yuki

犬の筋肉と人間や猫との筋肉の違いは?それぞれの特徴は?

読了までの目安時間:約 5分


 

 

 

前回は、犬の神経や内臓について書きました。

今回は、犬の筋肉について書こうと思います。

 

犬の筋肉と人間の筋肉の違いは?

犬の筋肉と人間の筋肉は非常に良く似ています。

なので呼び名に多少違いがあるくらいです。

しかし「人間は直立二足歩行に順応している」のに対して

「犬は四足歩行(しそくほこう)に順応している」という

ちょっとした違いがあります。

具体的な違いは、次の通りです。

「直立して両腕が自由になった」人間の腕を上に持ち上げる僧帽筋

(そうぼうきん)や三角筋(さんかくきん)及び指先を細かく動かす為の

前腕屈筋群(ぜんわんくっきんぐん)や伸筋群(しんきんぐん)が発達しています。

犬の前足を踏ん張って上体を支える為の胸筋(きょうきん)群や走る際の推進力を

生み出す広背筋(こうはいきん)や臀筋(でんきん)群等が発達しています。

 

猫の筋肉と犬の筋肉の違いは?

猫は一瞬のスピードで獲物をつかまえるチーター型の筋肉を持っています。
しかし犬は群れで獲物を長時間追いかけ疲れさせてからしとめるというオオカミ型の

筋肉を持っています。

 

つまり猫の筋肉は瞬発力を発揮しやすい白筋(はっきん-fast fiber)で構成されています。

一方で犬の筋肉は持久力に適した赤筋(せっきん-slow fiber)で構成されています。

「シベリアンハスキーが、そりを引っ張りながら信じられないくらいの長距離を走る」事は、

「犬の筋肉がそもそも持久走向きに進化している」事を証明しています。

 

筋肉を区分する方法は?それぞれの筋肉の特徴は?

筋肉の区分する時に「力は弱いけれど疲れにくい」という特性を持ったTypeIと「力は強いけれど

疲れやすい」という特性を持ったTypeIIxと前二者の中間であるTypeIIaに分類するという方法が

あります。

 

それぞれの特性をより具体的に示した表は以下です。

 

特性\Type TypeI TypeIIx TypeIIa
収縮速度 遅い 速い 速い
収縮力 小さい 強い 中間
持久力 疲れにくい 疲れ易い 疲れにくい
白っぽい
ミトコンドリアの量 多い 少ない 多い

 

さらに以下は、チーター、猫、犬の体に分布している32個の筋肉を調べそれぞれの筋肉に含まれる

TypeIとTypeIIaとTypeIIxの割合を数値化した物です。

 

チーターの筋組成
TypeI=28.3%/TypeIIa=26.7%/TypeIIx=45.0%
猫の筋組成
TypeI=21.3%/TypeIIa=21.5%/TypeIIx=57.2%
犬の筋組成
TypeI=32.0%/TypeIIa=47.7%/TypeIIx=20.3%

 

疲れやすいとされるTypeIIxの割合が、チーターで45.0%猫で57.2%と半分近くに達して

います。

それに対して犬ではわずか20.3%にとどまっています。

逆に疲れにくいとされるTypeI及びTypeIIaの割合が、チーターで55%猫で42.8%です。

それに対して犬は79.7%と非常に高い数値を示しています。

こうした事実は、「チーターや猫が瞬発力を生かしたスプリンターである」事に対して

「犬は持久力を生かしたマラソンランナーである」事を正に物語っています。

つまりチーターや猫は、数十秒だけ続くスピードを生かして獲物を捕らえます。

それに対して犬は数十分かけて獲物を追いかけて「獲物が疲れてスピードを落とした」所を捕らえます。

この狩猟方法の違いは、生まれつき持っている筋肉の組成で生み出されています。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

次回は、犬のしっぽについて書こうと思います。

 

タグ : 

トイプードル

マッサージの役割は?筋肉について

読了までの目安時間:約 7分


今回は、犬に使われる「理学療法」の1つである

マッサージ」について書こうと思います。

 

皆さんは、マッサージの役割を知っていますか?

 

マッサージの役割について

 

マッサージは、皮膚や筋肉に対して何らかの圧力を加える手技全般の事です。

 

マッサージの役割は、次の通りです。

 

・動物の血行を促進する・ペットと飼い主の間の絆を強める。(仲間意識を強める。)

・快楽物質(エンドルフィン)を分泌させる。

・飼い主自身が、リラックスする。・病気を早期発見する。

 

・血行を促進する。

 

犬と人間の筋肉の収縮様式は、共通です。

 

運動すれば乳酸が、疲労物質として発生して

体内のPhを下げます。

 

運動や散歩で発生した酸を血流に乗せ肝臓や

筋肉に還流させる事で疲労の回復は、早くなります。

マッサージは、その血液還流を促進する効果を持っています。

 

・ペットと飼い主の間の絆を強める。(仲間意識を強める。)

 

犬が、自分の体を自由に触らせるのは気を許した仲間やリーダーに対してのみです。

 

「飼い主が、犬の体を満遍なく触る。」事は、犬の頭の中で「飼い主=味方」という

認識を強めて自然と仲間意識を強める効果を期待出来ます。

 

快楽物質を分泌させる。

 

犬は、好きな人と一緒にいたり好きな人に触れられると体内で

「オピオイドシステム」と呼ばれる神経回路を活性化して

エンドルフィンと呼ばれる物質を放出します。

 

エンドルフィンは、脳内麻薬の一種で体内の痛みや苦痛を軽減する為の

天然モルヒネ事です。

 

飼い主のマッサージは、犬の体内で分泌されるエンドルフィンの量を

増やして犬に心地よさを与えるという効果を持っています。

 

また接触刺激は、「愛情ホルモン」呼ばれる「オキシトシン」の

分泌を促す効果も確認されてます。

 

飼い主自身が、リラックスする。

 

人間が、動物と触れ合うと血圧低下やアルファ波の出現等

いわゆる「アニマルセラピー」的な効果を持つと報告されています。

 

しかしこうした科学的な実証を待つまでもなく

「動物と触れ合っていると何だか安心する!」という体感は、

犬や猫とじゃれ合っている時に誰しも感じる事だと思います。

 

病気を早期発見する。

 

犬の体を触る事で腫瘍やリンパ節の腫れ等身体の異常をいち早く検知する事が、出来ます。

腫瘍に気付かず肉眼で確認出来る様になるまで成長させてしまうと犬が、

かわいそうですよね。

 

具体的に以下の様な変化に注意して下さい。

 

体重の減少や増加・筋肉の萎縮・四肢のむくみ・発熱・部分的な脱毛・胴体広範囲の脱毛・

胴体左右対称の脱毛・毛づやが、悪い・被毛が、べとべとする・皮膚をしきりに体をかく・

皮膚から膿が出ている・皮膚にかさぶたが、出来ている・皮膚に黒い斑点がある・

皮膚の一部もしくは広い範囲が赤く腫れている・皮膚が臭い・フケが多い・

皮膚がただれている・皮膚から血が出ている・皮膚にしこりがある

 

皆さんは、マッサージの役割を全て知っていましたか?

私は、いくつかのマッサージの役割を知っていました。

 

筋肉について

 

・筋肉は、硬直した状態と弛緩した状態とあります。

 

硬直した状態は、緊張して固くなった状態です。弛緩した状態は、リラックスして緩んだ状態です。

 

ここで抑えておきたいポイントは、「マッサージ圧は、硬直した筋肉に吸収されてしまうと

あまり効果を発揮しない。」という点です。

 

筋肉の硬直する原因は、以下の通りです。

 

・力みによる筋肉の硬直

・関節の引っ張りによる筋肉の硬直

 

・力みによる筋肉の硬直

 

筋肉に力を入れると当然筋肉は、硬直します。

この状態の筋肉にマッサージを施しても硬直した筋肉が、マッサージ圧を

全て吸収してしまい何の効果も発揮しません。

 

たとえば右ひじを曲げて二の腕に力こぶを作って

力こぶを左手でマッサージしてみて下さい。

すると全然気持ち良くないと思います。

 

この様に力んで硬直した筋肉にマッサージを施しても効果は、薄いです。

 

・関節の引っ張りによる筋肉の硬直

 

骨格に付着している筋肉は、基本的に関節を横断しています。

しかしこの関節の角度によって筋肉を過剰に引っ張ってしまい硬直させて

しまう事が、あります。

 

この状態の筋肉にマッサージを施しても硬直した筋肉が、マッサージ圧を

全て跳ね返してしまい効果を期待出来ません。
皆さんもちょっと大き目の電気屋さんに入りマッサージチェアの体験コーナーへ

行ってみて下さい。

肩をもまれるとそこそこ気持ち良いと思います。

腰の部分をもまれてもあまり気持ち良くないと思います。

 

これは、「骨盤が、腰の筋肉を引っ張ってしまいピンと硬直してしまっている。」からです。
この様に関節の引っ張りによって硬直した筋肉にマッサージを施しても効果は、薄いです。

 

私は、筋肉の2つの状態について知っていたものの

筋肉の硬直する原因について知りませんでした。

皆さんは、この記事の内容について知っていましたか?

 

タグ :     

トイプードル