yuki

犬の殺処分はなぜ行われるの?捨ててしまう理由は?

読了までの目安時間:約 4分


 

 

 

前回は、「犬の殺処分がどこでどのように行われるか?」

について書きました。

今回は、「犬の殺処分がなぜ行われるか?」について書こうと

思います。

 

犬の殺処分はなぜ行われるの?

「環境省が発表した」平成28年度の犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況を調べると

迷子になった末殺処分される犬や猫の他に「飼い主が犬や猫を行政機関に持ち込む」

事によって殺処分されるという事がわかります。

因みに平成28年度に行政に引き取られた犬は、41175匹で以下の様な運命を辿りました。

41175匹の内10424匹が、殺処分されました。

これは、全体の25.3%になります。

また41175匹の内17646匹が譲渡されました。

これは、全体の42.9%になります。

そして41175匹の内12854匹が返還されました。

これは、全体の31.2%になります。

この様に「平成28年の1年間で10,424頭の犬が殺処分された」事が分かります。

同じく環境省が発表した犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況を見てみると以下の様な

データを拾う事が出来ます。

平成28年度に引き取られた犬41,175頭の内4,663頭が飼い主からの引き取りすなわち

飼育放棄による引取りと言う事になります。

これは全体の11.3%に相当する数字です。
この11.3%という持ち込みの割合を先ほど見た同年度の殺処分数10,424頭に当てはめて

単純計算すると飼い主の飼育放棄による殺処分数が1,178頭という事になります。

この数字は必ずしも正確ではありません。

しかし「飼い主の無責任さが原因で殺された」犬の数が、概数で1,200頭に達するという事を

イメージ出来ます。

 

犬を捨ててしまう理由は?

 

上記の様に「飼い主達がいとも簡単に犬を捨ててしまう」理由は、以下の様な理由です。

 

・引越し先がペット禁止である。
・犬が大きくなって可愛くなくなった。
・予定外の出産でたくさん子犬が産まれてしまった。
・面白半分で繁殖したけれど子犬の貰い手がいない。
・犬が言う事を聞かずうるさい。
・犬を飼う経済的な余裕がなくなった。
・老犬の介護がしんどい。
・ブリーダーをやめて犬達が用済みになった。
・夏休みで長期の旅行に行くのに犬の世話をする人がいない。
・犬が思っていたより臭い。
・飼い主の他界後犬の世話をする人が見つからなかった。

 

皆さんは、この記事の内容をどう思いますか?

次回も引き続き犬の殺処分に関する事を書こうと思います。

 

タグ :       

トイプードル

犬を飼う前に考えなければならない事とは?

読了までの目安時間:約 7分


 

 

 

前回は、犬を飼う際に必要な費用ついて書きました。

今回は、犬を飼う前に考えなければならない事について

書こうと思います。

 

犬を飼う前に考えなければならない事とは?

皆さんは、犬を飼う前に考えなければならない事って何だと思いますか?

今回は、そんな事について書こうと思います。

 

・犬を飼う経済的な余裕があるか?

毎日のエサ代等の他に「犬が病気や怪我になった」時に多額の医療費が

必要になります。

なのでこの問題は、愛情だけで解決できない問題です。

 

・自分の住環境がペットを飼える住宅環境か?

賃貸の場合ペット可の契約条項が必要です。

こっそり犬を飼ったらトラブルの原因となり結果的に犬は不幸になります。

「契約でペットが禁止されている」場合は、いさぎよく諦めましょう。

また「ペットの飼育が契約で許可されている」狭い賃貸住宅で

大~超大型犬を飼う事は、騒音トラブルにつながりかねません。

 

・当分の間引越しの予定はないか?

犬は環境の変化にデリケートです。

人間の側の都合であまり頻繁に引越しを繰り返すと犬にストレスを与えてしまうので

安定した生活環境が必要です。

 

・自分自身や自分の家族が犬の為に勉強する意思を持っているか?

犬のしつけはある程度の知識を必要とします。

事前の勉強を怠って我流のしつけをしたりしつけに詳しくない友達の言葉を鵜呑みにして

しつけをしてしまうと「犬の行動が改善されないばかりか逆に悪化してしまう」事が、

ありえます。

それなりに予習してから犬を迎える事が基本です。

 

・自分や自分の家族の飼いたい犬種と自分のライフスタイルは合っているか?

犬の種類は、非常に多いです。

それぞれの犬種が特徴を持っています。

こうした特徴を無視して思いつきだけで犬を飼ってしまった場合飼い主と犬は、お互いに

幸せになれません。

例えば1日数時間の運動を必要とするボーダーコリーを一人暮らしの人が飼う等です。

 

・自分や自分の家族が犬の為に自分のプライベートを犠牲に出来る覚悟を持っているか?

犬はぬいぐるみではなく愛情を必要とする生き物です。

犬等を飼う場合は、散歩やブラッシングや毎日の歯磨きやマッサージによるスキンシップ等

心や体のケアに時間を割かなければなりません。

「他の遊興に対する関心が強い」方は安易にペットを飼うべきではありません。

 

・自分自身や自分の家族に犬を散歩させる体力があるか?

犬にとっての散歩は子供にとっての遠足の様な物です。

なので毎日外に連れ出してあげる事が基本です。

「飼い主が散歩を怠った」場合犬がストレスを抱えて無駄吠えに繋がってしまうかもしれません。

犬の健康と幸せを実現する為に愛情のほか体力が必要です。

「体が極端に太っている」場合や「体力がない」場合や「足腰が悪い」といった事情を

抱えている人は、まず犬の散歩に付き合えるだけの健康体を取り戻さなければなりません。

 

・自分自身や自分の家族がきれい好きであるか?(自分自身や自分の家族が掃除好きであるか?)

基本的に犬の毛は、抜けます。

犬の抜け毛だらけの汚ない部屋だとノミやダニが犬に寄生しやすくなります。

なので飼い主の衛生観念が、重要です。

 

・自分自身や自分の家族が老犬を介護する覚悟を持っているか?

犬の寿命は人間より短いです。

その為あっという間に老境がやってきます。

「犬が老いて認知症にかかり飼い主を見分けられなかったり呼びかけに答えなくなる」

事はさびしいです。

しかしそういう状態になってもペットに対する愛情を失わない強い意識が必要です。

 

・犬の預け先が確保出来るか?

一人暮らしや共働きの人はどうしても家を空けなければならない時信頼して預けられる知人を

必要とします。

「犬の預け先が見つからない」場合はペットシッターやペットホテルを利用する事は

一つの手です。

しかし犬にとって環境の変化は多大なストレスとなります。

それにペットシッターやペットホテルを利用する場合お金が、かかります。

家を留守にしがちな生活パターンの場合ペットの飼育は見合わせるべきです。

 

・後見人はいるか?

一人暮らしで犬を飼っている場合「思わぬアクシデントに見舞われて犬が部屋の中に

取り残される」危険性があります。

例えば地震等の自然災害や不整脈による卒倒や動脈瘤破裂による突然の脳梗塞や交通事故による

不慮の死等です。

犬を迎える前に飼い主の安否を定期的に確認出来ていざとなったら犬の面倒を見てくれる後見人を

見つけておく事が重要です。

 

・自分や自分の家族の家にいる時間は多いか?

犬は群れの中で生活して愛情を必要とする生き物です。

なので長時間放っておかれると不安になってストレスがたまります。

なので「仕事で家にいる時間がほとんど作れない」という方は犬を飼う事を控えるべきです。

 

・家族全員が犬を飼う事に賛成しているか?

「家族の中で一人でも犬に対する無関心や嫌悪感あるいはアレルギー等がある」場合

共に生活する事は難しくなるでしょう。

犬は、10年近く共に暮らすパートナーです。

なので全員の賛成を得た上で愛情豊かな環境を整えてる事が必要です。

特に犬アレルギーの事前検査は家族全員必ずやっておく事をお勧めします。

 

皆さんは、この記事を読んでどう思いましたか?

次回は、犬アレルギーについて書こうと思います。

 

タグ :              

トイプードル

老犬のかかりやすい病気は?犬の症状を医師に伝えるには?

読了までの目安時間:約 10分


皆さん飼い主の側でやれる努力は、後悔しない程度にやりたいですよね。

なので今回は、老犬のかかりやすい病気等を書こうと思います。

 

老犬のかかりやすい病気について

老犬のかかりやすい病気は、以下の通りです。

 

1.呼吸器系の病気

・咽頭炎

・気管支炎

・肺炎

 

2.循環器系の病気

・心不全

・尿毒症

 

3.感覚器系の病気

・ドライアイ

・白内障

・緑内障

・外耳炎

・中耳炎

・耳腫瘍

 

4.消化器系の病気

・歯周病

・虫歯

・肝硬変

・肛門嚢炎

・肛門周囲腺炎

 

5.泌尿器系の病気

・慢性腎不全

・膀胱炎

・腎結石

・膀胱結石

・尿道結石

 

6.生殖器系の病気

・前立腺肥大

・子宮内膜炎

 

7.内分泌系の病気

・クッシング症候群

・甲状腺機能低下症

 

8.神経系の病気

・認知症

・小脳障害

・前庭神経炎

 

9.生活習慣病

・肥満

・糖尿病

・強迫神経症

 

10.筋骨格系の病気

・関節炎

・椎間板ヘルニア

・骨粗しょう症

 

11.ガン(悪性腫瘍)

・乳がん

・肥満細胞腫

・扁平上皮ガン

・口腔ガン

・骨肉腫

・悪性リンパ腫

・血管肉腫

・白血病

 

以前トイプードルのかかり易い病気について調べてたのである程度犬の病気について知っていましたが、

知らない病気もありました。

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

 

犬の変化を医師に伝えるには?

上記は、あくまでも老犬のかかりやすい病気の表です。

上記以外の病気になる可能性は、十分あります。

皆さんは、愛犬の異変を察知したら愛犬を病院へ連れて行くと思います。

その際飼い主は、医師に対して愛犬の状態を的確に説明しなければなりません。

それを出来なければ医師は、適切な診断を出来ません。

以下は、犬の変化を伝える際に役立つキーワードです。

 

1.体の全身的な変化や異常

・体重減少(痩せて来てている)

・体重増加(太って来ている)

・筋肉の萎縮(げっそりしている)

・四肢のむくみ(四肢が、ぶよぶよしている。)

・発熱(熱っぽい)

 

2.目の変化や異常

・目頭から瞬膜が、飛び出している。

・眼球から何かが、飛び出している。

・眼球が、飛び出している。

・目が、充血している。

・目が、白く濁っている。

・目が、左右に揺れる。

・涙や涙やけやまばたきや目やにが、多い。

・黄疸が、ある。(白目が、黄色い。)

・まぶたが、垂れ下がっている。

 

3.耳の変化や異常

・耳垢が、たまっている。

・耳が、腫れている。

・耳が、黒ずんでいる。

・音に対する反応が、鈍い。

・耳が、臭い。

・耳先が、変色している。

 

4.鼻の変化や異常

・鼻の横が、かぶれている。
・鼻水が、よく出る。
・鼻筋が、膨らんでいる。
・鼻血が、出る。
・鼻をグーグー鳴らす。
・鼻にできものが、ある。

 

5.口の変化や異常

・口が、臭い
・歯が、ぐらぐらする。
・歯が、変色している。
・口の中が、腫れている。
・口周りが、腫れて脱毛している。
・口の中が、赤い。
・口の中が、青紫になっている。(口の中が、チアノーゼになっている。)
・口の中が、蒼白である。
・口の中に点状出血が、ある。
・口の中が、黒い。
・口の中に潰瘍が、ある。

 

6.皮膚の変化や異常

・皮膚(体)をしきりにかく。
・皮膚から膿が、出ている。
・皮膚にかさぶたが、出来ている
・皮膚に黒い斑点が、ある。
・皮膚の一部(広い範囲)が、赤く腫れている。
・皮膚が、臭い。
・フケが、多い。
・皮膚が、ただれている。
・皮膚から血が、出ている。
・皮膚にしこりが、ある。

 

7.被毛の変化や異常

・部分的な(胴体広範囲か胴体左右対称の)脱毛が、ある。
・毛づやが、悪い。
・被毛が、べとべとする。

 

8.腹部や胸部の変化や異常

・腹痛で触られると痛がる。
・お腹が、膨れている。
・お腹が、鳴る。(腹鳴)
・胸を痛がる。

 

9.生殖器の変化や異常

・陰嚢に炎症が、ある。
・陰嚢が、腫れて巨大化している。
・ペニスの先から膿が、出ている。
・膣内から分泌物が、ある。
・膣から不正出血が、ある。
・膣が、赤く腫れている。
・乳房にしこりが、ある。
・乳房から黄色い乳汁が、出ている。

 

10.お尻の変化や異常

・お尻から白い物が、出ている。
・お尻が、腫れている。
・肛門から赤い物が、出ている。

 

11.足の変化や異常

・関節が、変形している。
・足が、腫れている。
・爪の根元が、変色している。

 

12.リンパ節の変化や異常

・リンパ節が、腫れている。

 

13.普段の様子の変化や異常

・ぐったりして元気が、ない。

・落ち着きが、ない。

 

14.歩き方の変化や異常

・ふらふら歩く。
・歩く事を嫌がる。

・運動を嫌がる。
・物によくぶつかる。
・片足を引きずる様に歩く。
・下半身が、動かない。
・動作が、緩慢である。(動きが、のろい。)
・お尻をこする様に歩く

 

15.食習慣の変化や異常

・食欲不振(あまり食べない)
・過食(異常にたくさん食べる)
・食べるスピードが、遅い。
・多飲(水を異常にたくさん飲む。)
・水を飲まなくなる。

 

16.睡眠の変化や異常

・不眠(なかなか寝ない)
・夜中に鳴きわめく。
・睡眠時間が、長い。

 

17.呼吸の変化や異常

・咳をする。
・息切れをする。(呼吸困難である。)
・やたらとくしゃみをする。

 

18.一部を気にするしぐさ

・頭を振って気にする。
・目を気にする(触る)。
・口元を気にする(触る)。
・耳を気にする(触る)。
・鼻を気にする(触る)。
・お尻を気にする(なめる)。
・手足や体幹の一部を気にする(触る)。
・ペニスを気にする(なめる)。

 

19.異常行動

・意識不明になる。(昏睡する。)

・倒れる(昏倒する。)
・けいれん(ひきつけ)を起こす
・四肢の硬直(手足を突っ張る。)
・振戦(小刻みに震える。)
・頭を傾ける(ずっと首をかしげる。)
・失禁する。(おしっこをもらす。)

 

20.口から出す排出物

・嘔吐する(吐く)
・えづく(吐こうとするが、何も出ない。)
・血を吐く
・異常によだれをたらす
・げっぷが、多い。

 

21.肛門から出す排出物

・下痢便である(うんちが、ゆるい。)
・しぶり腹である。(うんちが、出にくい。)
・粘液便である。(うんちが、どろっとしている。)
・血便である。(うんちに血が、混じっている)
・脂肪便である。(うんちが、脂の腐った臭いをする。)
・うんちやおならが、多い。

 

22.尿道から出す排出物

・おしっこの総量が、多い。(多尿である。)
・1回量が、少ない。(尿の回数が、多い。)
・おしっこの総量が、少ない。(乏尿である。)
・尿が、臭い。(尿の臭いが、きつい。)
・尿が、濁っている。
・尿が、濃い。
・おしっこに血が、混じっている。(血尿である。)

 

皆さんは、愛犬を病院に連れて行き医師にこの様なキーワードを使って説明していますか?

私の愛犬は、幸いフィラリア予防薬の受け取りの時以外病院へ行きません。

ですが愛犬が、老犬になり病院に行く様になったらこの様なキーワードを使って医師に

説明したいと思います。

 

タグ :  

トイプードル