yuki

狼爪(ろうそう)って何?切除対象の犬種や目的は?

読了までの目安時間:約 3分


皆さんは、狼爪(ろうそう)について知っていますか?

狼爪は、犬の足に痕跡的についていて犬の前足及び

後足の内側に生えていて地面と接触しない指第一指(親指)

の事です。

一般的に前足の狼爪は、骨格と筋肉または神経や血管等を

有する他の指と同様の構造をしています。

後足の狼爪は、骨格を持たず何らかの結合組織で

ぶら下がっているだけの状態です。

更に狼爪は、ボクサーの後足の様に犬種によって退化して

生まれ付き無い場合すらあります。

今回は、そんな狼爪の切除について書こうと思います。

狼爪切除の目的は?

狼爪切除の目的は、医学的な目的と美容目的の2種類です。

 

・医学的な目的とは?

 狼爪は、放置しておくと伸びた爪で体の一部を引っかいたり

 爪を絨毯等に引っ掛けて裂けてしまいます。

 そうすると犬が、怪我をしてしまいます。

 そして「犬が成長してからこういう怪我を負う」場合

 治るまでに長い期間がかかり犬に無用な苦痛を与えてしまいます。

 なので「犬が狼爪に怪我を負わない様に子犬の頃にあらかじめ

 狼爪を切除する」事が医学的な目的です。

 

・美容目的とは?

狼爪切除の美容目的は、犬の容姿を犬種標準(スタンダード)に合わせる事です。

狼爪切除すべき犬種とすべきでない犬種とどちらでも良い犬種は?

♦狼爪切除すべき犬種

パグ・ボーダーコリー・ミニチュアダックスフント・ジャーマンシェパード・

シベリアンハスキー・シェットランドシープドッグ・ヨークシャーテリア・

ミニチュアピンシャー・ウェルシュコーギーペンブローク・ウェルシュコーギーカーディガン

 

♦狼爪切除すべきでない犬種

ブリアード・グレートピレニーズ

 

♦狼爪切除してもしなくても良い犬種

トイプードル・パピヨン・ポメラニアン・チワワ・フレンチブルドッグ・ゴールデンレトリバー・

狆(ちん)・柴犬・シーズー・ウエストハイランドホワイトテリア・ダルメシアン・

イタリアングレーハウンド

狼爪切除はどの様に行われるの?

犬の狼爪切除は、一般的に生後2~5日の子犬に対して麻酔なしで行われます。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

私は、この記事の内容を初めて知りました。

次回は、狼爪切除に対する各国の対応について書こうと思います。

 

タグ :                      

トイプードル

犬の怪我や事故をした時の対応・応急処置の方法は?

読了までの目安時間:約 21分


皆さんは、犬の主な事故や怪我をどのくらい知っていますか?

皆さんは、「犬が事故に遭ったり怪我をした」時の応急処置を

どうすれば良いか知っていますか?

そこで今回は、犬の事故や怪我について書こうと思います。

犬の主な事故は?

交通事故・水難事故・火災事故・落雷事故

咬傷事故・熱中症・有毒生物に刺される

誤飲・誤食・転倒・落下

犬の主な怪我は?

心肺停止・捻挫・脱臼・骨折・出血・火傷・雷撃傷・凍傷

内臓破裂・突き指

心肺停止になっている犬の応急処置は?

心肺停止になっている犬の応急処置は、心肺蘇生です。

 

心肺蘇生は、「呼吸や心臓が完全に止まってしまったか

それに近い状態にある」動物や人に対して意識の確認や

気道確保や人工呼吸や心臓マッサージ等の救急救命処置を

施す事です。

 

犬が倒れてぐったりしていたら私達は、まず心肺機能

すなわち呼吸と心拍の有無を確認しなければなりません。

私達は、犬の右側を下に左側を上にして寝かせて犬の背中側に
位置取りします。

このポジションが、心肺蘇生術の基本体勢となります。

 

またこの時に私達は、周囲の人に頼んで車を手配して

貰わなければなりません。

もし「協力者が見つからない」場合は、自分で最寄の動物病院へ

運ぶ事になります。

 

最寄の動物病院の位置は、携帯端末等に保存しておくと便利です。

 

呼吸の確認方法は、次の通りです。

・胸に手を当てて上下動しているか
・口元に耳を近づけて呼吸音が聞こえるか
・口元に手を当てて呼気を感じることができるか

 

犬の心拍は、犬の左ひじと胸の接触部や太ももの内側や前足もしくは後ろ足の

親指付近や前足を持ちひじを胸に向かって引き寄せて接触した部分である心臓や

前足もしくは後ろ足もしくはふとももの動脈で確認します。

 

「犬の呼吸と心拍が止まっている」場合、次に犬の気道確保を

しなければなりません。

その時は、犬の口をあけて犬の舌を前方に引っ張り出します。

「舌の表面がつるつるすべる」場合は、服の端やハンカチ等を沿えてつかみます。

犬の口をあけて犬の舌を前方に引っ張り出す際に口の中を覗き込んで異物が、

入っていないかどうかを確認して首をまっすぐにして気管に空気が通りやすい状態に

します。

もし異物を見つけた場合は、指でつまんで取り除きます。

 

そして必要であれば、人工呼吸をしなければなりません。

その時は、犬の背中側に位置を取って右手(もしくは両手)で犬の下あごをつかんで

口と肺を結ぶ気道を一時的に遮断し犬の鼻先を口にくわえて4~5回の早めの人工呼吸を

行います。

この時に鼻の上に伸びた鼻筋部分(マズル)を強く押してしまうと鼻から空気が、

うまく肺へ届きません。

ちょうど風船を膨らませるイメージで犬の肺が、しっかり膨らむ事を確認しましょう。

事前の練習で慣れている様な場合は、右手で犬の口を塞ぎ左手を犬の胸にあてた状態で

行います。

 

この体勢のメリットは、「呼気が確実に肺に届いているかどうか」を胸に当てた左手で

確認出来るという点です。

 

人工呼吸を犬にした後は、もう一度犬の呼吸と心拍の確認を行います。

 

「犬が蘇生していない」場合は、心臓マッサージを施します。

 

左前足のひじを胸元に引き寄せて接触した部分がおおまかな心臓の位置です。

位置を確認したら、指を絡めて肘を張り10秒間で15回を目安にマッサージを加えます。

 

大型犬の場合は、5~6センチくらい「胸が沈む」程度の強さで心臓マッサージを行います。

小型犬の場合は、3~4センチくらい「胸が沈む」程度の強さで心臓マッサージを行います。

 

「圧力が弱すぎる」場合効果が出ません。

「圧力が強すぎる」場合肋骨が骨折してしまいます。

なので事前の練習が必要です。
「心臓マッサージが終わった」後は、もう一度犬の鼻先から息を吹き込みます。

その際は、「胸が膨らんでいる」事つまり「しっかりと息が肺に吹き込まれている」事を

確認して「犬が蘇生したかどうか」を確認します。

 

最初の心臓マッサージを施したにかかわらず犬が蘇生しなかったら心臓マッサージ(15回)と

人工呼吸(1~2回)をワンセットとして5~20分程度続けて3セット毎に蘇生確認

(呼吸と脈拍の確認)をしましょう。

 

一般的に「脳へ酸素供給が5分断たれる」と脳に重大な後遺症が、残ってしまうと

言われています。

なのでぐったりしている犬を発見後の迅速な行動が、キーポイントとなります。

捻挫している犬の応急処置は?

捻挫(sprain)は、関節を無理に曲げる事で関節をつないでいる靭帯(ligament)を

許容範囲以上に引き伸ばしてしまう状態の事です。

 

引き伸ばされた靭帯は、顕微鏡的~肉眼的なレベルで損傷を受けます。

その部位に炎症細胞が、引き寄せられます。

炎症細胞は、体にとっていらなくなった損傷部位を掃除する為に様々な化学物質を

放出します。

 

この物質が、周囲にある神経に作用していわゆる炎症を引き起こします。

 

炎症は、痛みや腫脹(はれ)や発赤や発熱を4大特徴とする生体反応の一種です。

 

捻挫した部分は、必ずと言って良い程炎症を起こします。

捻挫の重症度は、「靭帯がどの程度破壊されたか」によって以下の3段階に分ける事を

一般的とします。

 

I度は、軽度捻挫の事です。

これは、「靭帯の繊維が細かく引き裂かれた」状態を指します。

 

II度は、部分断裂の事です。

これは、「靭帯の一部がちぎれた」状態を指します。

 

III度は、完全断裂の事です。

これは、「靭帯が真っ二つに切れた」状態を指します。

 

II度からIII度の捻挫において「関節が極端に曲げられる」為に脱臼や骨折を伴う事が、

しばしばです。

 

捻挫している犬の応急処置は、RICEです。

 

これは、RestとIcingとCompressionとElevationの略です。

 

Restは、患部を動かさない様にする事です。

Icingは、患部を冷却する事です。

Compressionは、患部を圧迫して血液量を減らす事です。

Elevationは、患部を心臓より高い所に持ち上げて血液量を減らす事です。

 

通常無理な運動をしなければ、3日程度で回復の兆しを見せるはずです。

しかし「なかなか痛みが引かなかった」り「犬が足を引きずっている」場合は、

獣医さんの元へ連れて行きます。
特に犬の場合加齢や肥満等を原因として膝の中をクロスする様に補強している

十字靭帯の内前十字靭帯が、断裂してしまいます。

脱臼している犬の応急処置は?

脱臼(dislocation)は、「骨が関節から外れてしまっている」状態です。

関節は、「二つの骨が筋肉や靭帯につながれる」形で構成されています。

脱臼は、「何らかの理由でどちらか一方の骨が本来の位置からずれてしまう」事で

発生します。

 

「二つの骨が完全にずれている・関節面が接触していない」状態が、脱臼です。

「ずれているものの関節面が部分的に接触している」状態が、亜脱臼です。

 

脱臼している犬の応急処置は、整復です。

整復は、脱臼している関節を元の状態に戻す事で基本的に獣医さんに任せます。

軽度の物であれば、その場で整復します。

重度の物であれば、「痛みが強い・犬が暴れてしまう」という観点から

通常全身麻酔をかけて行います。

骨折している犬の応急処置は?

骨折(fracture)は、「骨が損傷を受けている」状態を表す広い概念です。
骨折の種類は極めて多彩です。

 

代表的な物は、「骨に繰り返し弱い力が加わって生じる」疲労骨折や「骨にひびが

入った」状態である亀裂骨折や「骨に付着している筋肉や靭帯が強い力で引っ張られる

時に生じる」剥離骨折や「骨が強い力で押しつぶされて生じる」圧迫骨折や

「折れてしまった骨が皮膚を突き破って外に飛び出している」開放骨折や「未成熟の犬が

成長期に発症する」成長板骨折等です。

 

骨折している犬の応急処置は、骨折部の副木固定です。

 

「犬が骨折をしている」場合犬は、患部に触られる事を嫌がり普段の様子から

考えられない攻撃性を見せると十分考えられます。

 

「犬が興奮状態でどうしようもない」場合は、見送ります。

 

何とか体を触らせてくれる様な雰囲気の場合は、板やボール紙等に綿を巻いた簡易の副木を

骨折部に最も近い関節に当ててきつくなりすぎない様に患部の副木固定を行います。
この時は、きつくしすぎると血流を留めてしまいます。

またそれ以前にそうすると犬が、痛がります。

出血している犬の応急処置は?

出血している犬の応急処置は、出血箇所を見つけて止血する事です。

 

出血箇所を見つける時に毛で覆われて分かりにくい事が、あります。

なので出血箇所を見つける時は、毛をかき分けながらよく探します。

場合によっては、周辺の被毛をカットして傷を見つけます。

この段階でかすり傷程度なのかどうかを犬の応急処置をしている人は、

ある程度判断します。

 

軽度の場合はガーゼを当てて止血します。

血が止まったら、特に足の場合「傷口が開かない」様に包帯を巻きます。

包帯は、「犬が自分で取ってしまわない」様にややきつめに巻きます。

場合によっては、エリザベスカラー等を用いて「犬の口が患部に届かない」様に物理的に

遮断してしまいます。
「鮮紅色の動脈血がどくどくと拍動に合わせて流れている」時は、傷口より心臓に近い部分に

固く包帯を巻いて止血します。

 

また「暗紅色の静脈血がだらだらと流れている」時は、傷口そのものを包帯できつく巻いて

止血します。

火傷している犬の応急処置は?

火傷している犬の応急処置は、患部を見つけて冷やす事と感染対策です。

 

「犬の皮膚は被毛で覆われている」為に患部が見えにくいです。

なので火傷している犬の応急処置をしている人は、痛がらない程度によく探します。

 

「皮膚がやや赤くなっている・毛がわずかに抜けている」程度である場合応急処置は、

人間の場合と同様に火傷している部位を氷水で冷やして炎症の激化を防ぎます。

「組織の壊死や欠損が生じている」様な重症例において皮膚による防御機能が、

失われている状態にある為に感染の危険性を高めます。

 

そこで行う事が、洗浄とデブリードマンです。

 

洗浄は、熱傷部分を水や生理食塩水できれいに洗い流す事で感染の原因となる様な異物や

壊死組織を除去します。

 

デブリードマン(仏:debridement)は、壊死組織を外科的に切除して周辺組織に対する影響を

防ぐ処置の事でメスや剪刀を用いて行われます。

 

その後に免疫力を落とさない為に安静時の2倍程度のエネルギーが供給されて経過観察を

行います。

 

日帰り出来る治療ではない為に通常は入院を必要とします。

雷撃傷のある犬の応急処置は?

雷撃傷のある犬の応急処置は、ブレーカーを落としてコードをコンセントから引き抜き犬の体に

間接的に触ってゆっくりと犬の口を開き舌を出して呼吸しやすい様にする事です。

 

これをする時は、乾いた板や絶縁性の物(プラスチック製品やゴム製品等)で犬の体を

そっと動かして横向きに寝かせます。

 

また雷撃傷のある犬の応急処置をしている人は、感電しない様にゴム手袋等をして下さい。

もし「犬の心臓が止まっている」場合は、心肺蘇生術を試みます。

凍傷のある犬の応急処置は?

凍傷(frostbite)は、「低温によって皮膚の血行が極端に悪化する」事で「細胞や組織が損傷を

受ける」状態の事です。
凍傷はまず「皮膚の表面温度が0℃に近づく」事から始まります。

皮膚温の低下を感じた脳は、患部の血管を収縮させて熱の放散を防ごうとします。

結果として血液の流入量が、減ります。

それにより細胞に対する酸素と栄養の補給が、滞ってしまいます。

これが、組織損傷のメカニズムです。
犬は、被毛に覆われており人間に比べるといくらか寒さに強いです。

しかし長時間寒い屋外に犬を繋ぎっ放しにしたり非常に寒い中犬を強引に散歩に

連れ出したり等すると皮膚温が、0℃に近づき凍傷にかかってしまいます。

皮膚は、上から表皮・真皮・皮下組織という層から成り立っています。

 

「低温がどの深さまで達したか」によって凍傷は、I~IV度に分類されます。

 

・I度

I度は、表皮に限局される凍傷です。

皮膚が、赤くなります。

またジンジンと痛みが、発生します。

しかしこの場合は、数日で回復しいわゆるしもやけに近い状態です。

 

・II度
II度は、真皮にまで到達している凍傷です。

皮膚は、黒っぽく変色しています。

1~2日後に水ぶくれ(水疱)が、形成されます。

1ヶ月程で見た目は、回復します。

しかしまれに皮膚の感覚が、失われます。

 

・III度
III度は、皮下組織にまで到達している凍傷です。

この場合「血管が壊れている」為に酸素や栄養の補給が、絶たれてしまいます。

なので患部は、潰瘍を起こして最終的に壊死してしまいます。

神経は、皮下組織等同様に死んでいます。

なのでこの場合神経は、もはや組織として使い物にならずしばしば患部の切断を

余儀なくされます。

 

・IV度

IV度は、骨にまで到達している凍傷です。

この場合「患部が脱落する」為に患部の感覚が、失われIII度同様に患部の切断を

余儀なくされます。

凍傷のある犬の応急処置は、低体温症を防ぐ為に毛布等で犬の体をくるみ犬を

暖かい部屋へ移動して患部をぬるま湯(人肌程度・40度を超えない程度)で

温める事です。

熱中症になっている犬の応急処置は?

熱中症と紛らわしい表現として高体温症・発熱・熱痙攣・熱疲労・熱射病等が、あります。

これらは、全て別々の意味を持っていて簡略化すると以下の通りです。

 

高体温症は、犬の平熱である37.5~39.2℃(深部体温)を超えている状態で発熱と熱中症の

両方を含む為に熱中症と完全に同義語というわけではありません。

発熱は、「体内に侵入した細菌やウイルスの増殖を抑える為に体が自分の意志で体温を上げる」

状態です。

「体温を下げてしまうと意味がない」ので通常パンティングは、起こりません。

 

熱中症は、「体温調整能力の低下もしくは体温調整能力を超える外気温によって熱が体内に

こもってしまう」状態です。

体温を下げる為にパンティングが、発生します。

 

熱痙攣は、軽度の熱中症であり人間において発汗に伴う水分とナトリウムの喪失によって筋肉の

痙攣を起こします。

 

熱疲労は、中等度の熱中症であり「皮膚や筋肉へ血流量が異常に増える」事で「血液循環が

おかしくなっている」状態であり「体温調整機能が破綻している」状態を指します。

熱射病は、重度の熱中症で「体内に長時間熱がこもった」結果「脳内の体温調整中枢が

破壊されている」状態を指しており「体温は42度を超えている」為に「細胞の壊死(えし)や

タンパク質の変性から全身性炎症反応症候群(SIRS)が起こる」ので多臓器不全を起こして

死に至ります。

 

「熱中症の症状が疑われる」場合は、犬を日陰等の涼しい場所に移動して水を飲ませて犬の体に

水をかけて扇風機やうちわ等で犬の体に風を送り気化熱によって体温を下げます。

氷水は、冷たすぎて血管の収縮を引き起こす為に使わないで下さい。

有毒生物に刺されている犬の応急処置は?

毒を持っている生物は、蜂等羽根を持つ物やムカデ等地面を這う物まで多彩です。

 

有毒生物に刺されている犬の応急処置は、炎症を抑える事です。

 

炎症は、体内に入った異物を除去しようとする血液の反応です。

「ミツバチの針等が体に残っている」場合は、それをピンセットや刺抜き等で抜いてあげて炎症を

軽減する為にその箇所を氷を入れた水袋等で冷やします。

異物を食べたり飲み込んでいる犬の応急処置は?

異物を食べたり飲み込んでいる犬の応急処置は、オキシドール溶液等を用いて犬に下痢等を

催す様に仕向けて異物を犬の体内から取り出す事です。

内臓破裂している犬の応急処置は?

内臓破裂している犬の応急処置は、楽な姿勢で寝かせて嘔吐物で窒息しない様に横向きに

する事です。

突き指している犬の応急処置は?

突き指している犬の応急処置は、氷等で冷やし割りばし等を当て包帯で固定する事です。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

私は、この記事を参考にして何かあったら愛犬の応急処置をしたいと思います。

皆さんもこの記事を参考にして何かあったら愛犬の応急処置をしてあげて下さい。

次回は、「ワクチン」について書こうと思います。

 

タグ :  

トイプードル