々な抗原(細菌やウイルス等)に対する抗体を含んでいます。

IgAは、局所で細菌やウイルス感染の予防をします。

IgMは、「動物が細菌やウイルスに感染した」時に最初に作られる抗体です。

IGFは、色々な細胞の増殖や分化に必須であり胎児期や出生後の組織の発達や身体の成長等に

重要な役割を果たしています。

EGFは、肌の表面(上皮)にある細胞の成長と調節をします。

NGFは、神経細胞の成長や成熟を促進します。

またその後に分泌される乳汁は、常乳(じょうにゅう)と言います。

 

・母乳から離乳食への移行期:生後3週目

生後3週頃から口に当たったものを自動的に吸う「口唇反射」(こうしんはんしゃ)が、

消えます。

またこの頃から乳歯(にゅうし)が、生え始めます。

「乳首に歯があたって痛い」ので母犬が、授乳を拒みます。

なので自然と乳離れ出来る事が、多いです。

この頃から飼い主は、柔らかい離乳食(りにゅうしょく)を子犬の食事に混ぜて下さい。

離乳食は、乳歯でも噛み砕ける程度の柔らかい食事の事を言います。

野生の犬において「母犬が吐き戻した」半消化状態の物が、これに相当します。

いきなり母乳やミルクから離乳食に移さずミルクと離乳食を半分ずつ与える様にすると移行が、

うまくいきます。

離乳食は、ドライフードを水や犬用ミルクでふやかした物で作れます。

しかし近年離乳食用のペットフードが、市販されています。

なので飼い主は、こうした物を利用する様にして下さい。

離乳食への移行目安は、次の通りです。

 

犬の体型 母乳・粉ミルク (g) 離乳食
超小型犬 2.5g 体重の10~15%
小型犬 5g
中型犬 12.5g
大型犬 15g
超大型犬 17.5g
分割回数 4回

 

上記した犬の体型は、以下で示す成犬時の体重で分類しています。
超小型犬= 1.0~4.5kg
小型犬=4.5~13.5kg
中型犬=13.5~27.0kg
大型犬=27.0~46.0kg
超大型犬=46.0~90.0kg

 

・離乳食期:生後4週~生後8週

生後4週~8週まででほぼ乳歯が、生えそろいます。

この頃に犬は、乳離れして離乳食を食べ始めます。

犬は、急速に成長します。

なので犬は、体重の割にかなりのエネルギー量を必要とします。

 

以下は、犬の成長速度の目安です。

日齢(日) 体重(kg)
30 1.3
60 3.1
90 4.7
120 6.2
150 7.7
180 8.7
210 9.4
240 9.8
270 9.9
300 10.0

これは、成犬で10kgの犬の場合の成長速度の目安です。

 

以下は、日齢と必要カロリーに関する表です。

日齢(日) 必要kcal/kg 必要kcal/日
30 242 322
60 185 515
90 157 733
120 137 855
150 122 936
180 110 955
210 100 942
240 90 885
270 82 814
300 74 742

 

・成犬移行期:生後8週以降

乳歯が、この時期に生えそろいます。

なので犬の食事は、いよいよやや固めの成犬食に移行します。

必要カロリー数は、上記表を参考にしてください。
生後2~5ヶ月(生後8週~20週)までの間に食に対する嗜好

(しこう=好き嫌い)が、決定します。

なので飼い主は、この時期に安易に人間の食事を与えない様に注意して下さい。
また生後4~7ヶ月は、歯牙脱換期(しがだっかんき)です。

これは、「乳歯が永久歯に生え変わる」時期です。

この時期に柔らかいものばかり食べているとあごの骨が、発達しません。

それにより歯並びが、悪くなったりします。

なので飼い主は、犬になるべく固い物を食べさせたりかじらせたりして下さい。
また飼い主は、下記表を目安にして子犬の食習慣を成犬の食習慣に徐々に近づけて下さい。

12ヶ月を過ぎるまで子犬の食事は、成長期なので基本的に朝食をメインの食事として餌の

量を多めにして下さい。

12ヶ月を過ぎた犬の食事は、1日1回の食事でも構いません。

しかし飼い主は、急に量を減らすのではなく 1~2週間かけて徐々に餌の量を減らす様に

工夫して下さい。

過剰な間食(おやつ)は、肥満と生活習慣病の原因になります。

なので飼い主が、責任もって監督管理して下さい。

また飼い主は、犬に常に清潔で衛生的な水を与えて下さい。

以下は、犬に餌を与えるタイミングと分量の目安に関する表です。

日齢(日)/給餌時間(時) 午前7時頃 正午頃 午後5時頃 午後10時頃
3ヶ月以前 普通 普通 普通 普通
3~6ヶ月 普通 少なめ 普通 少なめ
6~12ヶ月 普通 × 少なめ ×
12ヶ月以降 適宜 × 少なめ ×

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

私は、いつか子犬を飼い始めたらこの記事を参考にして子犬を育てようと思います。

皆さんもこの記事を参考にして子犬を育ててみて下さい。

次回は、「犬の不妊手術」について書こうと思います。

 

タグ :          

トイプードル