yuki

犬の聴力は本当に人間の聴力の4倍なの?音声聞き取り能力は?

読了までの目安時間:約 6分


 

 

 

前回は、犬の可聴域等について書きました。

今回は、「犬の聴力は本当に人間の聴力の4倍なの?」

等について書こうと思います。

 

犬の聴力は本当に人間の聴力の4倍なの?

犬の耳に耳介筋という細かな筋肉が付いています。

これにより犬は、耳介をあらゆる方向に片方ずつ動かせます。

ただし垂れ耳の犬は、出来ません。

 

これは、ちょうどレーダーアンテナの様に音を集める為に

発達した能力です。

 

その影響で犬の聴力は人間のおよそ4倍あるといわれています。

「人間が10メートル離れた所でようやく聞き取れる」音を犬は

40メートル離れた地点からでも聞き取れるという事です。

 

「犬の聴力が人の聴力の4倍である」という事は、

「W.B.ジョスリン氏が非公式に行った」実験を元データにしている

様です。

 

彼は、6.4キロ離れた地点からオオカミの遠吠えをまねて叫びました。

その時にアルゴンキン公園(カナダ)内のシンリンオオカミがこれに

応えました。

 

そして彼は、似た様な条件下で人間に対して同様の実験をしました。

1.6キロ地点から行っても人間は、聞こえませんでした。

この実験結果から「オオカミ及び犬の聴力は人間の聴力より4倍良い」

という風説が、生まれました。

 

しかし「全ての音に関して一様に人間より犬が優れた聴力を持っている

訳ではない」と考える人がいます。

 

犬の音声聞き取り能力は?

音声学の領域にフォルマント(ホルマント)という概念があります。

 

音声は、「声帯(vocal fold)の振動によって生成された音波が

声道(vocal tract)で共鳴する」事で形成されます。

 

音声の源となる声帯の振動は、会話時で100~200Hzであり

ゴム風船のブーという振動とほとんど変わりません。

 

「この味も素っ気もない声帯音源が、声道(咽頭喉頭・唇・舌・歯・

顎・頬で構成される口腔や鼻腔や副鼻腔)で共鳴する」事により

特定帯域毎に音が増幅されます。

 

そしてこの増幅された成分の塊はフォルマントと呼ばれます。

 

「発声器官の形状が個体によって微妙に違う」為にこの様な現象が生じます。
「犬は人間の言葉を理解できない」という物が通説となっています。

しかし犬は、母音のフォルマントの聞き取りを出来ます。

例えば目の見えない子犬は、鳴き声中に含まれるフォルマントを聞き分ける事により

母犬や兄弟犬の個体識別を行います。

 

また人間の発する言葉は母音(ぼいん)と子音(しいん)からなっています。

母音は、a・e・i・o・u の5個です。

子音は、k・s・t・n・h等です。

 

犬は、飼い主の発する母音からフォルマントを聞き分けて飼い主の識別できるのでは

ないかと考えられています。
この様に複雑な文章の聞き取りや理解は確かに無理でしょう。

 

しかし犬は、母音の聞き取り及びその中に含まれるフォルマントの選別くらい出来ます。
さて犬は「母音の聞き取りは何とか出来る」ものの子音の聞き取りを苦手とします。

 

例えば犬は、たんぼという言葉やさんぽという言葉を同じ様にあんおと聞こえます。

なのでたんぼという言葉を会話の中から聞き取って「テンションが上がる」犬がいます。

「だめでしょ~。そんな事しちゃ!」等という言葉を聞き取る事は、出来ません。

要するに犬に「あええおーおんあおおいあ」としか聞こえていない可能性の方が大きい

という事です。

 

こうした犬の特性をしつけに応用すると短い音節で「飼い主の感情が分かる」様に

はっきりとダメ!やノー!と「犬が聞き取りやすい」言葉を使う事が良いという事になります。

また名前をつける時は、ネブガドネザル等という複雑な名前にせずにジョンやマロン等「犬が

聞き取りやすい」名前をつける事が良いという事になります。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

「W.B.ジョスリン氏が非公式に行った」実験やフォルマント(ホルマント)という概念について

私は、知らなかったので凄く勉強になりました。

次回は、犬の聴力低下要因等について書こうと思います。

 

タグ :                  

トイプードル

視力や聴力や噛む力の衰えている犬の介護はどうすれば良いの?

読了までの目安時間:約 10分


犬は、年を重ねると人間同様に目・耳・歯・筋骨格・自律神経系等体の各部にガタをきたします。

なので今回は、その様な老犬の介護をどうすれば良いかについて書きました。

 

視力の低下している犬の介護は、どうすれば良いの?

1.視力の低下によって犬に生じる変化

 ・物によくぶつかる様になる。

 ・以前より臆病になる。
 ・飼い主に対する依存度が、高くなる。
 ・よく吠える様になる。
 ・恐怖の裏返しとして攻撃的になる。
 ・遊びに対する興味を失う。
 ・走らなくなる。

 

2.犬の視力検査方法

 2-1.瞳孔反射テスト

  このテストをする時は、部屋をやや暗めにした状態で

 犬の目を慣らさせてから部屋の電灯を付けて犬の瞳孔の動きを観察して下さい。

 正常な場合瞳孔が、収縮します。 異常のある場合瞳孔が、収縮しません。

 その場合は、「犬の視力が、悪くなっているか視力を失っている。」可能性を示唆しています。

 

 2-2.追跡テスト

  このテストは、犬の目の前に物を投げる方法です。投げた物が、

 床と擦れ合って音を出さない様にティッシュペーパーや脱脂綿を

 丸めた物等を使って下さい。

 正常な場合は、目の前で動く対象物に合わせて眼球や首を動かします。

 異常のある場合は、目の前で動く対象物に合わせて眼球や首を動かしません。

 その場合は、「犬の視力が、悪くなっているか視力を失っている。」可能性を示唆しています。

 

3.視力の低下している犬に対する注意点

 3-1.急に触らない。

  犬は、視力低下により臆病になります。

 後ろから急に触ったりせずに必ず「近くに人間が、居る。」事を音等で知らせた上で触って

 下さい。驚いた拍子に噛みつかれる危険性が、無くなります。

 

 3-2.障害物を失くす。

  バリアフリーの生活空間を作って下さい。

 具体的な方法は、スロープを設けて段差を無くしたり通路の中から植木鉢を撤去する等です。

 

 3-3.ひげを切らない。

  犬のひげは、人間の使う白杖と同じ役割を持っています。

 すなわちひげは、犬にとって進行方向にある障害物を事前に確かめる為に使うセンサーです。

 トリマーさんにトリミングをお願いしている場合は、ひげをカットしない様に釘を刺して

 下さい。

 

 3-4.飼い主とつかず離れずの距離にペットを居させる。

  目の悪い犬は、近くに誰もいないと不安になり無駄吠えをします。

 常に飼い主の存在を確認できるような場所をペットの定位置にしてあげて下さい。

 また「飼い主のにおいが、する。」毛布やクッションをペットの傍に置いてあげる事は、
 効果的です。

 

私は、以前老化のサインについて調べてたので視力の低下によって犬に生じる変化

知っていたものの犬の視力検査方法視力の低下している犬に対する注意点について

知りませんでした。皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

 

聴力の低下している犬の介護は、どうすれば良いの?

1.聴力の低下によって犬に生じる変化

 ・飼い主の呼びかけに応えなくなる。
 ・以前より臆病になる。
 ・飼い主への依存度が、高くなる。
 ・大きな声でよく吠える様になる。
 ・恐怖の裏返しとして攻撃的になる。

 

2.犬の聴力検査方法

 2-1.ペットから隠れて音を出す。

  この方法は、犬に気付かれない位置から音を出す方法です。

 使用する物は、音の出るおもちゃ等何でも構いません。

 正常な場合は、音の出た方に耳を動かしたり振り向いたりします。

 異常のある場合は、何のリアクションも起こしません。

 その場合は、「何らかの理由で犬の聴力が、悪くなっているか聴力を失っている。」可能性を示唆しています

 

3.聴力の低下している犬に対する注意点

 3-1.急に触らない。
  犬は、聴力の低下により臆病になります。後ろから急に触ったり

 せずに必ず「近くに人間が、居る。」ことを知らせた上で触って

 下さい。驚いた拍子に噛みつかれる危険性が、無くなります。

 

 3-2.散歩する時は、必ずリードを装着する。
  散歩する時は、必ずリードを装着する様にします。

 またこれは、常識です。耳の悪い犬は、オートバイや車の接近する音を

 聞き取れません。事故死という最悪の別れ方をしない様に基本的なルールは、

 守って下さい。

 

 3-3.ハンドジェスチャーを教えておく
  「犬が、聴力を失った。」場合は、「おいで!」等の声を用いた「指示語」

 という形で命令を出せなくなります。なので日頃から音声による指示語の他に

 「ハンドジェスチャ」等視覚を用いたしつけを行う事が、極めて重要になります。

 視覚と聴覚の両方を通じたしつけを行っていれば犬が、視力か聴力のどちらかを

 失っても今まで通り飼い主の命令を分かります。

 

 3-4.飼い主とつかず離れずの距離にペットを居させる。
  耳の悪い犬は、近くに誰もいないと不安になり無駄吠えをします。

 また声のボリュームが、不要に上がってしまう事もしばしばです。

 常に飼い主の存在を確認出来る様な場所をペットの定位置にしてあげて下さい。

 また「飼い主のにおいが、する。」毛布やクッションをペットの傍に置いて

 あげる事は、効果的です。

 

私は、以前老化のサインについて調べてたので聴力の低下によって犬に生じる変化

知っていたものの犬の聴力検査方法聴力の低下している犬に対する注意点について

知りませんでした。皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

 

噛む力の衰えている犬の介護は、どうすれば良いの?

1.噛む力の低下によって犬に生じる変化

 ・口が、臭い。

 ・食べるスピードが、遅くなる。

 ・食欲が、無い。

 ・歯が、ぐらぐらする。

 ・歯が、長くなっている様に見える。

 ・歯が、変色している。

 ・口の中が、腫れている。

 ・歯茎に出血が、見られる。

 

2.噛む力の低下している犬に対する注意点

 2-1.固過ぎず柔らか過ぎない食べ物を与える。
  老化すると歯や歯をつなぎ止めている歯槽骨が、弱ります。なので噛む力が、衰えます。

 そうすると今まで普通に食べていたドライフード等が、次第に噛みきれなくなってきます。

 しかし離乳食の様な極端に柔らかい食事を与えてしまうと顎の筋肉を全く使わなくなり

 血流不足による口内免疫力の低下が、起こります。それを防ぐ為に固過ぎず柔らか過ぎず

 適度に噛む力を要する程度のフードに切り替えて下さい。

 

 2-2.換気をする。(消臭する。)

  老犬になって歯槽膿漏等を発症するとかなりの悪臭が、部屋中に充満します。

 飼い主は、毎日同じ臭いを嗅いで「鼻が、バカになっている。」ので何も感じなくなります。

 なので来客から思わぬひんしゅくを買ってしまう事が、あります。

 日頃から換気や消臭に気を付けて下さい。

 

 2-3.歯石の除去をする。
  老犬になって歯周病を引き起こす要因の一つとして歯の表面にこびりついた歯石の

 存在が、挙げられます。スケーラーという器具を用いて飼い主自身が、歯石の除去を行えます。

 しかし獣医さんに任せる方が、無難です。ただし「歯石の付着が、甚だしい。」場合は、

 全身麻酔を必要とします。犬の年齢や体力と照らし合わせて獣医さんと良く相談して下さい。

 

 2-4.口内マッサージをする。
  口腔疾患を引き起こす要因として歯茎の血流不足及び免疫力の低下が、挙げられます。

 飼い主によって定期的に歯茎に対してマッサージを行えば全く何もしない時より疾患にかかる

 確率が、下がります。歯磨きのついでに歯肉マッサージを取り入れると効果的です。

 

私は、以前老化のサインについて調べてたので噛む力の低下によって犬に生じる変化

知っていたものの噛む力の低下している犬に対する注意点について知りませんでした。

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

 

タグ :   

トイプードル