yuki

犬はいつどのように家畜化されたの?

読了までの目安時間:約 6分


 

 

前回は「いつどのようにおおかみが犬になったか?」について

書きました。

今回は、「犬はいつどのように家畜化されたか?」について

書こうと思います。

 

犬はいつどのように家畜化されたの?

家畜化とは?

家畜化の定義はあいまいです。

一般的な家畜化の意味は人間と生活を共にする様になる事という意味です。

その中に愛玩の対象になる事等が含まれます。

また家畜化の生物学的な意味は、以下の通りです。

 

・被毛色が薄くなる。

・少ない食料で生き残れるので体が小さくなる。
・「狩猟の必要性が無い」為に脳全体が退化する。

・「狩猟の必要性が無い」為に視覚が退化する。

・「狩猟の必要性が無い」為に聴覚が退化する。

・「獲物に食らいつく必要がない」為に口吻が退化する。
・口吻の短縮に伴って歯が小さくなる。

・口吻の短縮に伴ってストップが出来る。

・口吻の短縮に伴って前頭洞の隆起が起こる。

 

これらは、「発見された遺骨が野生のオオカミの物なのか家畜化されたイヌの物

なのか?」を判別する際の指標となっています。

 

家畜動物の特徴は、現代のオオカミとイヌの違いその物です。

因みに同じ体重の狼の成獣と成犬を比較すると犬の頭部は、狼のそれより

およそ20%小さい様です。

 

犬はいつ家畜化されたの?

現在「およそ1万5千年前にイヌが家畜化され始めた」という説が有力視されています。

その根拠は、「人間の狩猟スタイルの変化時期と犬の家畜化の時期が一致するのでは

ないか?」という説です。

 

中石器時代は、石器時代の中ごろに当る約20,000年前から約9,000年前の時期を指します。

この時期にホモ・サピエンスやネアンデルタール人が共存していました。

この中石器時代を特徴づける物として小さな火打石を用いた道具類があります。

例えば、細石器や漁具や石製の手斧やカヌーや弓等の木製具です。

そしてこの弓矢という飛び道具の登場により狩猟スタイルが劇的に変化したと考えられています。

すなわち鈍器による直接的な打撃で獲物を捕らえるという方法が、弓矢で傷つけた獲物を

追いかけるというスタイルに変わったという事です。

 

この狩猟スタイルの変化に伴い「いち早く獲物を見つけたり傷ついた動物を追い詰めたりする事の

出来る相棒の必要性が高まった」事は、容易に想像出来ます。
つまり「直接打撃から遠隔射撃へ狩猟スタイルが変化した」事により猟犬という物に対する需要が

高まったと考えられます。

これが犬の家畜化を促進したと考えられています。

 

この推論から世界各地で数多く発見されているイヌ科動物の遺骨の中で中石器時代に該当する

物が、「家畜化が始まった」最初の時期のイヌすなわち「ヒトによって最初に家畜化された

イヌであるという公算が高い」という推論が成り立ちます。

 

上記考察を踏まえて現在は「ドイツのオーバーカッセルで発掘された犬の下顎骨が、家畜化された

犬の最古の骨であろう」とされています。

この遺跡は、約1万4千年前の旧石器時代後期から中石器時代前期に相当する物で先述した

猟犬需要説に符合します。
また最古ではないものの約1万2千年前の中石器時代のものとされるイスラエルのマラッハ遺跡で

発見された犬の骨は、有名です。

遺跡内にある住居の入り口で老人の遺骨が発見されました。

この遺体は、右側を下にした屈曲姿勢で横たえられていました。

その左手は、子犬と思われる動物の胸の上に置かれていました。

この動物の骨はジャッカルだとすると「不自然な点がある」為におそらく老人によって

飼いならされていたオオカミもしくは犬であろうとされています。

 

更に約1万2千年前の物とされるイスラエルのハヨニム洞窟遺跡で人間と2頭の成熟した

イヌ科動物の骨が発見されました。

そしてこの骨はE.Tchernovによって犬であると鑑定されました。
加えて近年スウェーデン王立工科大学の生物学者・ピーター・サヴォライネン氏のDNAを

用いた研究により「犬の家畜化は5,400年から1万6,300年前までの間に数百頭のオオカミの

個体を元にして行われた可能性がある」事が指摘されました。

 

犬はどのように家畜化されたの?

「犬がどのように家畜化されたか?」に関する説は、次の通りです。

・「犬が小さい(幼い)」内に人間が犬をてなづけた。

・人懐こい/かわいい個体だけを人間が選んで繁殖した。

・人懐こい個体が自分から人間に近付いて来た。

 

皆さんはこの記事の内容を知っていましたか?

次回は、「犬がどのように多様化したか?」について書こうと思います。

 

タグ : 

トイプードル