yuki

犬の耳の内部構造は?役割は何?

読了までの目安時間:約 4分


 

 

 

前回は、犬の耳の形について書きました。

今回は、犬の耳の構造について書こうと思います。

皆さんは犬の耳の構造についてどのくらい知っていますか?

 

犬の耳の内部構造は?役割は何?

犬の耳の構造は、外耳・中耳・内耳という構成です。
また犬の耳は、ごみや虫の侵入を防ぐ為に耳の中に毛を生やしています。

 

・外耳

外耳は、体の表面についていて目に見える部分で耳介(じかい)と

呼ばれる耳のひらひら部分や外耳道(がいじどう)と呼ばれる音の

通り道や耳介筋(じかいきん)と呼ばれる耳介を動かす部分から

成り立っています。

 

犬の耳介は、耳介軟骨を含んでいます。

この形状によって犬の耳の形が大きく変化します。

また特定の犬種において断耳といって人為的に耳介軟骨を切り落とし

耳を立たせるという慣習があります。

しかし近年は動物愛護の観点から欧米の多くの国で禁止される様になって

来ました。

 

犬の外耳道は、音(振動した空気)の通り道で垂直部と水平部に分かれていて

両者の間に屈曲部と呼ばれる部分を含んでいて簡単に言うとL字型になっています。

耳道の突き当たりに鼓膜があります。

その為私達は、直接鼓膜を目視出来ません。

「ここに炎症が起きた」状態が、外耳炎です。

 

・中耳

中耳は、鼓膜(こまく)と呼ばれる音を捉える為の器官や中耳腔(ちゅうじくう)と

呼ばれる鼓膜の奥の空洞状になっている部分や耳小骨(じしょうこつ)と呼ばれる

鼓膜に伝わった空気の振動を増幅して内耳に伝える働きを持つ部分や耳管(じかん)と

呼ばれる中耳腔から伸びて鼻腔や咽頭に繋がっている管から成り立っています。

 

鼓膜は、大きな音の衝撃に耐えられる様に少し窪んだ形をしています。

鼓膜の外耳道側は皮膚と同じ構造をしています。

鼓膜の内側は粘膜で覆われた構造をしています。

 

中耳腔は、別名で鼓室(こしつ)と呼ばれます。

「ここに炎症が起こった」状態が中耳炎です。

 

耳小骨は、槌骨(つちこつ)・砧骨(きぬたこつ)・鐙骨(あぶみこつ)の3つからなる

小さい骨です。

槌骨は、鼓膜の振動を直接受け止めます。

砧骨は、槌骨からの振動を受け止める働きをする。

鐙骨は、槌骨からの振動を内耳に伝えます。

 

・内耳

内耳は、前庭窓(ぜんていそう)と呼ばれる鼓膜の振動を内リンパの振動に変える部分と

蝸牛管(かぎゅうかん)と呼ばれる前庭窓からの振動を中枢神経に伝える部分と骨半規管

(こつはんきかん)と呼ばれる複雑な形の側頭骨の腔で構成されています。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

私は、この記事作成を通して初めて知りました。

次回は、犬の聴覚について書こうと思います。

 

タグ :                        

トイプードル

断耳に対する色々な国の対応は?

読了までの目安時間:約 4分


 

 

 

前回は、「断耳がいつ頃どの様に行われるか?」や

断耳のメリットとデメリットについて書きました。

今回は、断耳に対する色々な国の対応は次の通りです。

断耳に対する色々な国の対応は?

断耳に対する反対の姿勢は、ヨーロッパ > アメリカ > カナダ > 日本です。

 

♦ヨーロッパ

ヨーロッパ諸国の断耳に対する対応は、断尾に対する対応と同じです。

 

♦アメリカ

アメリカの断耳に対する対応は、断尾に対する対応と同じです。

 

♦カナダ

カナダ国内における犬種標準を監督するカナディアンケンネルクラブ(Canadian Kennel

Club)は断耳に対して容認の姿勢を示しています。

しかし、動物愛護の観点から断耳を禁止しようとする州があります。

例えば、アトランティック・カナダと呼ばれるカナダ東部4州(ニューブランズウィック州や

プリンスエドワードアイランド州やノバ・スコシア州やニューファンドランド・ラブラドール州や

ブリティッシュコロンビア州やアルバータ州がすでに断耳を条例で禁じています。

さらに、2012年2月10日に西部の州として初めてマニトバ州の獣医師協会が断耳を禁止すると

発表しました。

同協会は声明で「こうした整形手術はイヌ科の動物に不必要で医学的なメリットの無い痛みや

ストレスを与える」と非難しています。

 

♦日本

日本の断耳に対する対応は、断尾に対する対応と同じです。

また2012年11月に、一般社団法人日本小動物獣医師会に在籍する獣医師3,878人に対して美容を

目的とした断尾断耳の実施状況についてアンケート調査が行われました。

その結果回答率は9.2%(357人)でした。

その中で断耳を実施している人が42人(11.8%)でした。

またその中で実施していない人が315人(88.2%)でした。

そして実施している獣医師にその理由を尋ねたら以下の様な回答が得られました。

・繁殖者や飼い主の依頼(43.8%)
・断耳が犬種標準の一環で必要である(37.5%)
・健康管理の為に断耳が必要である(6.3%)
・その他(12.5%)
「断耳が犬種標準の一環で必要である」の中に「犬種図鑑に載っているスタイルと同じスタイルに

しないと売れ行きが悪くなる」という意味合いが含まれています。

「健康管理の為に断耳が必要である」が一体何を意味しているのか不明です。

これは、おそらく耳の中で蒸れて外耳炎を起こしやすいや耳ダニの繁殖という状況を想定しています。

その他の中に単純に儲かるや新規顧客を獲得するきっかけになるといった項目が含まれています。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

私は、この記事作成を通して断耳について再度考えさせられました。

皆さんもこの記事を通して断耳について再度考えてみて下さい。

次回は、声帯切除について書こうと思います。

 

タグ :    

トイプードル

断耳はいつ頃どの様に行われるの?断耳のメリットとデメリットは?

読了までの目安時間:約 3分


前回は、断耳の目的や断耳される犬種について書きました。

今回は、断耳の方法や断耳のメリットとデメリットについて

書こうと思います。

断耳はいつ頃どの様に行われるの?

断耳は、別名で美容耳形成術(cosmetic otoplasty)と呼ばれます。

これは、7~12週齢の頃に全身麻酔をかけた上で耳介の2/3以上を

切り取り切断縁を縫い込んだり医療用粘着液で糊付けしたりして「耳が

ぴんと立つ」まで金属製の副木等と共に包帯で固定する事で行われます。

「包帯が取れる」までに3週間~8週間は掛かります。

また手術後の出血や痛みのコントロールをする為に最低一日以上の入院が、

必要です。

そして感染症を防ぐ為に手術後の数週間は、1日数回消毒しなければなりません。
耳の立ちに関してピットブルやシュナウザー種等最初から小さな耳を持っている

犬種の方が、ドーベルマンやボクサーやグレートデン等より早く完了します。

しかし全ての犬において立ち耳が成功するわけではありません。

失敗した場合は、再手術を施します。

更に14週齢を過ぎてから行うと犬の知覚発達により過剰な痛みを与えてしまう事や

「軟骨の成長により耳の整形が難しい」事等から断耳は、避けられます。

断耳のメリットとデメリットは?

 

♦メリット

・犬が犬種標準(スタンダ-ド)に近付く。
・長い耳を気にして自分の耳を引っ掻いて傷つけてしまう事が防げる。

 

♦デメリット

・循環器(心臓)や呼吸器や肝機能や腎機能の障害を患ったりショック症状や精神症状や

 (不安症や躁鬱病等)血圧の極端な低下や心停止を起こすという麻酔の副作用がある。
・「麻酔が切れた」後の痛みが数週間に渡ってある。
・傷口から犬が菌等に感染する。
・傷口の瘢痕化(はんこんか)が起こる。(犬が傷口を引っ掻いて傷口をごわごわにする)
・トラウマが形成される。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

私は、この記事作りを通して断耳について考えさせられました。

皆さんもこの記事を通して断耳について考えてみて下さい。

次回は、断耳に対する色々な国の対応について書こうと思います。

 

タグ :      

トイプードル

断耳の目的は?断耳される犬種は?

読了までの目安時間:約 4分


 

 

皆さんは、耳の無い犬を良く見掛けると思います。
しかし犬は、本来耳を持っています。
「人間が断耳(だんじ)をする」事で耳の無い犬が
生まれます。
今日は、そんな断耳の事について色々書こうと思います。

断耳の目的は?

断耳の目的は、過去と現在で違います。

過去の断耳の目的は、「狩猟犬や牧畜犬と熊や狼等の外敵が争った」時に「犬が噛み付かれて

致命傷を負わない様にする」事でした。

また「犬同士が争う」見世物である闘犬用の犬や「犬と熊が戦う」見世物である

ベア・ベイティング用の犬や「犬と牛が戦う」見世物であるブル・ベイティング用の犬等は、

同じ理由で断耳の対象となっていました。

当時の断耳は、6週齢くらいの子犬によく研いだ刃物でキツネの様に先のとがった形状に

したりクマの様に丸みを帯びた形状に整形したりして行いました。

あるいは、生まれたての頃に耳を手でねじり切るという荒っぽい方法もありました。

この場合頭部に耳がまったく残りませんでした。

耳の穴がじかに観察出来る様な状態になりました。
因みに断耳は、1678年にフランスのジャン・ド・ラ・フォンテーンによって著された

Fablesの中において文献に登場しました。

なので歴史の古さがうかがえます。

現在の断耳の目的は、犬を犬種標準に合わせる事です。

現在でも犬種によっては、惰性的(だせいてき)に断耳を行います。

一部の人は、断耳する事で感染症を予防したり犬の聴覚を高めると主張しています。

しかしこの主張に明確な統計や医学的な根拠はありません。

また一部のブリーダーは「断尾や断耳はその犬種の完全性と美しさを実現する為に

必要である」という考え方を信奉しています。

しかし2016年に行われた調査で「断耳した犬が高い攻撃性と支配性を持ち遊び好きでなく

魅力に乏しい」と評価される可能性が、高いと指摘されました。

またこの調査で「断尾や断耳を施された犬の飼い主は攻撃的で人としての温かみを持っておらず

ナルシストである」と評価される傾向がありました。

つまり完全性や美しさの為に行っているはずの断耳手術が、逆に犬の魅力を引き下げています。

断耳される犬種は?

断耳される犬種は次の通りです。

・ミニチュアシュナウザー(Miniature Schnauzer)

・スタンダードシュナウザー(Standard Schnauzer)

・ジャイアントシュナウザー(Giant Schnauzer)

・ミニチュアピンシャー(Miniature Pinscher)

・ドーベルマン(Doberman)

・グレートデーン(Great Dane)

・ボクサー(Boxer)

・ブービエデフランダース(Bouvier Des Flandres)

・アーフェンピンシャー(Affenpinscher)

・マンチェスターテリア(Manchester Terrier)

・ボストンテリア(Boston Terrier)

・ブリュッセルグリフォン(Brussels Griffon)

・ナポリタンマスティフ(Neapolitan Mastiff)

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

私は、この記事の内容について初めて知りました。

次回も断耳についてもう少し詳しく書こうと思います。

 

タグ :      

トイプードル

整形手術って犬もするの?犬の整形手術の賛否意見は?

読了までの目安時間:約 6分


 

 

皆さんは、「犬の整形手術に何があるか?」知っていますか?

今回は、「犬の整形手術に何があるか?」とその賛否意見

について書こうと思います。

犬の整形手術に何があるの?

犬の整形手術に断尾(だんび)や断耳(だんじ)や声帯切除や

狼爪(ろうそう)切除や犬歯(いぬば)切断が、あります。

断尾は、犬のしっぽを根元もしくは中間部から切り落として短くする事です。

断耳は、犬の耳を大部分にわたって切除する事です。

狼爪切除は、犬の前足及び後足の内側に生えている地面と接触しない指である

狼爪を切り落とす事です。

一般的に前足の狼爪は、骨格と筋肉や神経や血管等を有する他の指と

同様の構造をしています。

また一般的に後足の狼爪は、骨格を持たず何らかの結合組織で

ぶら下がっているだけの状態だったり犬種によって退化して

生まれ付き無かったりします。

犬歯切断は、犬に生えている上下2本ずつ計4本ある牙である犬歯の先端を

切り取る事です。

 

犬の整形手術に賛成する人と反対する人の意見は?

「犬は未熟な状態で生まれると痛みを感じない」という観点での意見は

次の通りです。

 

・犬の整形手術に賛成する人の意見

犬は、晩成性(ばんせいせい, altricial)という「母親がいなければ

生きていけない」様な非常に未熟な状態で生まれる動物です。

こうした晩成性の動物の神経系統は未熟な状態です。

だから生後数日間は痛みを感じません。

なので犬の整形手術は、して大丈夫です。

 

・犬の整形手術に反対する人の意見

晩成性動物の神経系統は、未熟です。

しかしそれは、「神経線維を包み刺激の伝達を早めるミエリン(髄鞘,ずいしょう)

と呼ばれる構造が不完全である」というだけです。

それにより刺激の伝達は遅いです。

しかし痛み自体は脳に伝わっています。

逆に成犬に備わっている痛み抑制系の神経作用が子犬にありません。

なので子犬は成犬より強い痛みを感じている可能性すらあります。
もし「晩成性動物が痛みを感じない」のであれば子犬と同じ様に未熟な状態で

生まれる人間の赤ん坊は、痛みを感じないはずです。

しかし実際に「赤ん坊が痛みを感じない」等という事実はありません。

新生児はわずかな刺激に対しても痛みのリアクションを示します。

なので犬の整形手術は、してはなりません。

 

「整形手術して無反応な子犬は無感覚である」という観点での意見は次の通りです。

 

・犬の整形手術に賛成する人の意見

整形手術して全く無反応な子犬がいます。

そしてキャーキャー泣かない子や寝ている間に断尾したら目を

覚まさない子がいます。

これは、「子犬は痛みを感じていない」証拠です。

なので犬の整形手術は、して大丈夫です。

 

・犬の整形手術に反対する人の意見

動物は、えてしてストイックな側面を持っていて痛みを極限まで我慢します。

これは、泣き叫んだり怪我をしている姿を外敵に見られると捕食されてしまう

かもしれないという危険性を本能的に察知しているからです。

なので「断尾に対して子犬がリアクションを見せない」事は、「必ずしも子犬が

痛みを感じていない」事を意味していません。
断尾されたドーベルマンやロットワイラーやブービエデフランダースの子犬50匹による

観察で断尾後の反復的金切り声やそわそわした動きや長時間のくんくんという泣き声が

観察されました。

これらは、生後間もない子犬といえども痛みを感じているという証拠です。

なので犬の整形手術は、してはなりません。

 

「整形手術後すぐにお乳を吸う子犬は無痛の証拠である」という観点での意見は次の通りです。

 

・犬の整形手術に賛成する人の意見

子犬を断尾した後に母犬に戻すと子犬は、何事もなかったかの様に

すぐお乳を吸い始める。

これは、「自分のしっぽが切られた」事をすっかり忘れ去っているみたいです。

これは、「子犬が痛みを感じていない」証拠です。

なので犬の整形手術は、して大丈夫です。

 

・犬の整形手術に反対する人の意見

「断尾後に子犬が母犬のお乳を吸う」理由は、痛みを緩和する為です。

お乳を吸うと脳内からエンドルフィンという痛みを緩和する脳内物質が放出されます。

「断尾後子犬が母犬のお乳を吸う」理由は、「子犬が痛みを忘れた」からではなく

あくまでも「子犬が痛みをやわらげたい」からです。

なので犬の整形手術は、してはなりません。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

私は、声帯切除を知っているもののそれ以外を知りませんでした。

私は、犬の整形手術に関する賛否意見について初めて知り犬の整形手術の賛否について

考えさせられました。

皆さんもこの記事を参考にして犬の整形手術について考えてみて下さい。

次回は、犬の整形手術の中の断尾について詳しく書こうと思います。

 

タグ :     

トイプードル