yuki

嗅覚の倍率や嗅細胞の数・鋤鼻器官とは?犬と人間嗅覚の違いは?

読了までの目安時間:約 4分


前回は、「犬が匂いを嗅ぐ」時のメカニズム等について書きました。

皆さんは、嗅覚の倍率ってどういう意味か知っていますか?

今回は、嗅覚の倍率の意味等について書こうと思います。

嗅覚の倍率ってどういう意味?

「犬の嗅覚は人間より100万倍よい」と聞くと必ず誤解する人がいます。

まず「嗅覚が100万倍良い」という事は、「空気中を漂う匂い分子の

濃度が100万分の1でも嗅ぎ取る事が出来る」という意味です。
「人間が1メートル離れて嗅ぎ取る」事のできる物質を100万メートル

(1,000キロ)離れていても嗅ぎ取る事が出来るという意味ではありません。

また犬が、人間の100万倍強烈に匂いを感じるわけでもありません。

「犬の嗅覚は人間より100万倍よい」という事は、あくまでも「空気中を

漂っている匂い分子の濃度が薄くなった」場合でも「嗅ぎ取る事が出来る」

という意味です。

犬と人間の嗅覚の違いは?

人間や犬は、鼻腔内に嗅上皮(きゅうじょうひ)と呼ばれる粘膜層を持ち

この中に臭いを脳へと伝える嗅細胞(きゅうさいぼう)を有しています。
人間の嗅上皮は、約3~7平方センチメートルでせいぜい1円玉~10円玉程の

面積しかありません。

含まれる嗅細胞の数は500万個程度です。
一方「犬種によって多少の変動はある」のですが犬の嗅上皮は、約150~

390平方センチメートルで人間の50倍以上あります。

これは、1000円札1枚ちょっとの面積に相当します。

含まれる嗅細胞の数は、約2億2千万個と人間を圧倒しています。
また犬に匂いの階層化という特殊な能力があります。

これは、「複数の匂いが交じり合っている」場合でも「個々のにおいを

かぎ分ける事が出来る」という能力です。

たとえば、「犬がカレーライスのにおいを嗅いだ」時にカレーの香辛料の匂いや

その中に含まれるライス・タマネギ・にんじん・じゃがいも等個々の食材の

匂いまでかぎ分ける事が出来ます。

犬種による嗅細胞の数は?

「人間と比較して犬の嗅覚が桁違いに良い」事は確かです。

しかし同じ犬の中で犬種によって嗅覚にかなりの格差があります。

たとえば、以下の通りです。

ダックスフント 1億2500万個

ジャーマンシェパード及びビーグル 2億2500万個

ブラッドハウンド 3億個

鋤鼻器官(じょびきかん/ヤコブソン器官)とは?

犬の嗅覚に鋤鼻器官(じょびきかん/ヤコブソン器官とも言う)という器官が、

あります。

犬は、ここでフェロモンを感じ取ると言われています。

フェロモンの例

・「発情期にある雌犬が発散する」フェロモン

・「母犬が乳の周辺から発散する」鎮静フェロモン

犬の場合大量の神経線維と毛細血管が、存在しています。

なので嗅球の中にヤコブソン器官専用の区画があります。

一方人間の鋤鼻器官は、痕跡程度にしか存在していません。

なので脳に情報を伝達する神経線維や情報処理する為の特別領域は存在していません。
そもそもフェロモンは、極めて低濃度で作用する物質です。

この物質を受け取った動物はある一定の行動に促されます。

・「メスの蛾(ガ)が発散する」性フェロモンに引かれてオスの蛾が4キロ先から飛んで来る。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

私は、この記事作成を通して嗅覚の倍率の意味等について知れました。

犬の鼻と異常について書こうと思います。

 

タグ :            

トイプードル