yuki

戌の日の祝いとは?腹帯の効果は?どうやって祝うの?

読了までの目安時間:約 4分


 

 

 

 

前回は、犬に関する都市伝説をその出所と一緒に紹介しました。

今回は、戌の日の祝いについて書こうと思います。

 

戌の日の祝いとは?なぜ行われるの?その起源は?

戌の日の祝いは、別名で帯祝い(おびいわい)と言います。

これは、「妊娠五ヶ月目に入った妊婦さんが腹帯(はらおび)を

締めて出産の無事を祈る」儀式の事です。

「十二支の中から戌が選ばれた」理由は、

「犬は多産である」のに対して「お産が軽い」事にあやかっています。

腹帯を巻く風習の起源は定かではありません。

古くは、奈良時代の歴史書である古事記(こじき)に

「神功皇后(じんぐうこうごう)が今でいう朝鮮半島である三韓(さんかん)

征伐の時に仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)の第4皇子である応神天皇

(おうじんてんのう)を身ごもっていた為に帯に石をはさんで巻き付けた」

という記述が見られます。

「こうした言い伝えが形を変え今日の腹帯に繋がったのではないか?」

とする説が有力です。

 

腹帯の効果は?別名は?誰がどうやって贈るの?

現代における医学的な見地から妊婦のおなかを保温して胎児の位置を安定させて

発育を助ける事やお腹の中から背骨を外に押し返す力である腹圧を高める事で

腰の過度な反りを軽減して腰痛を始めとする体の負担を失くすという効果が

腹帯に期待出来ます。

腹帯は、岩の様に丈夫な赤ちゃんを授かりたいという願いを込めて別名で岩田帯

(いわたおび)と呼ばれます。

通常妊婦の実家が腹帯を用意します。

しかし最近「妊婦が腹帯を事前に自分で購入したり神社で購入する」という

パターンがあります。

親から娘へ腹帯を贈る場合は、祝いの帯と記して奉書紙(ほうしょがみ)で儀式用である

紅白の絹2筋と生活用である白のさらし木綿1筋を包み進物(しんもつ)用の包み紙等を

結ぶ細い紐である蝶結びの水引(みずひき)をかけて贈ります。

これが、正式なやり方です。

しかし最近では、形式にとらわれず木綿の腹帯や伸縮性のあるマタニティーガードル等を

贈る様です。

腹帯は、昔からあるさらしタイプの他に最近ガードルタイプやコルセットタイプ等の

「着脱が簡単である」物も出回っています。

 

戌の日の祝いはどうやって祝うの?神社に連絡は必要なの?

「親族が集まり腹帯をした妊婦と共に安産祈願の神社に出向き安産を祈る」事が戌の日の

祝いの一般的な形です。

安産祈願で有名な神社の場合は飛び込みでも受け付けてくれるかもしれません。

しかし近所の小さな神社に行く場合は、「予約が必要となる」かもしれません。

いずれにしても戌の日の祝いで神社に行く時は、事前に電話等で確認しておくと無難です。

なお有名な神社は、「休日・戌の日・大安が混む傾向にある」ので要注意です。

 

初穂料って何?目安は?

神社に対するお礼は、初穂料(はつほりょう)と言います。

戌の日の祝いについて神社に問い合わせる際は、合わせて初穂料の金額を確認しておくと楽です。

初穂料の目安は5,000円くらいです。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

次回も引き続き戌の日の祝いに関する事について書こうと思います。

 

タグ :

トイプードル