yuki

犬の耳の形は?どんな種類があるの?

読了までの目安時間:約 5分


以前犬の耳掃除について書きました。

今回は、犬の耳の形について書こうと思います。

 

犬の耳の形は?どんな種類があるの?

長年の選択繁殖(せんたくはんしょく=人間の好みに

合わせて繁殖を行う)の結果犬の耳は、同一種と思え

ない程様々な形状を持つ様になりました。

以下は、代表的な犬の耳の形です。

 

・プリックイヤー
プリックイヤー(prick ear)は日本語で立ち耳と呼ばれ直立しています。

また先端は丸かったりとがっていたり様々です。

これは、ジャーマンシェパード等のスタンダードとして規定されています。

prickは、英語でとがった物という意味です。

 

・キャンドルフレームイヤー
キャンドルフレームイヤー(candle flame ear)は、ろうそくの炎の様な

形を成している耳です。

これは、ミニチュアピンシャー等で見られます。

 

・ラウンドティップドイヤー
ラウンドティップドイヤー(round- tipped ear)は、「先端が丸く

なっている」耳です。

これは、フレンチブルドッグ等で見られます。

またこの耳は別名でチューリップイヤーと言います。

 

・バットイヤー
バットイヤー(bat ear)は、形状的にラウンドティップドイヤーと同じです。

しかしコウモリ(bat)の様に「顔の大きさに比べて耳が大きい」場合は、

特別にこう呼ばれます。

チワワ等がこの形をした耳を持っています。

 

・フーデドイヤー
フーデドイヤー(hooded ear)は、フードをかぶった様な形をした耳です。

耳全体が丸みを帯び内側にカーブしています。

この耳の形は、バセンジー等で見られます。

 

・コックドイヤー
コックドイヤー(cocked ear)は、「耳が途中で折れ曲がっている」物を指します。

日本語でこれは、半立ち耳等と呼称します。

これは、プリックイヤーとボタンイヤーのちょうど中間くらいの耳です。

この耳の形は、コリー等で見られます。

 

・ドロップイヤー
ドロップイヤー(drop ear)は、「耳が頭の横に垂れ下がった」物です。

日本語でこれは、垂れ耳と呼ばれます。

バセットハウンドがこの耳を持っています。

 

・ボタンイヤー
ボタンイヤー(button ear)は、コックドイヤー(半立ち耳)とドロップイヤー(垂れ耳)の

中間くらいの耳を指します。

これは、「耳が前方に垂れて耳の穴を隠しているけれど垂れ耳の様に耳の穴を密閉していない」

状態です。

ジャックラッセルテリアがこの耳を持っています。

 

・ローズイヤー
ローズイヤー(rose ear)は、「耳がやや後方に巻き込まれた」物です。

パグ等がこの形をした耳を持っています。

 

・フォールデドイヤー
フォールデドイヤー(folded ear)は、垂れているけれど根元付近で若干立っていて

やや外側に広がった状態の耳です。

この耳の形は、キャバリア等のスパニエル種でよく見られます。

 

・Vシェイプイヤー
Vシェイプイヤー(V-shaped ear)は、文字通りV字型をした耳で「前から見た時に

折りたたまれた耳の外縁がちょうどアルファベットのVに見える」様な耳を指します。

ブルマスティフ等でこの形の耳が、見られます。

 

・フィルバートシェイプイヤー
フィルバートシェイプイヤー(Filbert-shaped ear)は、フィルバートナッツの様な

形をした耳を指します。

ベドリントンテリア等がこの形をした耳を持っています。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

私は、この記事作成を通して「犬の耳の形は色々ある」という事を知れました。

次回は、犬の耳の内部構造について書こうと思います。

 

タグ :                            

トイプードル

災害救助犬とは?災害救助犬の犬種別の頭数は?

読了までの目安時間:約 5分


前回は、嗅覚を使った犬の仕事として

警備犬等について書きました。

今回は、嗅覚を使った犬の仕事として

災害救助犬について書こうと思います。

 

災害救助犬とは?

災害救助犬は、災害に遭遇して

苦境にある人を助ける様に訓練された

犬の事です。

 

災害救助犬は、全国20ヶ所にある

JKC(ジャパンケンネルクラブ)公認

災害救助犬育成訓練所で訓練を受けて

試験を受けて合格すると晴れてJKC公認の

災害救助犬として認定されるという流れです。
災害救助犬の種類は、次の通りです。
・地震救助犬
地震救助犬は地震等による家屋崩壊現場で

被災者を捜索します。
・山岳救助犬
山岳救助犬は山での遭難者や行方不明者を

捜索します。
・水難救助犬
水難救助犬は海や湖で遭難者救助にあたります。

 

災害救助犬は、大体8歳ぐらいで仕事を引退します。

 

災害救助犬の育成は、全国30カ所のJKC公認災害

救助犬育成訓練所で行われています。

訓練期間は、犬種や犬自身の性格により異なります。

しかしまずは、基本的な訓練をおよそ6カ月間行います。

この期間は、瓦礫や騒音等に接する機会を設けて

慣れさせると共に災害救助犬としての適性を見ます。

適性ありと認められた犬は、更に1年から1年半の

実践的な訓練を行いその素質を伸ばしていきます。

災害救助犬としての訓練は、かくれんぼからスタート

します。

「立ち木やフェンス等の向こう側に人が隠れた」後に

「犬がそれを見つけ出す」等最初は、簡単な物です。

しかし訓練は、徐々に難易度を上げて最終的に「ビルや

家屋の倒壊現場を想定した模擬災害現場に人が隠れた」後に

「犬がそれを捜し出す」訓練を行う様になります。

こうして育成の完了した犬は認定試験にチャレンジします。

この試験で認定レベルをクリアした犬だけが、JKC災害

救助犬として認定を受けられます。

この試験は毎年5回~7回行われています。

合格率は、約30%となっています。

 

1996年2月に実施された第1回認定試験以来今日までの

認定犬総数は816頭になります。

なお死亡・病気等の理由による認定返上があっています。

なので現在出動可能な認定犬頭数は174頭となっています。

認定犬の多くは、警察犬や盲導犬でお馴染みの

ジャーマン・シェパード・ドッグやラブラドール・

レトリーバー等の大型犬種です。
またこれら認定犬の作業能力と日頃の訓練状況を

確認する為に毎年9月「認定犬だけが出場出来る」競技大会が

開催されます。

 

災害救助犬の犬種別の頭数は?

 

災害救助犬の犬種別の頭数を紹介します。

 

認定犬 犬種別一覧

2017年4月1日現在
犬種 出動可能な認定犬頭数
合計 174頭
ラブラドール・レトリーバー 64
ジャーマン・シェパード・ドッグ 58
交雑犬・未登録犬 12
ボーダー・コリー 7
ゴールデン・レトリーバー 6
フラットコーテッド・レトリーバー 3
ジャック・ラッセル・テリア 3
ミニチュア・ダックスフンド 3
トイ・プードル 2
ホワイト・スイス・シェパード・ドッグ 2
ブリタニー・スパニエル 2
ミニチュア・シュナウザー 2
ボーダー・テリア 2
アメリカン・コッカー・スパニエル 1
シェットランド・シープドッグ 1
パピヨン 1
ウェルシュ・コーギー・ペンブローク 1
エアデール・テリア 1
ミニチュア・プードル 1
コーイケルホンディエ 1
チワワ 1

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

私は、この記事作成を通して災害救助犬について

色々知れて良かったです。

次回は、シロアリ探知犬について書こうと思います。

 

タグ :                   

トイプードル

犬の鼻の形は?

読了までの目安時間:約 4分


猫は、聴覚の動物と呼ばれています。

それに対して犬は、嗅覚の動物と

呼ばれています。

「その名が示す」通り犬は非常に

優れた嗅覚を持っています。

今回は、そんな犬の鼻について書こうと思います。

犬の鼻の形は?

目元から鼻先にかけての部分は、口吻部

(こうふんぶ/マズル)と呼ばれます。

これは、犬の種類によって実に多様な変化を見せます。

鼻の色は「被毛の色が薄い」犬やプラスチック・ゴム製

の容器でエサを食べている犬で薄くなる傾向にあります。

最後に挙げた物は、プラスチック容器皮膚炎と言います。

これは、「容器に含まれる酸化防止剤が鼻の表面を

刺激する」事で「鼻の色素が薄くなる」という物です。

口吻部と頭の大きさは、関係していて3種類に分かれます。

それは長頭型・中頭型・短頭型です。

 

長頭型

ミニチュア ピンシャー・ミニチュア ダックスフント・ウィペット・アフガンハウンド・

グレイハウンド・ボルゾイ・ジャーマンシェパード

 

中頭型

最も一般的に見られるタイプです。

前頭部と鼻梁(びりょう,鼻筋の骨)の区分点であるストップを確認出来ます。

ラブラドール レトリバー・コーギー・柴犬・トイ プードル・ポメラニアン・マルチーズ・

ボーダーコリー・ジャックラッセルテリア・ミニチュア シュナウザー・ビーグル・秋田犬

 

短頭型

パグ・ブルドッグ・チワワ・フレンチブルドッグ・ボストンテリア・ペキニーズ・シーズー・

ヨークシャーテリア・狆(ちん)・キャバリア

 

なお2010年に行われた研究により「犬の頭蓋骨の形が中にある脳の形を変形させている」

事が明らかとなりました。

研究者達が短頭犬種と長頭犬種の脳内をMRIで撮影した所「長頭犬種の脳に比べて短頭犬種の

脳は前後に潰されて丸みを帯びている」事が明らかになりました。

また短頭犬種の「鼻からの情報が集められる」嗅球と呼ばれる神経の塊は、かなり下方に

ずれこんでいます。

こうした事実から研究者達は、「一般的に短頭犬種の嗅覚が劣る」とされる理由として「鼻甲介や

嗅上皮の面積が小さい」という事の他に「嗅球がつぶされて機能不全に陥っているのではないか」

推測しています。

2016年にハンガリーで行われた別の調査でもやはり「短頭種はやや嗅覚が劣る」という結論が、

出ています。

なので鼻ペチャという解剖学的な問題を解決しない限り「短頭犬種が麻薬探知犬になる」事は、

難しいです。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

私は、この記事の内容をなんとなくでしか知らなかったので詳しく知れて良かったです。

次回は、「犬が臭いを嗅ぐ」時のメカニズム等について書こうと思います。

 

タグ :                                      

トイプードル

狼爪(ろうそう)って何?切除対象の犬種や目的は?

読了までの目安時間:約 3分


皆さんは、狼爪(ろうそう)について知っていますか?

狼爪は、犬の足に痕跡的についていて犬の前足及び

後足の内側に生えていて地面と接触しない指第一指(親指)

の事です。

一般的に前足の狼爪は、骨格と筋肉または神経や血管等を

有する他の指と同様の構造をしています。

後足の狼爪は、骨格を持たず何らかの結合組織で

ぶら下がっているだけの状態です。

更に狼爪は、ボクサーの後足の様に犬種によって退化して

生まれ付き無い場合すらあります。

今回は、そんな狼爪の切除について書こうと思います。

狼爪切除の目的は?

狼爪切除の目的は、医学的な目的と美容目的の2種類です。

 

・医学的な目的とは?

 狼爪は、放置しておくと伸びた爪で体の一部を引っかいたり

 爪を絨毯等に引っ掛けて裂けてしまいます。

 そうすると犬が、怪我をしてしまいます。

 そして「犬が成長してからこういう怪我を負う」場合

 治るまでに長い期間がかかり犬に無用な苦痛を与えてしまいます。

 なので「犬が狼爪に怪我を負わない様に子犬の頃にあらかじめ

 狼爪を切除する」事が医学的な目的です。

 

・美容目的とは?

狼爪切除の美容目的は、犬の容姿を犬種標準(スタンダード)に合わせる事です。

狼爪切除すべき犬種とすべきでない犬種とどちらでも良い犬種は?

♦狼爪切除すべき犬種

パグ・ボーダーコリー・ミニチュアダックスフント・ジャーマンシェパード・

シベリアンハスキー・シェットランドシープドッグ・ヨークシャーテリア・

ミニチュアピンシャー・ウェルシュコーギーペンブローク・ウェルシュコーギーカーディガン

 

♦狼爪切除すべきでない犬種

ブリアード・グレートピレニーズ

 

♦狼爪切除してもしなくても良い犬種

トイプードル・パピヨン・ポメラニアン・チワワ・フレンチブルドッグ・ゴールデンレトリバー・

狆(ちん)・柴犬・シーズー・ウエストハイランドホワイトテリア・ダルメシアン・

イタリアングレーハウンド

狼爪切除はどの様に行われるの?

犬の狼爪切除は、一般的に生後2~5日の子犬に対して麻酔なしで行われます。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

私は、この記事の内容を初めて知りました。

次回は、狼爪切除に対する各国の対応について書こうと思います。

 

タグ :                      

トイプードル

声帯切除の目的やきっかけは?声帯切除される犬種は?声帯切除の方法は?

読了までの目安時間:約 4分


皆さんは、犬のしゃがれた声を聞いた事あると思います。

それは人間によって声帯切除を施された証拠です。

今日は、そんな声帯切除について書こうと思います。

声帯切除の目的やきっかけは?

声帯切除の目的は、犬の無駄吠えの音量を下げる事です。

声帯切除のきっかけは、犬の認知症発症や無駄吠えに対する

しつけの失敗やドッグショー出場や近隣住民からの苦情です。

「犬が無駄吠えをする」理由は、社会化期における不適切な

生育環境等です。

声帯切除される犬種は?

声帯切除される犬種は「声が大きい」犬種で次の通りです。

♦アイリッシュ・セッター

♦イングリッシュ・セッター

♦ウェルシュ・コーギー・カーディガン

♦ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

♦オーストラリアン・シェパード

♦オーストラリアン・テリア

♦シェットランド・シープドッグ(シェルティー)

♦ジャック・ラッセル・テリア

♦チベタン・スパニエル

♦チワワ

♦トイ・マンチェスター・テリア

♦ドーベルマン

♦スピッツ

♦バセット・ハウンド

♦ビアデッド・コリー

♦ビーグル

♦ブリタニー・スパニエル

♦プチ・ブラバンソン

♦ボーダーコリー

♦ポメラニアン

♦ミニチュア・ダックス・フンド

♦ミニチュア・ピンシャー

♦ラフ・コリー

♦ワイアー・フォックス・テリア

♦ワイマラナー

声帯切除の方法は?

声帯切除の方法は、大きく分けて二つあります。

一つ目は口腔アプローチ法です。

この方法は、犬の口からパンチやはさみあるいはレーザー等を用いて

声帯ひだの一部をカットする方法です。

 

二つ目は喉頭切開法です。

この方法は、侵襲性(しんしゅうせい,体をより多く傷つける)の高い方法で

犬や猫の喉(喉頭,こうとう)を切開して声帯の一部を切り取る方法です。

これらは全身麻酔下で行われます。

 

声帯切除といっても声帯を完全に取り去るわけではなく、あくまでも声を

作り出している声帯ひだの一部分を切り取って声のボリュームを小さくする

事が目的です。
なお、声帯切除手術を受けた犬はしゃがれた声しか出せなくなります。

なので、大声で吠え立ててもせいぜい20メートル先くらいまでしか声が

届かなくなります。

「人間で喉頭の筋肉をつかさどる迷走神経(めいそうしんけい)と呼ばれる神経が

麻痺する」と声帯ひだがうまく振動しなくなります。

なので、人間はスカスカのしゃがれた声(嗄声,させい)しか出せなくなります。

この状態は声帯麻痺(せいたいまひ)と言います。

声帯切除された犬は丁度これと同じ状態になります。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

私は、この記事の内容を調べてて凄く勉強になりました。

次回は、声帯切除のリスク等について書こうと思います。

 

タグ :      

トイプードル