yuki

冬の間犬を飼う上で注意しなければならない事とは?その1

読了までの目安時間:約 6分


 

 

 

前回は、秋の間犬を飼う上で注意しなければならない事について書きました。

今回は、冬の間犬を飼う上で注意しなければならない事について書こうと思います。

 

冬の間犬を飼う上で注意しなければならない事とは?

・低体温症

犬は「体が被毛に覆われている」為に基本的に寒さに強い動物です。

しかし犬の種類や年齢によって「冬の散歩が低体温症を招く」危険性があります。

低体温症は、「生命活動に必要な体温を維持出来ず体が異常に冷たくなってしまう」

状態です。

犬において低体温症は35℃以下で発症するとされています。

犬の体は通常被毛で覆われているため滅多な事で低体温症に陥りません。

しかし短毛種や被毛自体をそもそも持たないチャイニーズクレステッドドッグの様な

無毛種において「体温が外に発散され易い」為低体温症に陥るリスクが高まります。

 

具体的な犬種は以下の通りです。

◊チワワ(ショートヘア)

◊ミニチュアダックスフント(スムース)

◊フレンチブルドッグ

◊パグ

◊ミニチュアピンシャー

◊イタリアングレーハウンド

◊ボストンテリア

◊ドーベルマン

◊ウイペット

◊ボクサー

 

また老犬は「筋肉量の低下から体内で作られる熱が少なくなる」為

やはり低体温症になりやすいです。

「冬の気温が15℃以上ある」沖縄で神経質になる必要は、ありません。

「冬の気温が0℃を下回る」北海道で飼い主は犬の体温維持を補助してあげなければなりません。

「被毛量が少ない」・「筋肉量が少ない」・「犬が歳をとっている」場合は、ペット用の

ウインタージャケットを着せてあげるといった配慮を必要とします。

また犬を外飼いしている場合は、せめて冬の間だけ家の中に入れてあげて下さい。

 

・凍傷

「雪が降る」地域において地面に降り積もった雪と犬の肉球がダイレクトに接する事になります。

なので凍傷にかかるるリスクが高まります。
凍傷は「体の一部が異常に冷えてしまう」事により「細胞の正常な新陳代謝が妨げられる」為に

「細胞が部分的に大量死してしまった」状態です。

犬の肉球は動静脈吻合というメカニズムを持っています。

それにより犬の肉球は凍傷にかかりにくい仕組みになっています。

しかし温度を維持する能力に限界はあります。

「地面があまりに冷たい」場合や「あまりに長い間冷たい地面に肉球が接している」場合

上記した凍傷が起こります。

 

・融雪剤

「犬が散歩している」時に足の裏に着いた融雪剤をなめてしまうと重大な中毒症状に

陥る事があります。

以下は、融雪剤の主成分とその副作用です。

◊塩化ナトリウム

犬における塩化ナトリウムの致死量は4g/kg程度と推測されています。

「犬の体重が5kgである」場合20gくらいの塩化ナトリウムを飲み込む必要があります。

なので「犬が融雪剤の袋を破って直接食べる」といった状況でない限り死亡事故に

繋がる事はありません。

「犬が塩化ナトリウムを少量摂取した」場合の主な症状は下痢や嘔吐といった消化器不全です。

◊塩化カリウム

大量に摂取した場合は、下痢や嘔吐といった症状を示します。

また「胃や腸の内壁が出血を起こす」吐血や血便を示す事があります。

◊塩化カルシウム/炭酸カルシウム

塩化カルシウムや炭酸カルシウムを摂取した場合は、少量で下痢や嘔吐という症状を示します。

また皮膚に付着するとその部位の炎症が引き起こされます。

◊尿素

この成分は、一般的に動物に安全といわれています。

しかし大量に摂取した場合よだれを垂らす等消化器症状を示す事があります。

重症の場合は、衰弱したり震えたりメトヘモグロビン血症になったりします。

 

・不凍液

不凍液の主成分であるエチレングリコールは急性腎不全を引き起こしたり最悪の場合

「犬が死亡する」原因になります。

 

・誤飲誤食

以下は、冬に行われる年中行事に付随する食べ物の中で犬にとって危険な食べ物です。

1.クリスマス(12月24・25日)→塩生地飾りや骨付きの肉やケーキやお酒やポインセチア

2.お正月(1月1日)→お酒

3.成人の日(1月中旬)→お酒やタバコ

4.バレンタインデー(2月14日)→チョコレート

 

・火事

冬になると拍子木を鳴らしながら火の用心と言って回る声が近所で聞かれる様になります。

その理由は、「空気が乾燥している」為に「火事が発生しやすくなる」為です。

また出火の原因は、放火を除くとたばこ等身近な物です。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

次回も引き続き冬の間犬を飼う上で注意しなければならない事について書こうと思います。

 

タグ :     

トイプードル

秋の間犬を飼う上で注意しなければならない事とは?

読了までの目安時間:約 4分


 

 

 

前回まで4回に渡って夏の間犬を飼う上で

注意しなければならない事について書きました。

今回は、秋の間犬を飼う上で注意しなければ

ならない事について書こうと思います。

 

秋の間犬を飼う上で注意しなければならない事とは?

・誤飲と誤食

秋は、月見等の行事の季節です。

以下は、犬にとって危険な秋の行事の食べ物です。

団子/栗ご飯/豆/里芋/ぼたもち/おはぎ/キャンディー

また秋は、「野山に野生のキノコがたくさん生える」時期です。

しかし食用キノコによく似た毒キノコがあります。

なので私達は、犬に誤ってクサウラベニタケの様な毒キノコを

食べさせない様に注意しなければなりません。

 

・いがみあい

晩夏~初秋にかけて起こりやすいメス犬の発情期に合わせて

犬同士の敵対行動が増えます。
インドのカトワの郊外に暮らしている野犬12頭を対象として敵対的交流の

季節性が検証されました。

その結果グループ内における敵対的交流は「メス犬が発情期に入っている」

夏(雨季)の終わりおよび「メス犬が泌乳期に入っている」冬で最多になると

明らかにされました。

また「攻撃性は特にメス犬において高い」という傾向が見られた様です。

メス犬を屋外で飼育した場合日照時間の影響から晩夏~初秋に発情する事が

多くなります。

その為野犬と同じ様に体内におけるホルモンバランスの変化から犬同士の

いがみ合いが増えるかもしれません。

避妊手術をすれば発情期自体がなくなります。

その為発情サイクルに関連した心配事はなくなります。

 

・急性のうっ血性心不全

うっ血性心不全は、「全身に血液を送り出すはずの心臓が十分に働かない」為に

「心臓内で血液が渋滞を起こしてしまった」状態です。

犬におけるうっ血性心不全の発症リスクは、なぜか秋に増えます。
1997年から2009年の間に記録された犬119頭による急性のうっ血性心不全

126ケースを統計的に調べた所午前9時~正午という時間帯や月曜と火曜という

曜日や9月~11月という時期に多くなる傾向が見られた様です。

尿中カテコールアミン濃度や血圧の上昇や心拍数の増加と心拍出量の低下等が

気温の低下と絡み合って疾患につながっていると推測されています。

詳しいメカニズムは良く分かっていません。

散歩中は犬の歩き方チェックを参考にしながら犬の様子を観察して苦しそうな

息をしたり咳き込む様な場合一度獣医さんに見て貰って下さい。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

次回は、冬の間犬を飼う上で注意しなければならない事について書こうと思います。

 

タグ :  

トイプードル

春の間に犬を飼う上で注意しなければならない事とは?

読了までの目安時間:約 4分


 

 

 

前回は、世界中で有名な犬について書きました。

今回は、季節毎に犬を飼う上で注意しなければならない事

特に春の間について書こうと思います。

 

季節毎に犬を飼う上で注意しなければならない事とは?

・ダニ
ダニは基本的に通年性です。
その為1年中予防薬を投与する事が理想です。
しかしダニは、3月頃から増え始めます。
その為特にこの時期のダニ対策は忘れてはなりません。

 

・フィラリア
春になるとフィラリアを媒介する蚊が活発に動き始めます。
外飼いだろうと室内飼いだろうと予防策を入念に行う必要があります。
フィラリアを媒介する蚊は日本中どこでも見られるトウゴウヤブカ等の
ありふれた蚊です。
蚊の繁殖に最適な温度域が22℃~27℃です。
また4月下旬~11月中旬が蚊の主な活動期間です。
フィラリアを媒介するヒトスジシマカ等の蚊のライフサイクルに初春の
平均気温が大きく影響します。
「その気温が高い」場合蚊がより早く活動を始めます。
因みに沖縄で4月に「蚊が活発になり始める」のに対して盛岡で6月下旬に
「蚊が活発になり始める」という具合に同じ日本国内で「蚊が活発になり
始める」時期に大きな開きが生じます。

 

・誤飲誤食
春になると様々な植物が芽を出して花を咲かせる様になります。
しかしその中に間違って食べてしまうと中毒に陥ってしまう物があります。
その為散歩時は犬の拾い食いに注意しなければいけません。

例えば朝顔は、犬にとって危険な植物です。
また春に行われる年中行事に付随する食べ物の中に「犬が口にする」場合
危険な物があります。
犬がそれを食べない様に注意しなければなりません。

例えば花見で出されるお酒やホワイトデーで受け渡しされるホワイトチョコレートは

犬にとって危険な飲食物です。

 

・野生動物との遭遇

春になると目覚める生き物の中に犬に害を及ぼす動物がいます。
その為散歩時に山林や草地を歩く時は注意しなければなりません。

例えばマムシは、犬にとって危険な野生動物です。

 

・花粉症
犬は人間同様に花粉症になります。
具体的なアレルゲン予防策としてHEPAフィルター付きの空気清浄機を付ける事等
があります。
ただし人間用の花粉症薬を犬に投与すると最悪の場合中毒に陥ってしまう事があります。

 

今回は、春の間に犬を飼う上で注意しなければならない事について書きました。

次回は、夏の間に犬を飼う上で注意しなければならない事について書こうと思います。

 

タグ :    

トイプードル