yuki

犬はどんな食べ方や飲み方をするの?食べ物の味わい方は?嗜好性は?

読了までの目安時間:約 5分


 

 

 

前回は、犬の唾液について書きました。

今回は、犬の食べ方等について書こうと思います。

 

犬はどんな食べ方や飲み方をするの?

犬の歯列で発達している物は、草食動物にある様な臼歯

(きゅうし・すりつぶす為の歯)より肉を引き裂く為の

裂肉歯(れつにくし)です。

 

つまり犬は、物をよく噛んで食べるのではなく口に入る

大きさに引き裂いたらそのまま丸飲みします。

 

これは「悠長によく噛んで味わって食べていたら外敵や

兄弟に餌をとられてしまう危険性のあった野犬の頃の

習性が残っている」為や条件反射で一気食いをしてしまう

と言われています。

 

犬は、汗をかきません。

なので人間に比べると体内から出て行く水分量が比較的

少ない動物です。

 

しかし体温調整する際はパンティング(panting/

あえぎ呼吸)という方法によって唾液を気化させます。

なので定期的に水分を補給しなければ脱水症状に陥ってしまいます。
犬は水分を補給する時に舌を後方に巻き込んで柄杓(ひしゃく)の

様な形を作って水を汲み取ると考えられていました。

しかし2014年に行われた研究によると犬の舌の形は柄杓の役割をする

というより効率的に水柱を作る為の様です。

水柱は、「舌先が水面から勢いよく離れる」瞬間に出来る円柱状の水の

塊です。

 

なお犬や猫等肉を主食とする動物は、水にだけ反応する特殊な味蕾細胞を

持っています。

それは、水を飲む時に少しだけ丸める舌の先端に存在しています。

「甘い物や塩辛い物を食べた後にとりわけ細胞の感度が良くなる」という

事実からこの細胞は、水をすばやく摂取して体液の水分バランスをいち早く

回復させる為に発達した特殊細胞だと思われています。

 

犬の食べ物の味わい方は?犬の嗜好性は?

犬の舌は、人間ほど敏感ではありません。

しかし全く味を感じないわけではなく甘さ・しょっぱさ・苦さ・すっぱさを

感じる事が出来ます。

また犬のしつけ用品にビターアップル(直訳 苦いりんご)があります。

これは犬の持つ味覚に苦味という不快な刺激を与える事を目的としています。

人間は食事を五感を全て用いて楽しめます。

しかし犬は、匂い>食感>味>見た目の順で餌(エサ)を吟味します。

なので犬の前に綺麗に盛り付けしたフランス料理を並べても匂いを嗅いだら

大したありがたみもなくあっという間に平らげてしまうでしょう。

つまり犬にとって「食べる事が出来るかどうか」が問題です。

「きれいかどうか」や「おいしいかどうか」という事はそれほど重要ではありません。

そうでなければ犬は、腐っている物や自分の糞を平気で食べないでしょう。

 

また過去に行われた幾つかの実験により犬の食べ物に対する嗜好性がわずかながら

判明しました。

ずいぶん古い研究の為現代の犬にそっくりそのまま当てはまるかどうかは微妙です。

 

・好きな肉

牛肉>豚肉>ラム肉(羊肉)>鶏肉>馬肉

 

・エサの水分含量

半生タイプのエサ>乾燥タイプのエサ

 

・調理の有無

出来合いの缶詰肉>その場で調理した肉>生肉

 

・食べ物の温度

温かい物>冷たい物

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

次回は、「犬は飼い主の手から直接与えられた食べ物なら何でもおいしく感じるのか?」

等について書こうと思います。

 

タグ :                        

トイプードル

犬の食性とは?唾液の役割は?万能薬って本当?

読了までの目安時間:約 5分


あけましておめでとうございます。

さて年末は、犬と人間の味覚の違いについて

書きました。

なので今年最初の記事は、犬の食性について

書こうと思います。

 

犬の食性は?

犬の唾液の役割は?

犬はエサを目の前にすると滑稽(こっけい)な

くらいよだれを垂れ流します。

しかしこのよだれに人間と違う役割があります。

 

人間の唾液はアミラーゼという分解酵素を含んでいます。

なのでこの酵素がデンプン等を麦芽糖(ばくがとう)まで

分解してくれます。

ごはんをよくかんでいると段々と甘くなって来る事から

分かる通り人間の唾液は食物を分解するという重要な働きを

持っています。
一方犬の唾液はこの様な酵素を含んでいません。

犬のよだれは、食物を分解するというより食物を胃の中に

流し込むというコップの水としての働きをメインとします。

これは、丸飲みでエサを食べる犬に適した役割と言えるでしょう。
ちなみに犬は4対の唾液腺(頬腺・舌下腺・顎下腺・耳下腺)を

備えています。

肉を食べる時は、粘液質の唾液を分泌します。

植物系の物を食べる時は水っぽい唾液を分泌します。

 

稀に人間の流行性耳下腺炎すなわちおたふくかぜが犬に移ります。

その際に「唾液腺がパンパンに腫れ上がってしまう」事があります。

なので「感染者がいる」場合は気を付けなければなりません。

 

犬の唾液は万能薬なの?

犬や猫の他ねずみ等のげっ歯類や人間を始めとする霊長類は、

本能的に自分の体の切り傷をなめる習性を持っています。

これは、「唾液の中に傷の治癒を早める何かが含まれている」事を

生まれながらに知っている為です。

 

唾液の中にある傷の治癒を早める何かを具体的に言うとそれは、

リゾチーム(lysozyme)やラクトフェリン(lactoferrin)等の酵素です。

これらは、IgAと呼ばれる抗体によってバクテリアの繁殖を妨げたり

トロンボスポンジン(thrombospondin)と呼ばれる血小板タンパク質で

ウイルスの繁殖を妨げたりします。

 

「その他極めて多種多様な酵素が唾液に含まれている」事を考える場合

「傷は舐めてれば治る!」というワイルドな風聞はあながちデタラメでは

ありません。

 

さて「Langue de chien, langue de medecin」(犬の舌は薬の舌)という

フランスのことわざが、あります。

このことわざから分かる通り古くから犬の唾液は傷の治癒に効果的であると

考えられてきました。

 

この考えは現代においても多少生き残っています。

「フィジーの漁師達は自分達の傷口を犬に舐めさせて治癒を早める」という

報告があります。

またイギリスの医学情報誌Lancetで「犬の唾液と傷の治癒に関した研究が

掲載された」事があります。
この様に犬の唾液は、傷を治してくれる万能薬といった印象を受けます。

 

しかしそれは早合点です。

「犬の唾液がバクテリアの繁殖を防ぐ酵素を含んでいる」事は確かです。

しかしそれと同時に高確率でパスツレラ菌やカプノサイトファーガ・

カニモルサス菌と呼ばれる人獣共通感染症(じんじゅうきょうつうかんせんしょう)の

原因となる菌を犬の唾液は保有しています。

人獣共通感染症は、人や動物に感染する病気の事です。

「お年寄りや持病を抱えた人等免疫力の衰えている人達の体内に傷口を経由して犬の

唾液が入り込んだ」場合上記した感染症を引き起こす危険性があります。

なので「皮膚表面の切り傷や擦り傷に犬の唾液が触れない」様に十分な注意が必要と

なります。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

次回は、引き続き犬の食性について書こうと思います。

 

カンガルーのお肉に関する記事を見つけたので紹介します。

業務用食材通販ナビ!

 

 

タグ :                  

トイプードル