yuki

犬の筋肉と人間や猫との筋肉の違いは?それぞれの特徴は?

読了までの目安時間:約 5分


 

 

 

前回は、犬の神経や内臓について書きました。

今回は、犬の筋肉について書こうと思います。

 

犬の筋肉と人間の筋肉の違いは?

犬の筋肉と人間の筋肉は非常に良く似ています。

なので呼び名に多少違いがあるくらいです。

しかし「人間は直立二足歩行に順応している」のに対して

「犬は四足歩行(しそくほこう)に順応している」という

ちょっとした違いがあります。

具体的な違いは、次の通りです。

「直立して両腕が自由になった」人間の腕を上に持ち上げる僧帽筋

(そうぼうきん)や三角筋(さんかくきん)及び指先を細かく動かす為の

前腕屈筋群(ぜんわんくっきんぐん)や伸筋群(しんきんぐん)が発達しています。

犬の前足を踏ん張って上体を支える為の胸筋(きょうきん)群や走る際の推進力を

生み出す広背筋(こうはいきん)や臀筋(でんきん)群等が発達しています。

 

猫の筋肉と犬の筋肉の違いは?

猫は一瞬のスピードで獲物をつかまえるチーター型の筋肉を持っています。
しかし犬は群れで獲物を長時間追いかけ疲れさせてからしとめるというオオカミ型の

筋肉を持っています。

 

つまり猫の筋肉は瞬発力を発揮しやすい白筋(はっきん-fast fiber)で構成されています。

一方で犬の筋肉は持久力に適した赤筋(せっきん-slow fiber)で構成されています。

「シベリアンハスキーが、そりを引っ張りながら信じられないくらいの長距離を走る」事は、

「犬の筋肉がそもそも持久走向きに進化している」事を証明しています。

 

筋肉を区分する方法は?それぞれの筋肉の特徴は?

筋肉の区分する時に「力は弱いけれど疲れにくい」という特性を持ったTypeIと「力は強いけれど

疲れやすい」という特性を持ったTypeIIxと前二者の中間であるTypeIIaに分類するという方法が

あります。

 

それぞれの特性をより具体的に示した表は以下です。

 

特性\Type TypeI TypeIIx TypeIIa
収縮速度 遅い 速い 速い
収縮力 小さい 強い 中間
持久力 疲れにくい 疲れ易い 疲れにくい
白っぽい
ミトコンドリアの量 多い 少ない 多い

 

さらに以下は、チーター、猫、犬の体に分布している32個の筋肉を調べそれぞれの筋肉に含まれる

TypeIとTypeIIaとTypeIIxの割合を数値化した物です。

 

チーターの筋組成
TypeI=28.3%/TypeIIa=26.7%/TypeIIx=45.0%
猫の筋組成
TypeI=21.3%/TypeIIa=21.5%/TypeIIx=57.2%
犬の筋組成
TypeI=32.0%/TypeIIa=47.7%/TypeIIx=20.3%

 

疲れやすいとされるTypeIIxの割合が、チーターで45.0%猫で57.2%と半分近くに達して

います。

それに対して犬ではわずか20.3%にとどまっています。

逆に疲れにくいとされるTypeI及びTypeIIaの割合が、チーターで55%猫で42.8%です。

それに対して犬は79.7%と非常に高い数値を示しています。

こうした事実は、「チーターや猫が瞬発力を生かしたスプリンターである」事に対して

「犬は持久力を生かしたマラソンランナーである」事を正に物語っています。

つまりチーターや猫は、数十秒だけ続くスピードを生かして獲物を捕らえます。

それに対して犬は数十分かけて獲物を追いかけて「獲物が疲れてスピードを落とした」所を捕らえます。

この狩猟方法の違いは、生まれつき持っている筋肉の組成で生み出されています。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

次回は、犬のしっぽについて書こうと思います。

 

タグ : 

トイプードル

犬の神経の種類や活動は?内臓はどうなっているの?

読了までの目安時間:約 5分


 

 

 

 

前回は、犬の骨格について書きました。

今回は、犬の神経や内臓について書こうと思います。

 

犬の神経の種類は?主な活動は?犬の神経の数は?

犬の神経の種類は、人間の神経の種類と同じです。

神経の大まかな分類は、次の通りです。

 

 

 

 

中枢神経は、全身に指令を送る神経系統の中心的な働きをしています。

末梢神経は、中枢神経からの指令を体の各部に伝達する働きをしています。

更に中枢神経と末梢神経は、次の通りに分類されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

脳は大脳(間脳・中脳)、小脳、延髄から構成されています。

大脳は脳髄の大部分を占めていて高度な精神作用を司り各器官の運動や機能や感覚の中枢となっています。

小脳は大脳の後方に位置して体の平衡を保持して骨格筋の運動を調整しています。

延髄は脳と脊髄を結ぶ神経系を中継する部位で呼吸等の重要な反射枢と自動中枢を有します。

脳から出入りしている神経は、脳神経と言います。

これにローマ数字でⅠ~Ⅻまでの番号が付けられています。

 

延髄に続く脊髄は、脊椎骨の中を通る神経線維の集まりです。

脊髄は脊椎骨ごとに分岐して各支配領域に達しています。

脊髄は、「神経が出入りする」脊椎の区分によって5つに分類されています。

・頚神経( C e ) ・・・後頭部、頚部、前肢、横隔膜に分布する。
・胸神経(T) ・・・肋骨間を走行して胸壁、腹壁に分布する。
・腰神経(L) ・・・腰臀部、陰部、大腿部に分布する。
・仙骨神経(S) ・・・臀部、陰肛門部、後肢に分布する。
・尾骨神経(C d) ・・・尾に分布する。

 

体性神経は、体性感覚や特殊感覚に基づく骨格筋の反射による運動機能の調節や大脳皮質の働きに

基づく意志による運動機能に関与します。

 

自律神経は、消化等の機能に関与します。

 

体性神経と自律神経は、それぞれ以下の様に分類されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知覚神経は、目等の感覚器官からの情報を受け取る神経です。

 

運動神経は、手を上げる等運動を司る神経です。

 

交感神経は、緊急時やストレス時に働き心身を活発にします。

 

副交感神経は、心身を休め回復させたり体のメンテナンスを担ったりする神経です。

 

因みに犬の神経の数は、猫の神経の数の2倍あります。

 

犬の内臓はどうなってるの?

犬の内臓は同じ哺乳類である人間とほぼ同じで循環器系や消化器系や泌尿器系や呼吸器系や

生殖器系や内分泌器系に分類されます。

それぞれの臓器の働きは、人間の臓器の働きと同じです。

しかしいくつかの臓器の大きさに違いがあります。

 

例えば腸の長さに違いがあります。

 

草食動物の腸の長さ → 体長の約10~20倍

 

肉食動物の腸の長さ → 体長の約4~5倍

 

人間の腸の長さ   → 体長の約6~9倍

 

犬の腸の長さ    → 体長の約5~7倍

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

次回は、犬の筋肉について書こうと思います。

 

美容が気になる方にオススメの記事をご紹介します。

暮らしの歳時記

 

タグ : 

トイプードル

犬の骨格はどうなってるの?

読了までの目安時間:約 5分


 

 

 

前回は、犬の舌の変色とその原因について書きました。

今回は、犬の骨格について書こうと思います。

 

犬の骨格はどうなってるの?

犬の骨格は、同じ哺乳類(ほにゅうるい)である人間の

骨格を四つんばいにした状態と似た構造をしています。

しかし若干の違いがあります。

 

顔の骨格は、大きく分けて上部の頭蓋(とうがい)と

下部の下顎骨(かがくこつ)からなります。

上下をつなぐ関節が顎関節(がくかんせつ)です。

ちなみに犬のあごは草食動物や雑食動物の様に左右に動かせ

ません。

つまり犬は、口の中のエサをもぐもぐとすりつぶす事を非常に

苦手とします。

 

犬の首は人間を始めとする多くの哺乳動物と同様七つの頚椎

(けいつい)からなります。

一番上は環椎(かんつい)と言います。

二番目は軸椎(じくつい)と言います。

これらは、特殊な形をしていて首を左右に回す時に役立つ構造に

なっています。

 

犬の背部は胸椎(きょうつい)と腰椎(ようつい)と椎間板から

なります。

「人間の胸椎(きょうつい 背骨)は12個である」のに対して

犬のそれは13個です。

「人間の腰椎(ようつい 腰の骨)が5個である」のに対して

犬の腰椎は7個あります。

椎間板(ついかんばん)は、一個一個の背骨の骨(椎骨 ついこつ)の

間に挟まっていて衝撃を緩和するクッションの働きをします。

「椎間板がやぶれる」事で「髄核(ずいかく)が外に飛び出す」事は、

椎間板ヘルニアと呼びます。

 

犬の肩は、肩甲骨(けんこうこつ)とそれに続く上腕骨(じょうわんこつ)

及び前腕骨(橈骨と尺骨)とからなります。

肩甲骨と上腕骨は肩関節を形成します。

しかし「骨と骨をつなぐ靭帯(じんたい)と筋肉が強靭である」為に犬は、

人間の様に肩をぐるぐる回す事は得意とせず前足を前に振り出したり後方に

引き寄せたりするという動きをメインとします。

 

犬の臀部は骨盤(腸骨+仙骨+寛骨)とそれにつながる大腿骨及び下腿骨

(脛骨と腓骨)からなります。

「骨盤側面にある寛骨臼(かんこつきゅう)というソケットの中に大腿骨の

先端がぽこっとはまる」事により股関節(こかんせつ)が形成されます。  

遺伝病の一種である股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん hip dysplasia)は、

「大腿骨が寛骨臼の中にぴったりと入らない」病気です。

この病気は、ジャーマンシェパードやラブラドールレトリバーやロットワイラー等の

大型犬で頻発します。

 

犬の胸部は肋骨と肋骨同士を胸の前面でつなぎとめる胸骨と呼ばれる骨からなります。

肋骨で囲まれた空間は胸郭(きょうかく)と呼ばれ肺等の呼吸等にかかわる重要な臓器を

保護しています。

「人間の肋骨(ろっこつ)が12対である」のに対して犬のそれは13対あります。

 

また人間に無い尾椎(びつい-しっぽの中にある骨)がおよそ

20個あります。
人間は20年ほどの時間をかけて緩やかに骨格を成長させます。

しかし犬は生後1年でほぼ成犬のサイズに急成長します。

 

ダックスフンドの短い足やペキニーズ等の短吻(たんぷん)系

犬種の頭部やブルドッグ・ボストンテリアのらせん状に巻いた

しっぽ等は、骨の形成異常を正統な犬種標準として認定した物です。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

次回は、犬の神経について書こうと思います。

 

バレンタインデーに関する記事をご紹介します。

暮らしのカレンダー

 

タグ : 

トイプードル

舌の色の変色とその原因は?

読了までの目安時間:約 4分


 

 

 

前回は、ネオフォビアや犬の舌の変色とその原因について

書きました。

今回は、前回に引き続き犬の舌の変色とその原因について

書こうと思います。

 

舌の色の変色とその原因は?

・犬の舌が白く変色している
「犬の舌が部分的に白っぽく変色した」場合「犬が何らかの化学薬品と接触したのではないか」

と疑って下さい。

身近に「犬が口にする」様な薬剤がないかどうか確認して下さい。

「誤飲・誤食が疑われる」場合は中毒症状を起こす前に犬を獣医さんに連れて行って下さい。
また「犬の舌が全体的に白っぽく変色している」場合「犬が貧血を起こしている」可能性が

あります。

「犬が貧血になる」理由は、非常に多くあります。

代表的な物は、白血病や体内における出血や外傷による出血や骨髄の異常です。

「犬の元気がない」場合は、犬を獣医さんに連れて行って下さい。

 

・犬の舌が赤い
「犬の舌が赤く変色している」場合は、まず一酸化炭素中毒を疑って下さい。

「犬が室内で飼い主と同居している」場合犬と人間の両方に不調が現れます。

よくある原因は火鉢や古いガスストーブの使用等です。

その場合は早急に室内の換気を行って下さい。
また「ナイアシンと呼ばれるビタミンの一種が極端に欠乏した」場合犬はペラグラと呼ばれる

病気になります。

それによって舌全体が赤く変色します。

「犬が偏食(へんしょく)している」時等は獣医さんと相談して診察と共に犬の食生活を

正しい食生活に戻して下さい。

 

・犬の舌が赤く潰瘍になっている
「犬の舌が赤く変色し潰瘍(かいよう 組織が崩れてぐじゅぐじゅになった状態)になっている」

場合は、尿毒症(にょうどくしょう)を疑って下さい。

尿毒症は「腎臓の機能が低下する」事で「本来体の外に排出するはずの毒素が体内に滞り

体調不良を引き起こす」病気です。

この病気の場合は舌の発赤と共にアンモニアの様な口臭を放つ様になります。

なので飼い主は犬を早急に獣医さんに連れて行って下さい。

 

・犬の舌が全体的に青黒い
「犬の舌が全体的に青黒く変色している」場合は、チアノーゼという病態を疑って下さい。

これは、「血液中の酸素量が不足する」事で「本来赤であるはずの血液が青っぽく見えてしまう」

症状です。

この原因は心臓疾患や喘息や何らかの中毒等様々です。

歯茎やほほの内側の粘膜に同様の変色が見られます。

なのでこの症状を発見した場合は早急に獣医さんに犬を連れて行って下さい。
「歯茎やほほの内側の粘膜が健康なピンク色である」のに対して「舌の色だけ青黒く

変色している」場合「犬が何らかのストレスにさらされた」可能性があります。

雷等「犬に強い刺激が加わる」事で一時的に犬の舌の色が変わります。

通常はしばらくすると元の色に戻ります。

「なかなか色が戻らない」場合は獣医さんのアドバイスを受けて下さい。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

次回は、犬の骨格等について書こうと思います。

 

タグ : 

トイプードル

ネオフォビア(新奇恐怖症)とは?舌の色の変色とその原因は?

読了までの目安時間:約 4分


 

 

 

前回は、「犬の嗜好性はどの様に形成されるか?」等について

書きました。

今回は、ネオフォビア(新奇恐怖症)等について書こうと思います。

 

ネオフォビア(新奇恐怖症)とは?

犬は病気や怪我を負った時や慣れない環境に連れて来られた時になじみの

ない食べ物に口を付けたがらなくなります。

これは、ネオフォビア(新奇恐怖症)と呼ばれます。

この急性の変化は、慣れない環境において毒性のあるものを誤食しない様に

する本能的な反応です。

またこれは、同時に安心感と結び付いている幼い頃の食べ物へ回帰しようと

するある種の赤ちゃん返りです。
「犬がネオフォビアになった」時は、病気や怪我の他に「環境に大きな変化が

無かったかどうか」を吟味してみて下さい。

「犬がネオフォビアにならない」様にするコツは、生後6ヶ月迄に色々な物を

食べさせる事です。

 

舌の色の変色とその原因は?

健康な犬の舌はきれいなピンク色です。

また表面は唾液でつやつやしています。

しかし様々な理由で犬の舌の色は変化します。

なので舌の変色は、時に重大な病気のサインになります。

以下は、犬の舌の代表的な変色とその原因です。

 

・犬の舌が生まれつき青黒い
「犬の舌に生まれつき青黒い斑点がある」場合や「犬の舌が全体的に青黒い」場合

それは先天的な犬の個性で問題ありません。

全体的な変色はチャウチャウやシャーペイに見られます。

部分的な斑点はミックス犬や一部の純血種に見られます。

これは、人間で言うほくろと同じです。

なので獣医さんによる診察は不要です。

 

・犬の舌が赤色等になっている
「舌の色が赤色等通常ではありえない様な不自然な変色をしている」場合「おもちゃ等

着色料が舌に付着した」可能性があります。

「中国産のおもちゃに有害物質が付着していた」為に「犬が中毒症状を起こした」という

事件が海外で発生しています。

なので飼い主は念の為に犬の様子を観察して下さい。

「犬の具合が悪そうである」場合は、犬を獣医さんに連れて行って下さい。

 

・犬の舌の上に黒い斑点がある
「舌の上に突如として黒い斑点が現れた」場合「それはメラノーマである」可能性が

あります。

メラノーマは別名で悪性黒色腫(あくせいこくしょくしゅ)と呼ばれるガンの一種です。

なのでこの場合獣医さんによる早急な診察と治療が必要です。

見分け方のこつは、「輪郭がほくろの様にはっきりせずくねくねしているか」や「色の

濃い部分と薄い部分があるか」の2つです。

これは「ガン細胞が周囲へ勢力を広げようとしている」為に現れる特徴です。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

次回も引き続き舌の色の変色とその原因等について書こうと思います。

 

タグ : 

トイプードル