yuki

犬の競り市の管理体制と法規制はどうなっているの?

読了までの目安時間:約 4分


 

 

 

 

前回は、犬の卸売りや競り市の現状について書きました。

今回は、引き続き犬の競り市について書こうと思います。

 

犬の競り市の管理体制はどうなっているの?

犬のせり市の管理体制は、以下の様になっています。

「オークション業者がブリーダーの全数実態調査をして

悪質なパピーミルや繁殖屋を排除する」という事は、

現時点で行われていません。

 

つまり動物取扱業の登録をして入会金さえ払ったら

良心的なブリーダーと悪徳パピーミルの境目が

失くなってしまうという事です。

 

結果として病気の有無より在庫(子犬)を売り捌く事に

重きを置いた低質な繁殖業者が入り込む余地を生んでいます。

 

オークション会場に運ばれてきた子犬や子猫は

鑑定士と呼ばれる人によって目視チェックをされます。

しかしこの鑑定士と呼ばれる人達はほとんどの場合獣医師ではありません。

また極めて短時間で行う為「病気を持った動物がオークション会場内に

入り込む」危険性が常にあります。

 

そして「犬の病気や死亡等の問題があった」場合「それは生産者の

責任ではなく目利きをして購入した小売業者の責任になる」という慣習が

犬の競り市場にあります。

同様に小売店側は、在庫数や予約された犬種等を円滑に仕入れしたい都合上

生産者側にクレームを入れない事を通例としています。

またオークションの業者は、「会員の不利になる情報はなるべく開示しない」

事を習わしにしています。

こうした三者三様の隠蔽体質が、悪徳業者排除の足枷になっています。

 

競り市で売買される子犬の日齢は?問題はないの?

平成20年に環境省によって行われたアンケート調査によるとオークション会場で

売買される犬の内40~44日齢が59%になっています。

しかし40~44日齢は生後6~7週に相当し子犬の性格を形成する上で極めて

重要といわれる社会化期に重なります。

こうした重要な時期に母犬や兄弟姉妹犬から引き離して環境の悪い中に

連れ出してしまう事は、トラウマを形成して性格をゆがめてしまう可能性を

持っていると指摘されています。

 

犬の競り市に対する法規制はどうなっているの?

2012年に制定された法律によって競り斡旋業者に対し以下の様なルールが

定められました。

・競りの実施に当たって当該競りに付される動物を一時的に保管する場合は、顧客の

動物を個々に保管する様に努めなければならない。

・競りの実施に当たって当該競りに付される動物を一時的に保管する場合は、「当該

動物が健康である」事を目視又は相手方からの聴取により確認してそれまでの間

必要に応じて他の動物に接触させない様にしなければならない。

・競りあっせん業者は、「実施する競りに参加する事業者が動物の取引に関する法令に

違反していない」事等を聴取して「違反が確認された」場合その業者を競りに

参加させない様にしなければならない。

・競りにおける動物の取引状況について記録した台帳は5年間保管しなければならない。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

次回も引き続きペット産業について書こうと思います。

 

タグ :   

トイプードル

犬の聴力低下の原因は?聴力テスト方法は?耳の異常と病気の関係は?

読了までの目安時間:約 4分


 

 

 

前回は、犬の音源定位能力等について書きました。

今回は、犬の聴力の低下の原因等について書こうと思います。

 

犬の聴力の低下の原因は?

・加齢
人間同様「加齢に伴い内耳の中にあって音の増幅を担当する耳小骨(じしょうこつ)である

槌骨(つちこつ)・砧骨(きぬたこつ)・鐙骨(あぶみこつ)の動きが悪くなる」事で聴力が

落ちます。

 

・遺伝
ルイジアナ州立大学のジョージ・ストレイン氏の研究によると白や糟毛(かすげ・灰色の

地毛に白の差し毛)及び白黒ブチの被毛を持った犬と先天的な聴覚障害に密接な関連性が

あります。

 

白黒ブチの代表格であるダルメシアンで聞こえない割合は、次の通りです。

片耳が聞こえない 22%

両耳が聞こえない 8%

 

また白いブルテリアは、20%の確率で聴覚障害を持ちます。

 

・感染症
「外耳炎等の感染症が鼓膜を始めとする耳内部の組織や細胞を破壊する」事で聴力が低下します。

 

・化学物質
「シンナー等が鼻から吸い込まれたり皮膚に直接ついて犬の体内に取り込まれた」時に「溶剤の

成分が耳の分泌液に蓄積される」事で聴力が落ちてしまいます。

 

・音響外傷
「犬が大きな音を聞き続ける」事で「内耳の中で音の伝達に関わっている有毛細胞が損傷を受ける」

事で聴力が低下します。

 

猟犬として使われ易いゴールデンレトリバー等で「難聴が多い」理由は、「これらの犬種がハンターの

出す銃声を日常的に聞かされている」為です。

 

犬の聴力をテストする簡単な方法は?

犬の聴力をテストする簡単な方法は、犬に気づかれない様な位置から音を出す事です。

 

使用する物は音の出るおもちゃ等何でも構いません。

 

子犬に対して行う場合は、「耳道が開ききった」生後5週齢以降にして下さい。

 

「聴力が正常である」場合は、音の出た方に耳を動かしたり振り向いたりします。

 

逆に「聴力に異常がある」場合は、寝ているので無い限り何のリアクションもありません。

 

犬の耳の異常と病気の関係は?

以下は、犬の耳によくある疾患をいち早く発見する為のチェックリストです。

 

1.耳垢がたまっている
外耳炎・耳疥癬

 

2.耳が腫れている
耳血腫

 

3.耳が黒ずんで臭い
耳疥癬

 

4.音に対する反応が鈍い
中耳炎・内耳炎

 

5.耳先が変色している
凍傷・扁平上皮ガン

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

私は、犬の聴力の低下の原因等について初めて知りました。

特に音響外傷という言葉は、初めて知りました。

次回は、犬の触覚について書こうと思います。

 

タグ :                                       

トイプードル