yuki

競争犬 闘犬 セラピードッグはどんな仕事をしているの?

読了までの目安時間:約 5分


前回は、犬の習性を活かした仕事として牧畜犬と猟犬を

紹介しました。

今回は、犬の習性を活かした仕事として競争犬等について

書こうと思います。

 

競争犬 闘犬 セラピードッグはどんな仕事をしているの?

・競争犬

競争犬は、ドッグレースにおいて賭けの対象となって走る犬です。

これは、競馬で言うと競走馬に相当します。
犬を走らせる際は、通称おとり(Lure)と呼ばれる疑似獲物を

コースに合わせて高速で動かします。

そしてこの「おとり」を捕まえようとして犬は走ります。

この様に競争犬は、動く物を追い掛けて捕らえようとする犬の習性を利用した

仕事と言えます。
しかし日本において公営ギャンブルとして競犬は認められていません。

従って民間のドッグパーク等で余興として犬のカケッコが見られるくらいです。

しかしイギリス等の海外において競争犬が、ギャンブルとして運営されています。

競争犬として使用される犬種はグレイハウンドやウィペット等です。

しかし競争犬はお金を稼ぐ為の単なる道具に成り下がる傾向にあります。

結果としてレースに勝てない弱い犬や引退した犬は、 用無しとして殺処分の

対象になっている様です。

 

・闘犬

闘犬は、娯楽や賭け事の為に他の犬と戦う犬です。

これは、テリトリーに入ってきた外敵を攻撃するという犬の習性を利用した犬の

仕事と言えます。
娯楽の少なかった19世紀以前に闘犬のみならず犬と牛を戦わせるBull Baitingや

犬と熊を戦わせるBear Baiting等が余興として行われていました。

またかつて日本において高知県と秋田県で闘犬が盛んでした。

しかし明治時代に秋田県において闘犬が禁止されました。

これにより現在高知県でのみ闘犬が行われています。

因みに現在動物愛護の観点からほとんどの国で闘犬が禁止されています。

高知県の闘犬において用いられる犬種は、マスティフの血を引く土佐犬です。

因みに「闘犬は公営ギャンブルとして認められていない」為に人間の行う格闘技興行の様に

観客から徴収する入場料が主な収入源となっています。

基本的に殺し合うまで戦い続ける事はありません。

お互いに牙を立てて噛み合うので闘犬は、当然流血戦となります。

因みにアメリカにおいて闘犬は禁止されています。

しかしアメリカで人目を忍んでギャンブルとして闘犬が行われています。

「犬の所有者が対戦者に謝る」まで等ルールは色々あります。

 

・セラピードッグ

セラピードッグは、病院等を訪問して入院している人の心に安らぎを与える犬です。

セラピードッグは、犬種の指定をされて無い為に捨て犬か飼い犬や小型犬か大型犬

に関わらずセラピードッグになれます。

因みにセラピードッグになろうとする犬は病院等における振る舞い等セラピードッグとして必要な

事における数10の試験をクリアしなければなりません。

海外でセラピードッグは、AAT(Animal Assisted Therapy/動物介在療法)として50年近い

歴史があります。

例えば「犬と触れ合う事で血圧が下がる」事や「リラックスした時に出る脳波(アルファ波)が

犬と触れ合う事で出る」事が分かっています。

また認知症に対する悪化予防効果や自閉症の治療効果等が、現在科学的に検証されています。

因みに日本におけるセラピードッグの認知度はまだ低いです。

 

皆さんはこの記事の内容を知っていましたか?

次回は、犬の不思議な能力について書こうと思います。

 

タグ :  

トイプードル

犬の習性を活かした犬の仕事は?

読了までの目安時間:約 4分


前回まで犬の頭脳を活かした犬の仕事として盲導犬等について

いろいろ書いて来ました。

今回は、犬の習性を活かした犬の仕事について書こうと

思います。

 

犬の習性を活かした犬の仕事は?

1.牧畜犬

牧畜犬は、牧場において「家畜が散らばらない」様に監視したり家畜を外敵から家畜を

守る犬です。

家畜として羊や牛やヤギが挙げられます。
機械化の進んでいなかった時代において「家畜が寝泊りする」牧舎と草のある放牧地までの家畜の

移動は、主として牧畜犬によって行われていました。

また機械化の進んでいなかった時代において「家畜が放牧中に熊等の害獣に襲われる」

事が頻繁にありました。

こうした外敵から家畜を守る事は、「家畜が寝泊りする」牧舎と草のある

放牧地までの家畜の移動同様に牧畜犬の重要な仕事でした。

この様に牧畜犬の仕事は、自分のテリトリーや仲間を守るという犬の習性を生かした仕事と

いえます。
犬を機能別で分類した際にハーディング・グループ(Herding Group)というカテゴリーが

あります。

herdは家畜の番をするという意味です。

これは牧畜犬を指します。
現在でも牧場において牧羊犬として活躍している犬種は、ボーダー・コリーやシェルティ

(シェットランド・シープドッグ)やオーストラリアン・キャトル・ドッグや

オーストラリアン・ケルピー等です。

因みにジャーマン・シェパードは、稀にハーディンググループに分類されます。

そもそもシェパードは、羊飼い/牧羊犬という意味です。

ジャーマン・シェパードを直訳するとドイツ生まれの牧羊犬となります。

 

2.猟犬

猟犬は、狩猟者と共に行動し狩猟のサポートをする犬です。

具体的な仕事は、獲物の場所を猟師に教える事や獲物を狩り出す事や獲物を仕留める事や

獲物を回収する事等です。

因みに猟師に獲物の居場所を教えるという仕事をする猟犬は、ストップ犬と言います。

この様な猟犬の主な犬種は、セッターやスパニエルです。

また仕留めた獲物を回収して猟師の元まで持って来るという仕事をする猟犬は、

リトリーブ犬と言います。

この様な猟犬の主な犬種は、ゴールデンレトリバー等のレトリバー種です。

犬を機能別で分類した際にスポーティング・グループ(sporting Group)というカテゴリーが

あります。

sportingは、狩猟の好きなという意味です。

これは、猟犬を指します。

しかし猟犬は、稀に狩猟期間後に狩猟者によって用済みとしてそのまま山に放置されます。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

次回も引き続き犬の習性を活かした犬の仕事について書こうと思います。

 

タグ :   

トイプードル

聴導犬や介助犬育成の為に私達が出来る事は?

読了までの目安時間:約 5分


 

 

前回は、「盲導犬育成の為に私達が出来る」事について

書きました。

今回は、「聴導犬育成の為に私達が出来る」事や

「介助犬育成の為に私達が出来る」事や「障害者が

補助犬を得る」までの過程について書こうと思います。

 

聴導犬育成の為に私達が出来る事は?

1.おねがいポスト活動に参加する

書き損じはがき集めをする活動

 

2.ワン・ワンカード活動に参加する

未使用のテレフォンカードやプリペイドカードを集める活動

 

3.ケンケン活動に参加する

図書券等の金券を集める活動

 

4.うきうきお洋服活動に参加する

聴導犬の着る服を集める活動

 

5.ふかふか毛布活動に参加する

「聴導犬が使う」毛布を集める活動

 

6.ソーシャライザーになる

聴導犬候補の子犬を約14ヶ月間育てるボランティア活動

 

ソーシャライザーになる条件は、次の通りです。

 

・犬をひとりっきりにする時間が少ない。

・室内飼いが出来る。

・月1回長野県宮田村や東京や関西方面で行われるパピークラスに出来るだけ参加する。

・日本聴導犬協会の育犬方針に従う。

・人間の子供を育てる様に子犬に愛情を持って甘やかさずに育てる。

 

7.日本聴導犬協会内ボランティアをする

日本聴導犬協会の資料を作ったり犬のお世話をしたり施設のお掃除をしたり

「聴導犬が着用する」専用コート等の作製をする活動

 

8.新家族活動に参加する

聴導犬より家庭犬向きと判断された聴導犬候補の犬の里親になる活動

 

9.企業や団体で募金箱の設置ボランティアをする

 

10.日本聴導犬協会に直接寄付する

 

11.クレジットカードで日本聴導犬協会寄付する

 

12.電子マネーちょコムから日本聴導犬協会に寄付する

 

13.Yahoo!ボランティア募金を通して募金する

 

介助犬の育成の為に私達が出来る事は?

1.日本介助犬協会の会員になる

 

2.日本介助犬協会に寄付する

 

3.遺産を日本介助犬協会に寄付する(遺贈)

 

4.FacebookやTwitterやInstagramで日本介助犬協会のページを拡散する

 

5.企業や団体として募金箱や介助犬支援自動販売機の設置場所を提供する

 

6.介助犬サポーターカードを作る

 

7.未使用切手や書き損じはがきを日本介助犬協会に送る

 

障害者が補助犬を得るまでの過程は?

盲導犬や聴導犬や介助犬は、まとめて補助犬と呼ばれます。

 

以下は、「障害者が補助犬を得る」までの大まかな過程です。

 

1.最寄りの訓練センターか自治体の障害福祉課に電話やメールで問い合わせる

 

・最寄りの訓練センターに問い合わせる場合は、最寄りの訓練センターに

 いつ訪問するつもりか伝えておく。

 

2.最寄りの訓練センターを訪問して訓練士と相談する

 

3.申込書を記入する

 

4.マッチング(ユーザーと補助犬の相性をみる)

 

5.共同訓練をする(補助犬の種類によって期間は異なります。)

 

6.自治体の認定を受ける

 

7.ユーザーは補助犬と自宅で暮らし始める

 

皆さんはこの記事の内容を知っていましたか?

次回は、犬の習性を生かした犬の仕事について書こうと思います。

 

タグ :   

トイプードル

盲導犬育成の為に私達が出来る事は?

読了までの目安時間:約 6分


 

 

 

前回まで犬の頭脳を生かした犬の仕事として盲導犬等を

紹介しました。

今回は、「盲導犬育成の為に私達が出来る」事について

書こうと思います。

 

盲導犬育成の為に私達が出来る事は?

1.盲導犬募金

盲導犬を1匹育成する為に約300万円の経費が必要だと言われています。

こうした盲導犬育成に必要な資金の約95%は募金から成り立っています。

お店のレジ付近でよく見かけるラブラドール募金箱に小銭を入れるだけで私達は、

盲導犬育成に間接的に協力出来ます。

 

2.繁殖犬ボランティア

繁殖犬は、盲導犬の候補となる子犬を産む母犬です。

「繁殖犬が妊娠していない」場合繁殖犬ボランティアは、 通常のペットと

ほとんど変わらない繁殖犬のお世話をします。

「繁殖犬が妊娠して子犬を出産する」場合繁殖犬ボランティアは、出産・子育ての

お手伝いをします。

 

3.引退犬ボランティア

これは、10歳前後の引退した盲導犬を引き取り余生を共に過ごすという物です。

この場合盲導犬協会が医療費負担をしてくれます。

 

4.パピーウォーカー

パピーウォーカーは、生後2ヶ月の盲導犬候補の子犬を1歳になるまで育てる

ボランティアです。

パピーウォーカーになる条件は次の通りです。

◊島根県や静岡県や神奈川県や宮城県にある訓練センター近郊に住んでいる

◊月1回各訓練センターで行われるレクチャーに参加する

◊移動手段として車を持っている

◊室内飼育をする

◊留守にする時間が少ない

◊犬の躾を家族全員でする

◊現在犬の飼育をしていない

◊フード等の消耗品やワクチン等のお金を除いた日々の治療費を負担して貰う

 

5.キャリアチェンジ犬飼育ボランティア

キャリアチェンジ犬は、「身体的に懸念がある」犬や訓練を行ったけれど性格的に

盲導犬に向かないと判断された盲導犬の候補犬で盲導犬PR犬になったり等

キャリアを変更する犬を言います。

そんなキャリアチェンジ犬を飼育する人がキャリアチェンジ犬飼育ボランティアです。

キャリアチェンジ犬飼育ボランティアになる条件は次の通りです。

◊室内飼育をする

◊留守がちではない

◊節度と愛情を持って飼育する

 

6.ケンネルボランティア

これは、犬舎の掃除・犬用タオルの洗濯・犬の手入れや散歩・排泄・給餌・子犬の世話や

「盲導犬ユーザーが盲導犬をシャンプーする」時の補助等を行うボランティアです。

作業に慣れる為に週1度以上のサイクルで3ヶ月以上継続して活動できる方が好まれます。

 

7.イベントボランティア

これは、島根等にある各訓練センターで行われる見学会等のお手伝いをするボランティアです。

 

8.公益財団法人日本盲導犬協会の賛助会員になる

 

9.クレジットカードか郵便振り替えか銀行振り込みでお金を寄付する

 

10.スマートフォンを使って募金をするかざして募金をする

 

11.インターネットでクリックをする事で募金をするYahoo!ボランティアをする

 

12.Webmoneyを使って募金する

 

13.Edy決済による募金をする

 

14.遺産を寄付する(遺贈)

 

15.ジャックス等のクレジットカード会社の提携クレジットカードを作る

 

16.セゾンカード等の各種ポイントの寄付をする

 

17.ショッピングサイト等で貯まったポイントを寄付する

 

18.書き損じのはがきや使用しなくなった携帯電話や使用しない洗剤を公益財団法人

日本盲導犬協会に送るという暮らしの中から盲導犬の育成を応援する

 

19.募金箱の場所を提供する等企業や団体として盲導犬の育成を支援する

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

この中の1つでもやってみると盲導犬の育成を手助け出来るかもしれませんね。

次回は、聴導犬育成の為に私達が出来る事について書こうと思います。

 

焼き鳥ちょうちん串についての記事をご紹介します。

ちょうちんって何?名前の由来は?味は?オススメの食べ方は?

 

タグ :

トイプードル

犬の頭脳を活かした犬の仕事は?介助犬の一生とは?

読了までの目安時間:約 3分


前回は、聴導犬について紹介しました。

今回は、介助犬について紹介しようと思います。

 

犬の頭脳を活かした犬の仕事は?

・介助犬

介助犬は、手足の不自由な人の日常生活を助ける為に特別に訓練された犬です。
具体的な仕事内容は、屋内外で落とした物を拾う事や衣服の脱衣補助や特定の物をユーザーに

持って来る事や車いすの牽引や緊急連絡手段の確保や起立介助や歩行介助やドアの開閉や

荷物の運搬等使用者に必要な様々な動作です。
屋外において介助犬は、黄色と青色で二色構成された介助犬と明示されたチョッキ等を着ています。

これにより一般人はペット犬と介助犬を見分けられます。

介助犬を見かけた場合は盲導犬や聴導犬同様に声を掛けたりえさを与えたりして犬の集中力を

阻害しない様に注意しなければなりません。
因みに兵庫県宝塚市のプログラマー木村さんと生活を共にしていた介助犬シンシアは有名です。

彼女の献身的な仕事ぶりは人々の共感を呼び介助犬を含めた補助犬の認知運動を盛り上げる事に

一役買いました。

結果として2002年10月に身体障害者補助犬法が施行されました。

この法律により介助犬も盲導犬や聴導犬同様に民間施設への受け入れが義務付けられました。

しかし盲導犬や聴導犬同様に介助犬の受け入れ態勢は万全といえません。

因みに介助犬の一生は、以下の通りです。

 

1.繁殖犬ボランティア宅で介助犬候補の子犬が繁殖される

2.介助犬候補の犬は、誕生~生後2ヶ月まで繁殖犬ボランティアさん宅で母犬や兄弟姉妹犬と一緒に暮らす

3.介助犬候補の犬は、生後2ケ月~1歳までパピーホームというボランティアさん宅で躾等を受けながら暮らす。

4.介助犬候補の犬は、1歳~2歳前後まで3ヶ月毎に適性評価をしながら介助犬として必要な事を訓練する。

5.介助犬候補の犬と介助犬利用希望者がお見合いする。

6.介助犬候補の犬と介助犬利用希望者が合同訓練をする。

7.介助犬候補の犬と介助犬利用希望者が認定試験と審査を受ける。

8.認定試験と審査を通過後介助犬候補の犬が正式に介助犬として認められる。

9.10歳まで介助犬として働く

10.引退

11.引退後介助犬はユーザー宅でそのままペットとして暮らすか引退犬ボランティア宅かパピーホームという

   ボランティアさん宅で暮らす。

 

皆さんはこの記事の内容を知っていましたか?

次回は、盲導犬育成の為に私達のやれる事について書こうと思います。

 

タグ : 

トイプードル