yuki

犬の習性を活かした犬の仕事は?

読了までの目安時間:約 4分


前回まで犬の頭脳を活かした犬の仕事として盲導犬等について

いろいろ書いて来ました。

今回は、犬の習性を活かした犬の仕事について書こうと

思います。

 

犬の習性を活かした犬の仕事は?

1.牧畜犬

牧畜犬は、牧場において「家畜が散らばらない」様に監視したり家畜を外敵から家畜を

守る犬です。

家畜として羊や牛やヤギが挙げられます。
機械化の進んでいなかった時代において「家畜が寝泊りする」牧舎と草のある放牧地までの家畜の

移動は、主として牧畜犬によって行われていました。

また機械化の進んでいなかった時代において「家畜が放牧中に熊等の害獣に襲われる」

事が頻繁にありました。

こうした外敵から家畜を守る事は、「家畜が寝泊りする」牧舎と草のある

放牧地までの家畜の移動同様に牧畜犬の重要な仕事でした。

この様に牧畜犬の仕事は、自分のテリトリーや仲間を守るという犬の習性を生かした仕事と

いえます。
犬を機能別で分類した際にハーディング・グループ(Herding Group)というカテゴリーが

あります。

herdは家畜の番をするという意味です。

これは牧畜犬を指します。
現在でも牧場において牧羊犬として活躍している犬種は、ボーダー・コリーやシェルティ

(シェットランド・シープドッグ)やオーストラリアン・キャトル・ドッグや

オーストラリアン・ケルピー等です。

因みにジャーマン・シェパードは、稀にハーディンググループに分類されます。

そもそもシェパードは、羊飼い/牧羊犬という意味です。

ジャーマン・シェパードを直訳するとドイツ生まれの牧羊犬となります。

 

2.猟犬

猟犬は、狩猟者と共に行動し狩猟のサポートをする犬です。

具体的な仕事は、獲物の場所を猟師に教える事や獲物を狩り出す事や獲物を仕留める事や

獲物を回収する事等です。

因みに猟師に獲物の居場所を教えるという仕事をする猟犬は、ストップ犬と言います。

この様な猟犬の主な犬種は、セッターやスパニエルです。

また仕留めた獲物を回収して猟師の元まで持って来るという仕事をする猟犬は、

リトリーブ犬と言います。

この様な猟犬の主な犬種は、ゴールデンレトリバー等のレトリバー種です。

犬を機能別で分類した際にスポーティング・グループ(sporting Group)というカテゴリーが

あります。

sportingは、狩猟の好きなという意味です。

これは、猟犬を指します。

しかし猟犬は、稀に狩猟期間後に狩猟者によって用済みとしてそのまま山に放置されます。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

次回も引き続き犬の習性を活かした犬の仕事について書こうと思います。

 

タグ :   

トイプードル

犬の頭脳を活かした犬の仕事は?介助犬の一生とは?

読了までの目安時間:約 3分


前回は、聴導犬について紹介しました。

今回は、介助犬について紹介しようと思います。

 

犬の頭脳を活かした犬の仕事は?

・介助犬

介助犬は、手足の不自由な人の日常生活を助ける為に特別に訓練された犬です。
具体的な仕事内容は、屋内外で落とした物を拾う事や衣服の脱衣補助や特定の物をユーザーに

持って来る事や車いすの牽引や緊急連絡手段の確保や起立介助や歩行介助やドアの開閉や

荷物の運搬等使用者に必要な様々な動作です。
屋外において介助犬は、黄色と青色で二色構成された介助犬と明示されたチョッキ等を着ています。

これにより一般人はペット犬と介助犬を見分けられます。

介助犬を見かけた場合は盲導犬や聴導犬同様に声を掛けたりえさを与えたりして犬の集中力を

阻害しない様に注意しなければなりません。
因みに兵庫県宝塚市のプログラマー木村さんと生活を共にしていた介助犬シンシアは有名です。

彼女の献身的な仕事ぶりは人々の共感を呼び介助犬を含めた補助犬の認知運動を盛り上げる事に

一役買いました。

結果として2002年10月に身体障害者補助犬法が施行されました。

この法律により介助犬も盲導犬や聴導犬同様に民間施設への受け入れが義務付けられました。

しかし盲導犬や聴導犬同様に介助犬の受け入れ態勢は万全といえません。

因みに介助犬の一生は、以下の通りです。

 

1.繁殖犬ボランティア宅で介助犬候補の子犬が繁殖される

2.介助犬候補の犬は、誕生~生後2ヶ月まで繁殖犬ボランティアさん宅で母犬や兄弟姉妹犬と一緒に暮らす

3.介助犬候補の犬は、生後2ケ月~1歳までパピーホームというボランティアさん宅で躾等を受けながら暮らす。

4.介助犬候補の犬は、1歳~2歳前後まで3ヶ月毎に適性評価をしながら介助犬として必要な事を訓練する。

5.介助犬候補の犬と介助犬利用希望者がお見合いする。

6.介助犬候補の犬と介助犬利用希望者が合同訓練をする。

7.介助犬候補の犬と介助犬利用希望者が認定試験と審査を受ける。

8.認定試験と審査を通過後介助犬候補の犬が正式に介助犬として認められる。

9.10歳まで介助犬として働く

10.引退

11.引退後介助犬はユーザー宅でそのままペットとして暮らすか引退犬ボランティア宅かパピーホームという

   ボランティアさん宅で暮らす。

 

皆さんはこの記事の内容を知っていましたか?

次回は、盲導犬育成の為に私達のやれる事について書こうと思います。

 

タグ : 

トイプードル

犬の頭脳を活かした犬の仕事は?聴導犬の一生とは?

読了までの目安時間:約 4分


 

 

 

前回は、犬の頭脳を活かした犬の仕事として盲導犬を

紹介しました。

今回は、犬の頭脳を活かした犬の仕事として聴導犬を

紹介しようと思います。

 

犬の頭脳を活かした犬の仕事は?

・聴導犬

聴導犬は、「聴覚障害者の生活が円滑に運ぶ」様にサポートする犬です。

具体的な仕事内容は「聴覚障害者に教える必要のある音が発生した」時に

聴覚障害者の足元をトントンと前足で触れて教えて「聴覚障害者が気づいた」

後に音源まで誘導するという風に生活音を飼い主に知らせる事です。

屋内において聴導犬は、ドアチャイムの音等を聞き分けます。

屋外において聴導犬は後ろから来る自転車のベル音等を聞き分けます。
聴導犬は、外にいる時オレンジ色のチョッキを着てオレンジ色のリードを付けています。

一般人は簡単に見分けられます。

聴導犬を見かけた場合は盲導犬を見かけた時同様に声を掛けたりえさを与えたり

して 犬の集中力を阻害しない様に注意しなければなりません。

「2002年10月に身体障害者補助犬法が施行された」事で盲導犬同様に聴導犬も

民間施設への受け入れが義務付けられました。

しかし盲導犬と同様に受け入れ態勢は万全といえません。

因みに聴導犬の一生は、以下の通りです。

 

1.主に生後2~36カ月の保護犬等から聴導犬の候補犬を選ぶ
2.ソーシャライザー宅で2~10ヵ月間第1次社会化を行う
3.日本聴導犬協会で適性の中間チェックを行う 
4.毎月気質テストを行いながらソーシャライザー宅で2~4ヵ月間第2次社会化を行う
5.聴導犬の候補犬訓練前テストを行う
6.聴導犬の候補犬と聴導犬を希望する人のお見合いをする
7.最低4カ月間聴導犬訓練を行う。
8.聴導犬訓練修得テストを日本聴導犬協会で行う

(6・7・8の順番はまれに逆になる)
9.希望者さんと聴導犬が日本聴導犬協会内で共同訓練を14日間行う。
10.「認定試験が受けられる」段階と判断されるまで希望者さん宅で自己訓練を数ヶ月行う。
11.希望者と聴導犬の候補犬が身体障害者補助犬認定試験を厚生労働大臣指定法人で受験する。

12.10歳まで聴導犬として働く

13.引退する

14.聴導犬協会とユーザーの間による話し合いでユーザー宅でペット犬として余生を過ごしたり

   ソーシャライザー宅で余生を過ごしたりする。

◊ソーシャライザーは、聴導犬の候補犬に対して人間社会のマナーを教えるボランティアをする人です。

◊第1次社会化は、基本的な躾を行います。

◊適性チェックは、新しい環境に対する順応性等を評価します。

◊第2次社会化は、他の犬等に対して慣れさせる事を行います。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

次回は、介助犬について書こうと思います。

 

タグ : 

トイプードル

犬の頭脳を活かした仕事は?盲導犬の一生とは?

読了までの目安時間:約 6分


 

 

 

前回は、犬種紹介と純血種等の言葉を紹介しました。

以前犬の嗅覚を活かした犬の仕事だけを紹介していたので

今回は、犬の頭脳を活かした犬の仕事を紹介しようと

思います。

 

犬の頭脳を活かした犬の仕事は?

犬の頭脳を活かした犬の仕事として盲導犬や聴導犬や介助犬があります。

今日は、その中の盲導犬について書こうと思います。

 

・盲導犬

盲導犬(もうどうけん)は、「目の不自由な方々が自由に外出出来る」様に

道の中にある段差や角等の障害物をそれの前で止まって視覚障害者に教えて

「視覚障害者が安全に外を歩く」為のお手伝いをする犬です。

また盲導犬は、1978年(昭和53年)の道路交通法(どうろこうつうほう)の改正により

「車の一時停止や徐行が義務化された」事で道路を通行する際の特別な保護を受けています。

盲導犬は通常白か黄色のハーネス(胴輪)をしています。

このハーネスを装着している最中の盲導犬は仕事中です。

声を掛けたり口笛を吹いたりなでたり餌を与えたり犬の集中力を邪魔する様な行為は

慎まなければなりません。
また「2002年10月に身体障害者補助犬法が施行された」事で従来の公共機関のみならず

デパートやスーパーやホテルや旅館等の民間施設に盲導犬の受け入れ義務が発生しました。

しかし「経営者がこの法律を知っている」場合でさえ「末端の従業員がこの法律の存在自体を

知らない」という事や「施設を利用する他のユーザーが犬を不必要に怖がる」という問題が起きています。

盲導犬の完全受け入れ実現は、まだまだ先の話です。

盲導犬の一生は、通常以下の様な物です。

 

♦誕生~生後2ヶ月
盲導犬の素質を持った両親から子犬が繁殖されます。

生まれた子犬は、主として母犬や兄弟犬と共に生活して社会性を養います。

 

♦生後2ヶ月~1歳
生後2ヶ月経った子犬は、通称パピーウォーカーと呼ばれるボランティアの一般家庭に

1歳になるまで預けられます。

この時期の目的は人間との社会性を養う事です。

なので子犬は、ただひたすらに愛情を受けて育てられます。
なお「子犬が12週齢前にボランティア家庭に移った」場合犬は、90%の確率で

盲導犬になれます。

しかし「子犬が犬舎に12週齢以上おかれた」場合犬は、30%の確率でしか盲導犬になれません。

これは、「この時期に人間から受ける愛情がいかに重要か?」を示す一例と言えます。

 

♦1歳~2歳

1歳になった子犬は、2歳まで盲導犬になる為に必要な事を訓練します。

訓練を行う場所は、全国に9ヶ所ある盲導犬育成協会です。

因みに訓練の内容は、以下の通りです。

 

◊服従訓練

これは、人間と生活する上で必要となる基本的な動作(お座り等)を訓練する物です。

指示語(しじご)を日本語を覚えさせた場合女性言葉や方言による微妙な差異が出て犬の混乱の

原因になります。

なので指示語は英語で統一されます。
◊誘導訓練

これは、道路の端を歩く等人を目的地まで導く為に必要な事を訓練する物です。
◊目隠しテスト

これは、「訓練者が目隠しをして実際に犬を使う」事で仕事の予行演習をする物です。
◊共同訓練

これは、「実際に目の不自由な方が犬を使う」事で犬の適性を見極めるという物です。

この訓練は、4~6週間します。

この訓練を通して 視覚障害者の方は、盲導犬の使い方や世話の仕方をはじめ盲導犬に関する必要な

知識を身につけます。

またこの時期は、「盲導犬と視覚障害者がお互いを理解し合う」重要な期間です。

 

♦2歳~10歳
共同訓練を終了すると視覚障害者は自宅に盲導犬を連れて行き共同生活を始めます。

これが、盲導犬としてのひとり立ちです。
♦10歳
盲導犬の引退に年齢制限はありません。

しかし10歳くらいになると目を始め老化する部分が多くなってきます。

なのでおおよそこの位の年齢で引退する盲導犬が多いです。
引退後盲導犬は普通の愛玩犬(あいがんけん=ペット)として引き取られたり

リタイア犬ボランティア(引退した盲導犬を専門に受け入れるボランティア家庭)の元に

引き取られます。

 

みなさんはこの記事の内容を知っていましたか?

次回は、聴導犬等について書こうと思います。

 

タグ : 

トイプードル

犬の嗅覚を活かした仕事は?

読了までの目安時間:約 4分


 

 

今まで犬の鼻について書いて来ました。

皆さんは、犬の嗅覚を活かした仕事として

警察犬を知っていると思います。

しかし警察犬以外にも犬の嗅覚を活かした

仕事が、あるんです。

今回は、そんな犬の嗅覚を活かした仕事について

書こうと思います。

犬の嗅覚を活かした仕事は?

犬の嗅覚を活かした仕事は、次の通りです。

遺体探知犬・警察犬・警備犬・検疫探知犬・考古学犬・害獣駆除犬・

災害救助犬・シロアリ探知犬・地雷探知犬・銃器探知犬・トコジラミ探知犬・

トリュフ探知犬・DVD探知犬・ハブ探知犬・放火探知犬・爆発物探知犬・

病気探知犬・麻薬探知犬

遺体探知犬とは?

遺体探知犬は、主に人間の遺体を発見する様に訓練された犬でアメリカで活躍しています。
この犬は、天災による被災地や殺人事件の現場等で遺体を発見する際に動員されます。
またこの犬は「水から立ちのぼる匂いを追跡する事が可能である」事から溺死者や水底に
沈んだ遺体を見つけ出す際に役立っています。

警察犬とは?

警察犬は、パトロールや容疑者の監視・護送や足跡追及活動や臭気選別活動や捜索活動をします。
現在活躍している警察犬に直轄犬と嘱託犬が、います。

直轄犬は、警視庁と各県警管轄の下で訓練管理されている警察犬です。

嘱託犬は、各県警で毎年実施している嘱託犬採用試験に合格した犬です。

直轄犬と嘱託犬は1:10の割合です。

 

「訓練所の設備や飼育管理費や担当者である警察官の人件費等の財政上の問題がある」

からです。

なお「日本警察犬協会が警察犬に適している」と指定している犬種は以下です。
♦ジャーマン シェパード
♦ゴールデン レトリバー
♦ラブラドール レトリバー
♦ドーベルマン
♦コリー
♦エアデール テリア
♦ボクサー

 

また民間の嘱託警察犬の中に指定犬種以外の犬種がわずかながらいて次の通りです。
♦ミニチュアシュナウザー
♦チワワ
♦柴犬
♦トイプードル
♦ジャックラッセルテリア

 

自分の愛犬を嘱託犬にする為に一番スタンダードな方法は、各地にある警察犬の

訓練学校に入学させる事です。
因みに初等及び中等訓練までは警察犬として特別なことをする訳ではなくこの段階で

しっかりとした基礎を教えこんでそこをクリアしてから改めて警察犬になる為の

高等訓練へと進んでいきます。

初等訓練の内容は、おすわり等の基本的な内容です。

中等訓練の内容は、リーダーウォーク等です。

高等訓練の内容は、臭気選別(しゅうきせんべつ)等です。

これらの訓練を受けた後に試験を受けて合格した犬が、警察犬として働きます。

これらの期間は、約18ヶ月です。

警察犬になれる年齢は、2歳から10歳です。

警察犬の任期は、1年です。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

私は、遺体探知犬について初めて知りました。

また私は、警察犬について漠然としか知らなかったので知れて良かったです。

次回は、犬の嗅覚を生かした仕事である警備犬等について詳しく書こうと思います。

 

タグ :                   

トイプードル