yuki

犬の習性を活かした犬の仕事は?

読了までの目安時間:約 4分


前回まで犬の頭脳を活かした犬の仕事として盲導犬等について

いろいろ書いて来ました。

今回は、犬の習性を活かした犬の仕事について書こうと

思います。

 

犬の習性を活かした犬の仕事は?

1.牧畜犬

牧畜犬は、牧場において「家畜が散らばらない」様に監視したり家畜を外敵から家畜を

守る犬です。

家畜として羊や牛やヤギが挙げられます。
機械化の進んでいなかった時代において「家畜が寝泊りする」牧舎と草のある放牧地までの家畜の

移動は、主として牧畜犬によって行われていました。

また機械化の進んでいなかった時代において「家畜が放牧中に熊等の害獣に襲われる」

事が頻繁にありました。

こうした外敵から家畜を守る事は、「家畜が寝泊りする」牧舎と草のある

放牧地までの家畜の移動同様に牧畜犬の重要な仕事でした。

この様に牧畜犬の仕事は、自分のテリトリーや仲間を守るという犬の習性を生かした仕事と

いえます。
犬を機能別で分類した際にハーディング・グループ(Herding Group)というカテゴリーが

あります。

herdは家畜の番をするという意味です。

これは牧畜犬を指します。
現在でも牧場において牧羊犬として活躍している犬種は、ボーダー・コリーやシェルティ

(シェットランド・シープドッグ)やオーストラリアン・キャトル・ドッグや

オーストラリアン・ケルピー等です。

因みにジャーマン・シェパードは、稀にハーディンググループに分類されます。

そもそもシェパードは、羊飼い/牧羊犬という意味です。

ジャーマン・シェパードを直訳するとドイツ生まれの牧羊犬となります。

 

2.猟犬

猟犬は、狩猟者と共に行動し狩猟のサポートをする犬です。

具体的な仕事は、獲物の場所を猟師に教える事や獲物を狩り出す事や獲物を仕留める事や

獲物を回収する事等です。

因みに猟師に獲物の居場所を教えるという仕事をする猟犬は、ストップ犬と言います。

この様な猟犬の主な犬種は、セッターやスパニエルです。

また仕留めた獲物を回収して猟師の元まで持って来るという仕事をする猟犬は、

リトリーブ犬と言います。

この様な猟犬の主な犬種は、ゴールデンレトリバー等のレトリバー種です。

犬を機能別で分類した際にスポーティング・グループ(sporting Group)というカテゴリーが

あります。

sportingは、狩猟の好きなという意味です。

これは、猟犬を指します。

しかし猟犬は、稀に狩猟期間後に狩猟者によって用済みとしてそのまま山に放置されます。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

次回も引き続き犬の習性を活かした犬の仕事について書こうと思います。

 

タグ :   

トイプードル

犬の本能や習性は?違いは?

読了までの目安時間:約 5分


前回は、カーミングシグナルについて書きました。

今回は、犬の本能や習性について書こうと思います。

 

犬の本能や習性は?

犬の本能は?

犬の本能は、次の通りに分類出来ます。

 

・繁殖本能

繁殖本能は、更に生殖本能と養育本能に分類出来ます。

 

・社会的本能

社会的本能は、更に群棲本能と権勢本能と服従本能と

警戒本能と防衛本能と監守本能と闘争本能と帰巣本能に

分類出来ます。

 

・逃走本能

 

・運動本能(遊戯本能)

 

・栄養本能

栄養本能は、持来本能と捜索本能と追跡本能と狩猟本能に

分類出来ます。

 

・自衛本能

 

犬の習性は?

 

・正面から近付いて来る人や犬に対して唸る。

・自分を上位だと思っている時に視線を

ずっとそらさず耳をやや前方に立てたり尻尾を

水平ラインより上に持ち上げ胸を張ったり頭部を

上にしたりして体を大きく見せようとする。

・自分より劣性の相手の上に乗ったり頭等を相手の上に乗せる。

・相手を自分より劣勢だと思っている時に相手を押す。

・マウンティング

・マーキング

・片足をあげておしっこをする(オス)

・穴を掘る

・遠吠え

・収拾癖

・地面に体をなすりつける

・無駄な事はしない

・物事を関連付けて覚える

・見つめられる事を嫌う

・犬は雷を怖がる

・動く物を追い掛ける

・人間の股間の匂いを嗅ぐ

・人間の顔を舐める

・群れの中で生活する

・リーダーになろうとする(リーダーがいない時)

・リーダーに従う(リーダーがいる時)

・テリトリーを守ろうとする

・暗い所を好む

・胎盤を食べる(メス)

・骨をしゃぶる事が好きである。

・エサを丸呑みする。

・縄張り意識や階級意識を持っている

・暑さや寒さに弱い

・綺麗好きである(グルーミングをする・トイレを所定の場所でする)

・シャワーの後に体を床等に擦り付ける

・飼い主にお尻を向けて寝る。

・散歩中等外に居る時に雑草を食べる

・ウンチの前にグルグル回る

・チャイム等に反応して吠える

・犬は一日のほとんどを寝て過ごす

(「寝る時間が長い」時と「寝る時間が短い」時がある。)

(犬は「寝る時間が短い」時に夢を見ている)

・飼い主の愛情を独占しようとする

 

本能と習性の違いは?

・本能

これは、「思考に結びつく前に自然と身体が動き出す」様を指して

生物として先天的に備わった性質です。

例えば危害を加えられそうになった際に思わず腕で自身を守る防御本能や

男女で子どもを作る生殖本能です。

 

・習性

これは、主に虫や動物を対象とし「その生物がその環境で生きて行く」為に

後天的に備わった夜行性や冬眠等の後天的に繰り返し行われ個体レベルでなく

その生物全体に浸透した性質です。

その為人間の生活において害となる動物の駆除の為に罠を仕掛けた時「その

一個体が罠にかかった」としても「それを見ていた別の個体は学習する」ので

長い年月をかけて段々と動物が環境に対応して行きます。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

次回は、「犬がどのように進化して来たか?」について書こうと思います。

 

馬刺しの良い記事を見つけたのでご紹介します。

業務用食材通販ナビ!

 

タグ : 

トイプードル