yuki

犬を飼う前に考えなければならない事とは?

読了までの目安時間:約 7分


 

 

 

前回は、犬を飼う際に必要な費用ついて書きました。

今回は、犬を飼う前に考えなければならない事について

書こうと思います。

 

犬を飼う前に考えなければならない事とは?

皆さんは、犬を飼う前に考えなければならない事って何だと思いますか?

今回は、そんな事について書こうと思います。

 

・犬を飼う経済的な余裕があるか?

毎日のエサ代等の他に「犬が病気や怪我になった」時に多額の医療費が

必要になります。

なのでこの問題は、愛情だけで解決できない問題です。

 

・自分の住環境がペットを飼える住宅環境か?

賃貸の場合ペット可の契約条項が必要です。

こっそり犬を飼ったらトラブルの原因となり結果的に犬は不幸になります。

「契約でペットが禁止されている」場合は、いさぎよく諦めましょう。

また「ペットの飼育が契約で許可されている」狭い賃貸住宅で

大~超大型犬を飼う事は、騒音トラブルにつながりかねません。

 

・当分の間引越しの予定はないか?

犬は環境の変化にデリケートです。

人間の側の都合であまり頻繁に引越しを繰り返すと犬にストレスを与えてしまうので

安定した生活環境が必要です。

 

・自分自身や自分の家族が犬の為に勉強する意思を持っているか?

犬のしつけはある程度の知識を必要とします。

事前の勉強を怠って我流のしつけをしたりしつけに詳しくない友達の言葉を鵜呑みにして

しつけをしてしまうと「犬の行動が改善されないばかりか逆に悪化してしまう」事が、

ありえます。

それなりに予習してから犬を迎える事が基本です。

 

・自分や自分の家族の飼いたい犬種と自分のライフスタイルは合っているか?

犬の種類は、非常に多いです。

それぞれの犬種が特徴を持っています。

こうした特徴を無視して思いつきだけで犬を飼ってしまった場合飼い主と犬は、お互いに

幸せになれません。

例えば1日数時間の運動を必要とするボーダーコリーを一人暮らしの人が飼う等です。

 

・自分や自分の家族が犬の為に自分のプライベートを犠牲に出来る覚悟を持っているか?

犬はぬいぐるみではなく愛情を必要とする生き物です。

犬等を飼う場合は、散歩やブラッシングや毎日の歯磨きやマッサージによるスキンシップ等

心や体のケアに時間を割かなければなりません。

「他の遊興に対する関心が強い」方は安易にペットを飼うべきではありません。

 

・自分自身や自分の家族に犬を散歩させる体力があるか?

犬にとっての散歩は子供にとっての遠足の様な物です。

なので毎日外に連れ出してあげる事が基本です。

「飼い主が散歩を怠った」場合犬がストレスを抱えて無駄吠えに繋がってしまうかもしれません。

犬の健康と幸せを実現する為に愛情のほか体力が必要です。

「体が極端に太っている」場合や「体力がない」場合や「足腰が悪い」といった事情を

抱えている人は、まず犬の散歩に付き合えるだけの健康体を取り戻さなければなりません。

 

・自分自身や自分の家族がきれい好きであるか?(自分自身や自分の家族が掃除好きであるか?)

基本的に犬の毛は、抜けます。

犬の抜け毛だらけの汚ない部屋だとノミやダニが犬に寄生しやすくなります。

なので飼い主の衛生観念が、重要です。

 

・自分自身や自分の家族が老犬を介護する覚悟を持っているか?

犬の寿命は人間より短いです。

その為あっという間に老境がやってきます。

「犬が老いて認知症にかかり飼い主を見分けられなかったり呼びかけに答えなくなる」

事はさびしいです。

しかしそういう状態になってもペットに対する愛情を失わない強い意識が必要です。

 

・犬の預け先が確保出来るか?

一人暮らしや共働きの人はどうしても家を空けなければならない時信頼して預けられる知人を

必要とします。

「犬の預け先が見つからない」場合はペットシッターやペットホテルを利用する事は

一つの手です。

しかし犬にとって環境の変化は多大なストレスとなります。

それにペットシッターやペットホテルを利用する場合お金が、かかります。

家を留守にしがちな生活パターンの場合ペットの飼育は見合わせるべきです。

 

・後見人はいるか?

一人暮らしで犬を飼っている場合「思わぬアクシデントに見舞われて犬が部屋の中に

取り残される」危険性があります。

例えば地震等の自然災害や不整脈による卒倒や動脈瘤破裂による突然の脳梗塞や交通事故による

不慮の死等です。

犬を迎える前に飼い主の安否を定期的に確認出来ていざとなったら犬の面倒を見てくれる後見人を

見つけておく事が重要です。

 

・自分や自分の家族の家にいる時間は多いか?

犬は群れの中で生活して愛情を必要とする生き物です。

なので長時間放っておかれると不安になってストレスがたまります。

なので「仕事で家にいる時間がほとんど作れない」という方は犬を飼う事を控えるべきです。

 

・家族全員が犬を飼う事に賛成しているか?

「家族の中で一人でも犬に対する無関心や嫌悪感あるいはアレルギー等がある」場合

共に生活する事は難しくなるでしょう。

犬は、10年近く共に暮らすパートナーです。

なので全員の賛成を得た上で愛情豊かな環境を整えてる事が必要です。

特に犬アレルギーの事前検査は家族全員必ずやっておく事をお勧めします。

 

皆さんは、この記事を読んでどう思いましたか?

次回は、犬アレルギーについて書こうと思います。

 

タグ :              

トイプードル

犬ぞりに使われる犬種は?そりのタイプは?歴史は?

読了までの目安時間:約 6分


前々回と前回は戌の日の祝いにまつわる事について書きました。

今回は、犬ぞりについて書こうと思います。

 

犬ぞりに使われる犬種は?

犬ぞりに使われる犬は、通称そり犬(sled dog)と言います。

以下は、代表的なそり犬の犬種です。

 

・アラスカンハスキー

この犬種は、そり犬として最も良く見られる犬種です。

 

・アラスカンマラミュート

この犬種は、持久力と牽引力において他の犬種より勝っているそうです。

 

・カナディアンエスキモードッグ

この犬種は、一説だと高い身体能力により45~80㎏の物を

引きながら24~110㎞移動出来る様です。

因みにカナダ北部に住むイヌイットがアザラシ等を狩る際に

この犬種を用いている様です。

 

・チヌーク

この犬種は、1900年代初頭にアメリカのニューハンプシャー州において

マスティフ等の犬を掛け合わせる事で作出された犬種で現在アメリカの

ニューハンプシャー州の州犬に指定されていて2013年にAKC(アメリカン

ケンネルクラブ)によってワーキンググループに分類されました。

因みにチヌークの元々の意味は、イヌイット語で温かい冬の風です。

 

・グリーンランドドッグ

この犬種は、大変優れた持久力を持っていて3万頭余り生息しています。

この犬種により犬ぞりがスノーモービルを抑え冬場の主要な移動手段に

なっています。

 

・サモエド

この犬種は、「シベリアのサモエド族がトナカイを統率したりそりを

引く為に作出した」犬種です。

被毛は、白くふわふわです。

「唇が黒い」為に口角を上げた表情は、サモエドスマイルと言われています。

因みにこの犬種は、「探検家のアムセンが南極初遠征でそり犬として採用した」

事で有名です。

 

・シベリアンハスキー

この犬種は、「アジア北東部に住むチュクチ族が重い荷物を引いたり長距離を

移動する為に作出した」と言われています。

またこの犬種は、ゴールドラッシュを契機にアラスカへ輸出されてアメリカや

カナダへ広まった様です。

 

犬ぞりに使われるそりのタイプは?

犬ぞりに使われるそりのタイプは、主に以下の2つに分けられます。

 

・バスケット型そり

バスケット型そりは、カナダ北部に暮らすイヌイット族に古くから伝わる

そりです。

そりを操縦するマッシャーは、雪面と接する左右のランナーの上に立ち

犬達ントロールします。

「マッシャーの前にある所々に隙間が空いた」カゴの空間は、人や物資を

乗せる為の物です。

バスケット型そりは、「重量が軽い」為後述するトボガンそりより使い易く

レースに向いていると言われています。

 

・トボガンそり

トボガンそりは、「カナダのエスキモーや北米のインディアン等が伝統的に

用いる」そりです。

「バスケット型そりのカゴがランナーから浮いた状態で固定されている」

のに対して「トボガンそりのかごが直接乗っている」事が特徴です。

こうした構造的特徴のお陰で「重心が下がる」為に安定して物を運べます。

しかしその代償としてやや操縦性が低下します。

その為このそりは、深くてさらさらした雪面に適しているそりです。

 

犬ぞりの歴史は?

犬ぞりの起源は古くおよそ30,000~35,000年前のモンゴルですでに

存在していたと考えられています。

「BC1,000年頃になると居住地域が北極圏に近くなった」事で犬ぞりの

役割はますます大きくなっていきました。
こうした経緯によって誕生した犬ぞりは、シベリア・カナダ・アラスカ等

寒冷な高緯度地域において「スノーモービルが実用化される」まで主要な

移動手段として活躍しました。

その理由としてそり犬は寒さに強く持久力に優れまた粗食に耐える上に

人間によく従い緊急時に人間や他の犬の食糧になる事です。

かつての犬ぞりの存在感を示す事例としてジフテリア用の血清をネナナから

ノームまで1,085キロメートル輸送した1925セラムランが有名です。

また「そり犬は氷の割れ目を避ける判断に優れていた」為に北極や南極地方の

探検に多く用いられてきた歴史があります。

例えばノルウェーの探検家であるロアール・アムンセンは、初めて南極点に

到達した人物であると同時に初めて南極に犬ぞりを持ち込んだ人物として

知られています。

また映画の南極物語で有名になったタロとジロは、日本の南極地域観測隊・

第一次越冬隊のそり犬でした。
現在そり犬は、アラスカやカナダやグリーンランド等一部の地域でまだ現役で

人間の生活を支えています。

しかしその他の地域では、犬ぞりレースや犬ぞり体験等観光用の

アトラクションとして用いられる様になって来ています。

特に有名な物は、アラスカで行われる長距離犬ぞりレースであるアイディタロッド

(Iditarod)やユコンクエスト(Yukon Quest)です。

 

皆さんはこの記事の内容を知っていましたか?

次回は、犬ぞりレースの歴史について書こうと思います。

 

タグ :         

トイプードル

マ行とヤ行とラ行とワ行に属する犬種は?純血種と雑種犬とミックス犬って何?

読了までの目安時間:約 4分


前回は、ハ行に属する犬種を紹介しました。

今回は、マ行に属する犬種を紹介しようと思います。

 

マ行に属する犬種は?

♦メジャー犬種

・マスティフ(大型犬)

・マルチーズ(小型犬)

・マンチェスターテリア(中型犬)

・ミニチュアシュナウザー(小型犬)

・ミニチュアダックスフント(小型犬)

・ミニチュアピンシャー(小型犬)

・ミニチュアブルテリア(小型犬)

・メキシカンヘアレスドッグ(小型犬)

 

♦マイナー犬種

・マルキースイエ(中型犬)

・マレンマシープドッグ(大型犬)

・ミニチュアアメリカンシェパード(中型犬)

・ムーディ(中型犬)

・モンテネグリンマウンテンハウンド(中型犬)

 

ヤ行に属する犬種は?

♦メジャー犬種

・ヨークシャーテリア(小型犬)

 

♦マイナー犬種

・ユーラシア(中型犬)

 

ラ行に属する犬種は?

♦メジャー犬種

・ラサアプソ(小型犬)

・ラブラドールレトリバー(大型犬)

・レイクランドテリア(小型犬)

・レオンベルガー(大型犬)

・レッドボーンクーンハウンド(大型犬)

・ローシェン(小型犬)

・ローデシアンリッジバック(大型犬)

・ロットワイラー(大型犬)

 

♦マイナー犬種

・ラージミュンスターレンダー(大型犬)

・ラッソヨーロピアンライカ(中型犬)

・ラットテリア(小型犬)

・ラフコリー(大型犬)

・ラポニアンハーダー(中型犬)

・ランカシャーヒーラー(小型犬)

・ランドシーア(大型犬)

・ルーメイニアンミオリティックシェパード(大型犬)

・ロシアントイテリア(小型犬)

・ロマーニャウォータードッグ(中型犬)

 

ワ行に属する犬種は?

♦メジャー犬種

・ワイマラナー(大型犬)

・ワイヤーフォックステリア(小型犬)

・ワイヤーヘアードポインティンググリフォン(中型犬)

 

♦マイナー犬種

無し

 

純血種って何?雑種犬とミックス犬って同じなの?

・純血種

この言葉は、ある目的の為に作り出された犬を指します。

 

・雑種犬

この言葉は、いくつもの種類の犬を掛け合わせて作られた犬を指します。

 

・ミックス犬

この言葉は、雑種犬を指して言われる言葉で雑種犬という言葉のマイナスイメージを

払拭する為に生まれた言葉です。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

私は、メジャー犬種でさえ知らない犬種がありました。

また私は、純血種等の言葉の本来の意味を知りませんでした。

次回は、犬の頭脳を生かした犬の仕事等について書こうと思います。

 

タグ :   

トイプードル

ハ行に属する犬種は?

読了までの目安時間:約 6分


 

 

 

今までにア行からナ行に属する犬種を紹介して来ました。

今回は、ハ行に属する犬種を紹介しようと思います。

 

ハ行に属する犬種は?

♦メジャー犬種

・バーニーズマウンテンドッグ(大型犬)

・パグ(小型犬)

・バセットハウンド(中型犬)

・バセンジー(中型犬)

・ハバニーズ(小型犬)

・パピヨン(超小型犬)

・ハリア(中型犬)

・ビアデッドコリー(大型犬)

・ビーグル(小型犬)

・ビションフリーゼ(小型犬)

・ビズラ(中型犬)

・ピレニアンシェパード(中型犬)

・ファラオハウンド(大型犬)

・フィールドスパニエル(中型犬)

・フィニッシュスピッツ(中型犬)

・フィニッシュラップフント(中型犬)

・ブービエデフランダース(大型犬)

・プーリー(中型犬)

・プチバセグリフォンバンデアン(中型犬)

・ブラックアンドタンクーンハウンド(大型犬)

・ブラックロシアンテリア(超大型犬)

・フラットコーテッドレトリバー(大型犬)

・ブラッドハウンド(大型犬)

・ブリアード(大型犬)

・ブリタニースパニエル(中型犬)

・ブリュッセルグリフォン(小型犬)

・ブルーティッククーンハウンド(大型犬)

・ブルテリア(中型犬)

・ブルドッグ(中型犬)

・ブルマスティフ(大型犬)

・フレンチブルドッグ(中型犬)

・プロットハウンド(大型犬)

・ペキニーズ(小型犬)

・ベドリントンテリア(小型犬)

・ベルジアングローネンダール(大型犬)

・ベルジアンタービュレン(大型犬)

・ベルジアンマリノア(大型犬)

・ボイキンスパニエル(中型犬)

・ポインター/イングリッシュポインター(大型犬)

・ボースロン(大型犬)

・ボーダーコリー(中型犬)

・ボーダーテリア(小型犬)

・ポーチュギーズウォータードッグ(中型犬)

・ポーリッシュローランドシープドッグ(中型犬)

・ボクサー(中型犬)

・ボストンテリア(小型犬)

・ポメラニアン(超小型犬)

・ボルゾイ(大型犬)

 

♦マイナー犬種

・バーベイ(中型犬)

・バセアルテジャンノルマン(中型犬)

・バセフォーブドブルターニュ(小型犬)

・ハノーバーハウンド(中型犬)

・ババリアンマウンテンハウンド(大型犬)

・ハフェイロドアレンテージョ(大型犬)

・ハミルトンハウンド(大型犬)

・ハルデンハウンド(大型犬)

・ハンガリアングレーハウンド(大型犬)

・ビーグルハリヤー(大型犬)

・ピカーディシープドッグ(大型犬)

・ピカーディスパニエル(中型犬)

・ヒゲンフント(中型犬)

・ビリー(大型犬)

・ピレニアンマスティフ(大型犬)

・フィニッシュハウンド(大型犬)

・フィラブラジレイロ(大型犬)

・ブーアブル(大型犬)

・プーデルポインター(大型犬)

・ブービエデアルデンヌ(大型犬)

・プーミー(中型犬)

・フォーモウサンマウンテンドッグ/台湾犬(中型犬)

・ブコビナシェパード(大型犬)

・プチブルードガスコーニュ(中型犬)

・ブラジリアンテリア(小型犬)

・ブラッコイタリアーノ(大型犬)

・ブリケグリフォンバンデアン(中型犬)

・ブルーピカーディスパニエル(中型犬)

・ブルゴスポインター(大型犬)

・ブルボネーポインター(中型犬)

・フレンチスパニエル(大型犬)

・フレンチポインター(中型犬)

・フレンチホワイトアンドブラックハウンド(大型犬)

・ブロホルマー(大型犬)

・ベルガマスコシェパード(大型犬)

・ベルジアンラケノア(大型犬)

・ペルビアンインカオーキッド(小型犬)

・ペロデプレサカナリオ(大型犬)

・ペロドゴーマヨルキン(中型犬)

・ホウハバート(大型犬)

・ポーチュギーズシープドッグ(中型犬)

・ポーチュギーズポインター(中型犬)

・ポーチュギーズポデンゴ(大型犬)

・ポーリッシュグレーハウンド(大型犬)

・ポーリッシュタトラシープドッグ(大型犬)

・ポーリッシュハウンド(大型犬)

・ポーリッシュハンティングドッグ(中型犬)

・ポサバックハウンド(中型犬)

・ボスニアンコースヘアードハウンド(大型犬)

・北海道犬(中型犬)

・ポルスレーン(中型犬)

・ボルピーノイタリアーノ(小型犬)

・ボロニーズ(超小型犬)

・ポワトバン(大型犬)

・ホワイトスイスシェパードドッグ(大型犬)

・ポンオードメールスパニエル(中型犬)

・ポンデコカナリオ(大型犬)

 

皆さんは、この記事にある犬種をどれくらい知っていましたか?

次回も引き続き犬種を紹介しようと思います。

 

タグ :

トイプードル

タ行に属する犬種は?ナ行に属する犬種は?

読了までの目安時間:約 4分


 

 

 

前回は、サ行に属する犬種について書きました。

今回は、タ行に属する犬種について書こうと思います。

 

タ行に属する犬種は?

♦メジャー犬種

・ダルメシアン(大型犬)

・ダンディディモントテリア(小型犬)

・チェサピークベイレトリバー(大型犬)

・チェスキーテリア(小型犬)

・チベタンスパニエル(小型犬)

・チベタンテリア(中型犬)

・チベタンマスティフ(超大型犬)

・チャイニーズクレステドッグ(小型犬)

・チャウチャウ(中型犬)

・チワワ(超小型犬)

・狆/チン(小型犬)

・ツリーイングウォーカークーンハウンド(大型犬)

・トイプードル(超小型犬)

・トイフォックステリア(小型犬)

・ドーグドボルドー(大型犬)

・ドーベルマン(大型犬)

・土佐犬(大型犬)

 

♦マイナー犬種

・ダーニッシュスウェーディッシュファームドッグ(小型犬)

・タイバンカウドッグ(中型犬)

・タイリッジバック(中型犬)

・ダッチシェパード(大型犬)

・ダッチスモウスホンド(中型犬)

・チェコスロバキアンウルフドッグ(大型犬)

・チェスキーフォーセク(大型犬)

・チヌーク(大型犬)

・チルネコデルエトナ(中型犬)

・珍島犬/ちんどけん(中型犬)

・ツリーイングテネシーブリンドル(大型犬)

・ティロリアンハウンド(中型犬)

・ドゥリーバー(中型犬)

・ドゥンケル(大型犬)

・ドゴーアルヘンティーノ(大型犬)

・トランシルバニアンハウンド(中型犬)

・トルニャック(大型犬)

・ドレンチェパトリッシュホンド(大型犬)

 

ナ行に属する犬種は?

♦メジャー犬種

・ナポリタンマスティフ(大型犬)

・ニューファンドランド(大型犬)

・ノーフォークテリア(小型犬)

・ノーリッチテリア(小型犬)

・ノバスコシアダックトーリングレトリバー(中型犬)

・ノルウェジアンエルクハウンド(中型犬)

 

♦マイナー犬種

・日本スピッツ(中型犬)

・日本テリア(小型犬)

・ノールボッテンスペッツ(小型犬)

・ノルウェジアンブーフント(中型犬)

・ノルウェジアンルンデフント(中型犬)

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

私は、タ行に属する犬種であるダンディディモントテリア等の

メジャー種でさえ知りませんでしたしタ行に属するマイナー犬種も

全く知りませんでした。

また私は、ナ行に属する犬種をメジャー犬種とマイナー犬種共に

全く知りませんでした。

皆さんもこの記事に知らない犬種があったらぜひ

どんな犬なんだろうと検索してみて下さいね。

次回も引き続き犬の種類を紹介しようと思います。

 

タグ :

トイプードル

サ行に属する犬種は?

読了までの目安時間:約 4分


前回は、カ行に属する犬種を紹介しました。

今回は、サ行に属する犬種を紹介しようと思います。

 

サ行に属する犬種は?

 

♦メジャー犬種

・サセックススパニエル(中型犬)

・サモエド(大型犬)

・サルーキ(大型犬)

・シーズー(小型犬)

・シーリハムテリア(小型犬)

・シェットランドシープドッグ(小型犬)

・柴犬(小型犬)

・シベリアンハスキー(大型犬)

・シャーペイ(中型犬)

・ジャーマンシェパード(大型犬)

・ジャーマンショートヘアードポインター(大型犬)

・ジャーマンワイヤーヘアードポインター(大型犬)

・ジャイアントシュナウザー(大型犬)

・ジャックラッセルテリア(小型犬)

・スカイテリア(小型犬)

・スキッパーキ(小型犬)

・スコティッシュテリア(小型犬)

・スコティッシュディアハウンド(大型犬)

・スタッフォードシャーブルテリア(中型犬)

・スタンダードシュナウザー(中型犬)

・スタンダードダックスフント(中型犬)

・スタンダードプードル(大型犬)

・スピノーネイタリアーノ(大型犬)

・スムースフォックステリア(中型犬)

・セントバーナード(大型犬)

・ソフトコーテッドウィートンテリア(中型犬)

 

♦マイナー犬種

・サービアントライカラーハウンド(中型犬)

・サーロスウルフドッグ(大型犬)

・サウスロシアンシープドッグ(大型犬)

・サンジェルマンポインター(大型犬)

・サンミゲルキャトルドッグ(中型犬)

・四国犬(中型犬)

・シマロンドッグ(中型犬)

・ジャーマンスパニエル(中型犬)

・ジャーマンウルフスピッツ(大型犬)

・ジャーマンクラインスピッツ(小型犬)

・ジャーマングローサースピッツ(中型犬)

・ジャーマントイスピッツ(超小型犬)

・ジャーマンハウンド(中型犬)

・ジャーマンハンティングテリア(小型犬)

・ジャーマンピンシャー(中型犬)

・ジャーマンミッテルスピッツ(小型犬)

・ジャーマンラフヘアードポインター(大型犬)

・ジャーマンロングヘアードポインター(大型犬)

・シャルプラニナッツ(大型犬)

・シュタビフーン(中型犬)

・シラーハウンド(大型犬)

・スイスハウンド(中型犬)

・スウェーディッシュヴァルフント(中型犬)

・スウェーディッシュエルクハウンド(大型犬)

・スウェーディッシュラップフント(中型犬)

・スカーペンダス(中型犬)

・スティリアンコースヘアードハウンド(中型犬)

・スパニッシュウォータードッグ(中型犬)

・スパニッシュグレーハウンド(大型犬)

・スパニッシュハウンド(中型犬)

・スパニッシュマスティフ(大型犬)

・スモーランドハウンド(中型犬)

・スモールスイスハウンド(大型犬)

・スモールミュンスターレンダー(中型犬)

・スルーギ(大型犬)

・スロバキアンチューバッチ(大型犬)

・スロバキアンハウンド(中型犬)

・スロバキアンワイヤーヘアードポインター(大型犬)

・セグージョイタリアーノ(中型犬)

・セルビアンハウンド(中型犬)

・セントラルアジアンシェパード(超大型犬)

 

皆さんは、この記事にある犬種を知っていましたか?

次回も引き続き犬種を紹介しようと思います。

 

タグ :

トイプードル

カ行に属する犬種は?

読了までの目安時間:約 4分


 

 

 

前回は、ア行に属する犬種をメジャー犬種とマイナー犬種に

分けて紹介しました。

今回は、カ行に属する犬種をメジャー犬種とマイナー犬種に

分けて紹介しようと思います。

 

犬の種類は?

♦カ行に属する犬の種類は?

 

◊メジャー種

・カーリーコーテッドレトリバー(大型犬)

・甲斐犬(中型犬)

・カナーンドッグ(大型犬)

・カニヘンダックス(超小型犬)

・カネコルソ(大型犬)

・カーランドハウンド(大型犬)

・キースホンド(中型犬)

・紀州犬(中型犬)

・キャバリアキングチャールズスパニエル(小型犬)

・キングチャールズスパニエル(小型犬)

・クーバース(大型犬)

・クランバースパニエル(中型犬)

・グレイタースイスマウンテンドッグ(大型犬)

・グレートデン(大型犬)

・グレートピレニーズ(大型犬)

・グレーハウンド(大型犬)

・グレンオブイマールテリア(小型犬)

・ケアーンテリア(小型犬)

・ケリーブルーテリア(中型犬)

・ゴードンセッター(大型犬)

・ゴールデンレトリバー(大型犬)

・コモンドール(大型犬)

・コリー(大型犬)

 

◊マイナー種

・ガスコンサントンジョワ(大型犬)

・カストロラボレイロドッグ(大型犬)

・カタフーラレパードドッグ(大型犬)

・カタランシープドッグ(中型犬)

・カデブー(大型犬)

・カーラ(大型犬)

・カルストシェパード(大型犬)

・カルパチアンシェパードドッグ(大型犬)

・カレリアンベアドッグ(大型犬)

・グランアングロフランセトリコロール(大型犬)

・グランアングロフランセブランエオランジュ(大型犬)

・グランアングロフランセブランエノワール(大型犬)

・グラングリフォンバンデアン(大型犬)

・グランバセグリフォンバンデアン(大型犬)

・グランブルードガスコーニュ(大型犬)

・グリークヘアハウンド(中型犬)

・グリーンランドドッグ(大型犬)

・グリフォンニベルネ(大型犬)

・グリフォンフォーブドブルターニュ(中型犬)

・グリフォンブルードガスコーニュ(中型犬)

・クロアチアンシープドッグ(中型犬)

・クロムフォルレンダー(中型犬)

・コーイケルホンディエ(中型犬)

・コーカシアンシェパードドッグ(大型犬)

・コトンドチュレアール(小型犬)

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

私は、カーリーコーテッドレトリバー等メジャー種でさえ

知らない犬種がありました。

皆さんもこの記事に知らない犬種があったらぜひ

どんな犬なんだろうと検索してみて下さいね

次回も引き続き犬の種類について書こうと思います。

 

タグ :

トイプードル

ア行に属する犬種は?

読了までの目安時間:約 5分


 

 

 

前回は、「犬がいつどのように多様化したか?」について

書きました。

今回は、犬の種類について書こうと思います。

 

犬の種類は?

♦ア行に属する犬種

 

◊メジャー犬種

・アーフェンピンシャー(小型犬)

・アイスランディックシープドッグ/アイスランドドッグ(中型犬)

・アイリッシュウォータースパニエル(中型犬)

・アイリッシュウルフハウンド(超大型犬)

・アイリッシュセッター(大型犬)

・アイリッシュテリア(中型犬)

・秋田犬(大型犬)

・アフガンハウンド(大型犬)

・アメリカンウォータースパニエル(中型犬)

・アメリカンエスキモードッグ(中型犬)

・アメリカンコッカースパニエル(中型犬)

・アメリカンスタッフォードシャーテリア(中型犬)

・アメリカンフォックスハウンド(大型犬)

・アラスカンマラミュート(大型犬)

・イタリアングレーハウンド(小型犬)

・イビザンハウンド(大型犬)

・イングリッシュコッカースパニエル(中型犬)

・イングリッシュセッター(大型犬)

・イングリッシュトイスパニエル(小型犬)

・イングリッシュフォックスハウンド(大型犬)

・ウィペット(中型犬)

・ウエストハイランドホワイトテリア(小型犬)

・ウェルシュコーギーカーディガン(中型犬)

・ウェルシュコーギーペンブローク(中型犬)

・ウェルシュスプリンガースパニエル(中型犬)

・ウェルシュテリア(小型犬)

・エアデールテリア(中型犬)

・オーストラリアンキャトルドッグ(中型犬)

・オーストラリアンケルピー(中型犬)

・オーストラリアンシェパード(中型犬)

・オーストラリアンテリア(小型犬)

・オールドイングリッシュシープドッグ(大型犬)

・オッターハウンド(大型犬)

 

◊マイナー犬種

・アイディ(大型犬)

・アイリッシュレッドアンドホワイトセッター(大型犬)

アイリッシュソフトコーテッドウィートンテリア(中型犬)

・アクバシュ(大型犬)

・アザワク(大型犬)

・アッペンツェラーマウンテンドッグ(大型犬)

・アナトリアンシェパードドッグ(大型犬)

・アナトリアンシープドッグ(大型犬)

・アメリカンイングリッシュクーンハウンド(大型犬)

・アメリカンヘアレステリア(小型犬)

・アリエージュポインター(大型犬)

・アリエージョワ(大型犬)

・アルトワハウンド(中型犬)

・アルパインダックスブラッケ(中型犬)

・アングロフランセドプチットベヌリ (中型犬)

・イーストシベリアンライカ(大型犬)

・イストリアンコースヘアードハウンド(中型犬)

・イストリアンショートヘアードハウンド(中型犬)

・イングリッシュトイテリア(超小型犬)

・ウエストシベリアンライカ(大型犬)

・ウェストファリアンダックスブラッケ(小型犬)

・ヴェッターフーン(中型犬)

・エストレラマウンテンドッグ(大型犬)

・エントレブッハーマウンテンドッグ(中型犬)

・オーストラリアンシルキーテリア(小型犬)

・オーストラリアンスタンピーテイルキャトルドッグ(中型犬)

・オーストリアンピンシャー(中型犬)

・オーストリアンブラックアンドタンハウンド(中型犬)

・オーベルニュポインター(大型犬)

・オールドダーニッシュポインター(中型犬)

 

皆さんは、上記の犬種をどのくらい知っていましたか?

次回も引き続き犬の種類を紹介しようと思います。

 

 

タグ :

トイプードル

犬の聴力低下の原因は?聴力テスト方法は?耳の異常と病気の関係は?

読了までの目安時間:約 4分


 

 

 

前回は、犬の音源定位能力等について書きました。

今回は、犬の聴力の低下の原因等について書こうと思います。

 

犬の聴力の低下の原因は?

・加齢
人間同様「加齢に伴い内耳の中にあって音の増幅を担当する耳小骨(じしょうこつ)である

槌骨(つちこつ)・砧骨(きぬたこつ)・鐙骨(あぶみこつ)の動きが悪くなる」事で聴力が

落ちます。

 

・遺伝
ルイジアナ州立大学のジョージ・ストレイン氏の研究によると白や糟毛(かすげ・灰色の

地毛に白の差し毛)及び白黒ブチの被毛を持った犬と先天的な聴覚障害に密接な関連性が

あります。

 

白黒ブチの代表格であるダルメシアンで聞こえない割合は、次の通りです。

片耳が聞こえない 22%

両耳が聞こえない 8%

 

また白いブルテリアは、20%の確率で聴覚障害を持ちます。

 

・感染症
「外耳炎等の感染症が鼓膜を始めとする耳内部の組織や細胞を破壊する」事で聴力が低下します。

 

・化学物質
「シンナー等が鼻から吸い込まれたり皮膚に直接ついて犬の体内に取り込まれた」時に「溶剤の

成分が耳の分泌液に蓄積される」事で聴力が落ちてしまいます。

 

・音響外傷
「犬が大きな音を聞き続ける」事で「内耳の中で音の伝達に関わっている有毛細胞が損傷を受ける」

事で聴力が低下します。

 

猟犬として使われ易いゴールデンレトリバー等で「難聴が多い」理由は、「これらの犬種がハンターの

出す銃声を日常的に聞かされている」為です。

 

犬の聴力をテストする簡単な方法は?

犬の聴力をテストする簡単な方法は、犬に気づかれない様な位置から音を出す事です。

 

使用する物は音の出るおもちゃ等何でも構いません。

 

子犬に対して行う場合は、「耳道が開ききった」生後5週齢以降にして下さい。

 

「聴力が正常である」場合は、音の出た方に耳を動かしたり振り向いたりします。

 

逆に「聴力に異常がある」場合は、寝ているので無い限り何のリアクションもありません。

 

犬の耳の異常と病気の関係は?

以下は、犬の耳によくある疾患をいち早く発見する為のチェックリストです。

 

1.耳垢がたまっている
外耳炎・耳疥癬

 

2.耳が腫れている
耳血腫

 

3.耳が黒ずんで臭い
耳疥癬

 

4.音に対する反応が鈍い
中耳炎・内耳炎

 

5.耳先が変色している
凍傷・扁平上皮ガン

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

私は、犬の聴力の低下の原因等について初めて知りました。

特に音響外傷という言葉は、初めて知りました。

次回は、犬の触覚について書こうと思います。

 

タグ :                                       

トイプードル

しつけやすい犬種としつけにくい犬種は何?

読了までの目安時間:約 3分


皆さんの飼っている愛犬の犬種は、何ですか?

皆さんは、たくさんある犬種の中でしつけやすい犬種と

しつけにくい犬種って何だと思いますか?

今回は、「しつけやすい犬種としつけにくい犬種って何」

という事で書こうと思います。

 

しつけやすい犬種としつけにくい犬種って何?

犬の外見は千差万別です。

これと同じ様に犬種ごとの学習能力に多少のばらつきがあります。
ベンジャミンとリネットのハート夫妻は、96人の専門家に対して

服従訓練をする場合最も訓練しやすい犬から最も訓練しにくい犬まで

56犬種についてランク付けをして貰いました。

またスタンレー・コレン氏は、199名の服従訓練審査員に対して

110犬種について訓練しやすい犬種順に並べて貰いました。
上記調査で挙がってきた犬種の内「コレン氏の調査で名前が登場する」

犬種をリストアップすると以下の様になります。

ハート夫妻とコレン氏両方の調査で共に名前の挙がって来た物は★印を

付けました。

この犬種リストは絶対ではありません。

しかしこのリストはしつけのしやすい犬種としにくい犬種の大まかな

目安になりそうです。

つまり犬の飼育初心者がいきなりアフガンハウンドに芸やトリックを

仕込もうとするとおそらくうまくいかないだろうという予測を

付け易くなるという事です。

 

1.訓練しやすい犬

・ボーダーコリー
・プードル★
・ジャーマンシェパード★
・ゴールデンレトリバー★
・ドーベルマン★
・シェットランドシープドッグ★
・ラブラドールレトリバー★
・パピヨン
・ロットワイラー
・オーストラリアンキャトルドッグ
・ウェルシュコーギーペンブローク
・ミニチュアシュナウザー

 

2.訓練しにくい犬

・アフガンハウンド★
・バセンジー
・ブルドッグ
・チャウチャウ★
・ボルゾイ
・ブラッドハウンド
・ペキニーズ★
・ビーグル★
・マスティフ
・バセットハウンド★
・シーズー
・ブルマスティフ
・ラサアプソ
・チワワ★

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

私の愛犬は、トイプードルでこのリストに

挙がっている様にしつけやすいです。

皆さんもこのリストを参考にして犬購入を検討してみて下さい。

次回は、「犬のエピソード記憶」について書こうと思います。

 

タグ : 

トイプードル