yuki

犬はどんな食べ方や飲み方をするの?食べ物の味わい方は?嗜好性は?

読了までの目安時間:約 5分


 

 

 

前回は、犬の唾液について書きました。

今回は、犬の食べ方等について書こうと思います。

 

犬はどんな食べ方や飲み方をするの?

犬の歯列で発達している物は、草食動物にある様な臼歯

(きゅうし・すりつぶす為の歯)より肉を引き裂く為の

裂肉歯(れつにくし)です。

 

つまり犬は、物をよく噛んで食べるのではなく口に入る

大きさに引き裂いたらそのまま丸飲みします。

 

これは「悠長によく噛んで味わって食べていたら外敵や

兄弟に餌をとられてしまう危険性のあった野犬の頃の

習性が残っている」為や条件反射で一気食いをしてしまう

と言われています。

 

犬は、汗をかきません。

なので人間に比べると体内から出て行く水分量が比較的

少ない動物です。

 

しかし体温調整する際はパンティング(panting/

あえぎ呼吸)という方法によって唾液を気化させます。

なので定期的に水分を補給しなければ脱水症状に陥ってしまいます。
犬は水分を補給する時に舌を後方に巻き込んで柄杓(ひしゃく)の

様な形を作って水を汲み取ると考えられていました。

しかし2014年に行われた研究によると犬の舌の形は柄杓の役割をする

というより効率的に水柱を作る為の様です。

水柱は、「舌先が水面から勢いよく離れる」瞬間に出来る円柱状の水の

塊です。

 

なお犬や猫等肉を主食とする動物は、水にだけ反応する特殊な味蕾細胞を

持っています。

それは、水を飲む時に少しだけ丸める舌の先端に存在しています。

「甘い物や塩辛い物を食べた後にとりわけ細胞の感度が良くなる」という

事実からこの細胞は、水をすばやく摂取して体液の水分バランスをいち早く

回復させる為に発達した特殊細胞だと思われています。

 

犬の食べ物の味わい方は?犬の嗜好性は?

犬の舌は、人間ほど敏感ではありません。

しかし全く味を感じないわけではなく甘さ・しょっぱさ・苦さ・すっぱさを

感じる事が出来ます。

また犬のしつけ用品にビターアップル(直訳 苦いりんご)があります。

これは犬の持つ味覚に苦味という不快な刺激を与える事を目的としています。

人間は食事を五感を全て用いて楽しめます。

しかし犬は、匂い>食感>味>見た目の順で餌(エサ)を吟味します。

なので犬の前に綺麗に盛り付けしたフランス料理を並べても匂いを嗅いだら

大したありがたみもなくあっという間に平らげてしまうでしょう。

つまり犬にとって「食べる事が出来るかどうか」が問題です。

「きれいかどうか」や「おいしいかどうか」という事はそれほど重要ではありません。

そうでなければ犬は、腐っている物や自分の糞を平気で食べないでしょう。

 

また過去に行われた幾つかの実験により犬の食べ物に対する嗜好性がわずかながら

判明しました。

ずいぶん古い研究の為現代の犬にそっくりそのまま当てはまるかどうかは微妙です。

 

・好きな肉

牛肉>豚肉>ラム肉(羊肉)>鶏肉>馬肉

 

・エサの水分含量

半生タイプのエサ>乾燥タイプのエサ

 

・調理の有無

出来合いの缶詰肉>その場で調理した肉>生肉

 

・食べ物の温度

温かい物>冷たい物

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

次回は、「犬は飼い主の手から直接与えられた食べ物なら何でもおいしく感じるのか?」

等について書こうと思います。

 

タグ :                        

トイプードル

犬の鼻の病気は?犬の匂いの嗅ぎ方は?なぜ湿っているの?

読了までの目安時間:約 4分


今まではずっと犬の鼻の形等について書いて来ました。

さて健康な犬の鼻は、適度な湿り気を持っています。

また呼吸する時に妙なノイズは混じりません。

今回は、そんな犬の鼻に見られる変化と

関連する病気について書こうと思います。

犬の鼻に見られる変化と関連する病気は?

♦鼻の横がかぶれている
流涙症

 

♦鼻水がよく出る
鼻炎・副鼻腔炎・ケンネルコフ・イヌ伝染性肝炎

 

♦鼻筋がふくらんでいる
副鼻腔炎

 

♦鼻血が出ている
鼻出血・血小板減少症・扁平上皮ガン・白血病

 

♦鼻をグーグー鳴らす
鼻腔狭窄

 

♦鼻にできものがある
扁平上皮ガン

犬の匂いの嗅ぎ方は犬種によって違うの?

臭いを嗅ぐといっても犬によって臭いの嗅ぎ方が、違います。

シェパードやビーグルは、それこそ地面を舐める様に地面に

残ったにおいの跡(におい)を嗅ぎます。

これは、間接タイプというタイプです。
一方ポインターやセッター等は、下を向かず空気中に浮遊するにおい分子

その物を嗅ぎます。

これは、直接タイプというタイプです。
嗅覚能力の差は、鼻の構造や嗅細胞の感受性の違いによります。

しかし総合的にみて間接タイプの方が優れています。
もっとも間接タイプと直接タイプの違いは、「犬種が作られた」目的の

違いです。

例えば、以下の通りです。

ビーグルは、キツネ狩り等で野原に放してどこかに身を隠しているキツネ等の

足跡を追及して居場所を発見するタイプの猟犬です。

セッター等は、鳥撃ちの時に近くにいる鳥の臭いを直接嗅いでその方向と

位置を人に知らせるタイプの猟犬です。

犬の鼻はなぜ湿っているの?

ニオイの粒子は、乾いた空気中より湿った空気中で活性化されます。
皆さんは雨上がりにアスファルトや土のニオイ等に気付きませんか?
犬や人間の鼻は、目にある涙腺と繋がっていて微量の分泌物(涙)で常に鼻の

表面を湿らせてニオイの粒子を活性化させてニオイを感じやすくさせています。

「犬の鼻が乾いている時は病気だ」と言われる事があります。

しかし「犬が眠っている時」に涙の分泌は、抑制されます。

なので寝起きの犬の鼻は、乾いています。
目を覚ました犬は、鼻をひとなめして湿らせて活動を開始します。
「鼻が完全に乾いている状態よりすでに湿り気を帯びている」と速やかに分泌された

涙が、鼻の表面に広がります

「犬が行動する」為に嗅覚は、必要不可欠な物です。

なので、「寝起きの犬が鼻をなめる」事で「より嗅覚が働く様にする」行動は、

「人間が顔を洗って気分をスッキリさせる」事と同じ様な働きを持っています。
「小型犬の中に生まれつき涙腺と鼻をつなぐ涙管(るいかん)が細かったり詰まって

しまう」場合があります。

しかしその様な犬は、頻繁に鼻を舐める事によって鼻の湿り気を保ち嗅覚に支障を

出さない様にしています。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

私は、この記事作成を通して犬の鼻についてより詳しく知れました。

次回は、犬の嗅覚を生かした仕事について書こうと思います。

 

タグ :                  

トイプードル

匂いを嗅ぐ時のメカニズムは?犬の嗅覚を高める構造は?

読了までの目安時間:約 5分


 

 

前回は、犬の鼻の形について書きました。

皆さんは、「犬がどうやって匂いを嗅いでるか」

知っていますか?

今回は、匂いを嗅ぐ時のメカニズム等について

書こうと思います。

匂いを嗅ぐ時のメカニズムは?

まず外鼻孔(がいびこう,鼻の穴)を通過した外気は、鼻腔(びくう)と呼ばれる空気の

たまり場に入り込みます。

鼻腔の表面は、嗅粘膜(きゅうねんまく)と呼ばれる粘液上の物質で覆われています。

この粘液に溶け込んだ外界からの臭い物質が、嗅神経(きゅうしんけい)を刺激します。

その後嗅神経で発生した電気信号は、篩骨篩板(しこつしばん)と呼ばれる骨を通過して

嗅球(きゅうきゅう)と呼ばれる脳の部位に達して情報処理されます。
因みにこの嗅球は、人間の場合約1.5グラムです。

犬の場合は、中型犬で6グラム程度です。

脳の大きさに関して人間:犬=10:1なので「もし人間の脳と同じ大きさを持つ程巨大な犬が

いた」場合嗅球の大きさは、60グラムです。

すなわちこれは、人間の40倍に達するという計算です。

犬の嗅覚を高める構造は?

犬の嗅覚は人間より1000倍~1億倍優れています。

「倍率に幅がある」理由は、「嗅ぎ分ける匂いによって犬に得意と不得意がある」ためです。

犬は、一般的に花や自然界に存在しない化学物質等犬にとってどうでも良い匂いに対して鈍感で

動物の発する有機物(ゆうきぶつ,一般的に炭素原子を含んだ物質全般)の匂いに敏感だと

言われています。

つまり犬は、生きて行く上で必要な物に対してより敏感です。
「犬の鼻が持つ」驚異的な嗅覚は、以下に述べる様ないくつかの特殊構造によって

実現しています。

 

・外鼻孔(がいびこう)

これは、いわゆる鼻の穴の事です。

人間や馬や牛等大部分の哺乳類が、円形~楕円形の鼻の穴を持っています。

それに対して犬や猫の鼻の穴の横に切れ目があります。

これは、「鼻をヒクヒクさせて穴を開閉する事により正面からだけでなくサイドから空気を

取り込む事が出来る」という寸法です。

 

・上唇溝(じょうしんこう)

これは、鼻の中央から口にかけて見られる一直線の溝で毛管作用によって常に水分を蓄えていて

匂い分子の吸着に役立っています。

これは、人間で言う人中(にんちゅう)と呼ばれる部分に相当していて人間の場合

何の役にも立っていません。

 

・鼻鏡(びきょう)

これは、鼻の表面にある細かい溝の事です。

溝の中に蓄えた水分が、におい分子を吸着して感度を高めます。

また鼻の中に含まれる温度センサーが気化熱の左右差を感知して

「風がどちらから吹いているのか」を即座に判断します。

鼻の表面にある複雑な線のパターンは、鼻紋(びもん)と呼ばれ人間の指紋の様に犬によって

それぞれ違い個体識別に利用しています。

これの表面は、涙腺(るいせん)と外側鼻腺(がいそくびせん)の分泌物により

いつも湿っています。

その分泌量は、中型犬で1日ペットボトル1本程度(500ml)にまでなります。

また「水分が足りない」時犬は、鼻の頭をペロッと舐める事で水分補給します。

 

なお警察犬や災害救助犬等鼻を生かした仕事に携わる犬の嗅覚は、夏の暑い盛りになると最大で

40%程度落ちるといわれています。

これは、パンティングと呼ばれる口呼吸によって絶えず体温を下げ続けていなければ熱中症に

かかってしまうからです。

 

皆さんはこの記事の内容を知っていましたか?

私は、この記事作成を通して犬の鼻の構造を知れて勉強になりました。

次回は、嗅覚の倍率等について書こうと思います。

 

タグ :                          

トイプードル