yuki

夏の間犬を飼う上で注意しなければならない事とは?その2

読了までの目安時間:約 5分


 

 

 

前回は、夏の間犬を飼う上で注意しなければならない事について書きました。

今回も引き続きこの事について書こうと思います。

 

夏の間犬を飼う上で注意しなければならない事とは?

・散歩

日中の強い日差しを避け散歩時間を日の出近くや日没近くにずらす事は

良い事です。

しかし「日の光があまりに少ない」場合周囲の見通しが悪くなります。

その為事故に巻き込まれてしまう危険性が高まります。

この事態を避ける為に車や自転車の運転手から見え易い様に暗い色の服を

避けたり「人工灯がある」場所を選んで歩いたり犬に反射板を取り付けたり

という配慮が必要です。

 

・水難事故

夏は水泳や海水浴を楽しむ季節です。

犬は水遊びを好みます。

しかし好き勝手に遊ばせておけば良いという訳ではありません。

以下は夏に多い水難事故のパターンです。

 

◊犬が溺れる

「足がつかない」くらい深い水に入った犬は本能的に犬かき(doggy paddle)を

行い「足が付く」場所まで自力で泳ぎ付けます。

しかし川や海等「水流がある」場所で犬は犬搔きを上手く出来ません。

流れに押し流されてそのまま溺れてしまう事があります。

その為犬に水浴びをさせる時は「水流がない」場所を選ぶ様にしましょう。

また子供用プールで遊ばせる時は、必ず監督して下さい。

犬を水場で遊ばせる時は「足がつく」くらいの深さの場所で犬を遊ばせて下さい。

 

◊水中毒

2017年8月にアメリカ・カリフォルニア州にある湖で投げ入れられた棒を取ってくる

フェッチ(取ってこい)をしていた犬のハンツが突如として死んでしまいました。

死因は大量の水を飲み込みんだ事による低ナトリウム血症(水中毒)でした。

「棒を取ろうとして口を開けた時に大量の水が入った」と当時は推測されていました。

因みに海においてこれをやると水中毒の他に塩水を飲み込む事で急性食塩中毒に陥る

危険があります。

 

◊藻中毒

「水の中で繁殖した藻が時として犬の命を奪ってしまう」事があります。
「2015年6月にアメリカのミネソタ州で藻が生い茂った水を摂取した犬が死亡する」

という事故がありました。

ミネソタ汚染管制局(MPCA)によると「藻が原因と考えられる」犬の死亡例は今回の他に

2014年に3件あった様です。

藍藻の中にプロトテカと呼ばれる有毒種があります。

日本における報告例は数える程しかありません。

抹茶の様な色をした水に犬を近付けない様にする事が大切です。

外観だけから有害な藻と無害な藻を見分ける事は困難です。

 

◊砂の誤食

以下は、砂の誤食の例です。

2013年にフロリダ州に暮らすドーベルマンのサディが突然の食欲不振と吐き気に

見舞われました。

心配した飼い主がサディを動物病院へ連れて行きました。

そしたら胃袋の中から大量の砂が見つかったそうです。

前日にビーチで棒を使った取ってこい遊びをした際砂を一緒に飲み込んでしまった

可能性が高い様です。

また2015年にオーストラリアで人気の子供用おもちゃであるキネティックサンドを

大量に飲み込んでしまった犬の症例が報告されています。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

次回も引き続き夏の間犬を飼う上で注意しなければならない事について書こうと思います。

 

タグ :    

トイプードル

夏の間犬を飼う上で注意しなければならない事とは?その1

読了までの目安時間:約 4分


 

 

前回は、季節毎に犬を飼う上で注意しなければならない事

特に春の間注意しなければならない事について書きました。

今回は、季節毎に犬を飼う上で注意しなければならない事

特に夏の間注意しなければならない事について書こうと

思います。

 

夏の間犬を飼う上で注意しなければならない事とは?

・熱中症

「日差しが強くなる」/「日照時間が伸びる」夏において「犬が熱中症に

かかる」リスクは劇的に増えます。
熱中症は「体温をうまく下げる事が出来ない」為に「平熱を上回った状態が

続いて体調不良に陥ってしまう」事を指します。

犬の場合は「体の芯の温度(直腸温)が41℃を上回った」時に熱中症と

診断されます。

犬は汗をかかない為に人間に比べて体温を下げる事を得意としません。

その結果「人間が暑いなぁくらいに感じている」時に「犬は暑くて死にそう!

と感じている」可能性があります。

以下は、体感温度をイメージで示す場合の図です。

死ぬ程寒い 寒い 涼しい 快適 温かい 暑い
寒い 涼しい 快適 温かい 暑い 死ぬ程暑い

因みに熱中症における犬の死亡率は30~50%と報告されています。

この為飼い主が責任を持って確実に予防しなければなりません。

「車の中の風通しは悪い」為あっという間に温度が上昇してしまいます。

ある実験で「気温が22℃である」時に1時間で車内温度は47℃に達した様です。

その為暑さに弱い犬を絶対に車内に置き去りにしてはいけません。

あるデータによると「気温が29℃である」/「湿度が90%である」車内に

閉じ込められた犬の50%は平均48分で死ぬ様です。

 

・火傷

夏の暑い日差しは容赦なく犬の背中を照りつけます。

また太陽光に熱せられた地面は犬の肉球をじりじりと焼き焦がします。

これはちょうど2面グリルでサンマを焼いている状態と同じです。

火傷を負ってしまうリスクが劇的に増加します。
夏になると「日差しが強くなる」為立っているだけで頭がクラクラしてきます。

それは犬も同じ事です。

犬の体は被毛で覆われており太陽光をある程度遮断してくれます。

しかし被毛は太陽光を完全にガード出来ていません。

被毛の隙間を縫って地肌に届いた放射熱が皮膚を焼きます。

この為日光皮膚炎を引き起こしてしまう事があります。

特に「被毛が黒に近い」犬種は要注意です。

日光皮膚炎と同じくらい危険な物が肉球の火傷です。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

次回も引き続き夏の間犬を飼う上で注意しなければならない事について書こうと思います。

 

タグ : 

トイプードル

春の間に犬を飼う上で注意しなければならない事とは?

読了までの目安時間:約 4分


 

 

 

前回は、世界中で有名な犬について書きました。

今回は、季節毎に犬を飼う上で注意しなければならない事

特に春の間について書こうと思います。

 

季節毎に犬を飼う上で注意しなければならない事とは?

・ダニ
ダニは基本的に通年性です。
その為1年中予防薬を投与する事が理想です。
しかしダニは、3月頃から増え始めます。
その為特にこの時期のダニ対策は忘れてはなりません。

 

・フィラリア
春になるとフィラリアを媒介する蚊が活発に動き始めます。
外飼いだろうと室内飼いだろうと予防策を入念に行う必要があります。
フィラリアを媒介する蚊は日本中どこでも見られるトウゴウヤブカ等の
ありふれた蚊です。
蚊の繁殖に最適な温度域が22℃~27℃です。
また4月下旬~11月中旬が蚊の主な活動期間です。
フィラリアを媒介するヒトスジシマカ等の蚊のライフサイクルに初春の
平均気温が大きく影響します。
「その気温が高い」場合蚊がより早く活動を始めます。
因みに沖縄で4月に「蚊が活発になり始める」のに対して盛岡で6月下旬に
「蚊が活発になり始める」という具合に同じ日本国内で「蚊が活発になり
始める」時期に大きな開きが生じます。

 

・誤飲誤食
春になると様々な植物が芽を出して花を咲かせる様になります。
しかしその中に間違って食べてしまうと中毒に陥ってしまう物があります。
その為散歩時は犬の拾い食いに注意しなければいけません。

例えば朝顔は、犬にとって危険な植物です。
また春に行われる年中行事に付随する食べ物の中に「犬が口にする」場合
危険な物があります。
犬がそれを食べない様に注意しなければなりません。

例えば花見で出されるお酒やホワイトデーで受け渡しされるホワイトチョコレートは

犬にとって危険な飲食物です。

 

・野生動物との遭遇

春になると目覚める生き物の中に犬に害を及ぼす動物がいます。
その為散歩時に山林や草地を歩く時は注意しなければなりません。

例えばマムシは、犬にとって危険な野生動物です。

 

・花粉症
犬は人間同様に花粉症になります。
具体的なアレルゲン予防策としてHEPAフィルター付きの空気清浄機を付ける事等
があります。
ただし人間用の花粉症薬を犬に投与すると最悪の場合中毒に陥ってしまう事があります。

 

今回は、春の間に犬を飼う上で注意しなければならない事について書きました。

次回は、夏の間に犬を飼う上で注意しなければならない事について書こうと思います。

 

タグ :    

トイプードル

世界中で有名な犬とは?

読了までの目安時間:約 6分


前回は、「犬と自分の相性はどの様に判断したら良いか?」について書きました。

今回は、世界中で有名な犬について書こうと思います。

 

世界中で有名な犬とは?

♦保持記録で有名な犬

 

・オジー(ボーダーコリーとケルピーのミックス犬)

最も早く綱渡りをする犬として有名

 

・カイル(コリーとスタッフォードシャーブルテリアのミックス犬)

最も長い物体を誤飲した犬として有名

 

・ゼウス(グレートデン)

世界一体(体高)が大きい犬として有名

 

・ゾルバ(マスティフ)

世界一体重が重い犬として有名

 

・チェイサー(ボーダーコリー)

世界一言葉を覚えた犬として有名

 

・チャーリー(ゴールデンレトリバー)

世界一大きな声で吠える犬として有名

 

・ティア(ナポリタンマスティフ)

一度の出産で最も多くの子犬を産んだ犬として有名

 

・ティガー(ブラッドハウンド)

史上最も長い耳を持つ犬として有名

 

・ドーシャ(?)

ピンチを乗り越えて無事に生還した犬として有名

 

・ビッグスプラッシュ(チベタンマスティフ)

史上最も高値で取引された犬として有名

 

・ブランディ(ボクサー)

史上最も長い舌を持つ犬として有名

 

・ヘブンセントブランディ(チワワ)

世界一体(体高)が小さい犬として有名

 

・マーサ(ナポリタンマスティフ)

世界一醜い犬として有名

 

・マックス(ビーグルとダックスフントとテリアのミックス犬)

世界一長生きした犬として有名

 

・ミラクルミリー(チワワ)

世界一体(体長)が小さい犬として有名

 

♦忠犬として有名な犬

・アチ(?)

・カピタン(ジャーマンシェパード)

・カネロ(?)

・グレイフライヤーズボビー(スカイテリア)

・コンスタンティン(ジャーマンシェパード)

・シェップ(?)

・ジョック(?)

・テオ(イングリッシュスプリンガースパニエル)

・トミー(ジャーマンシェパード)

・ハチ(秋田犬)

・フィド(?)

・ポンペイ(パグ)

 

♦俳優として有名な犬

・アギー(ジャックラッセルテリア)

・コズモ(ジャックラッセルテリア)

・ジーン(ボーダーコリー)

・ストロングハート(ジャーマンシェパード)

・トト(ケアーンテリア)

・ヒギンス(?)

・ピート(アメリカンスタッフォードシャーテリア)

・ムース(ジャックラッセルテリア)

・リンティンティン(ジャーマンシェパード)

 

♦人命を救助した犬

・カバン(?)

・ゲラート(?)

・サーブ(ジャーマンシェパード)

・ジョージ(ジャックラッセルテリア)

・スニッカーズ(ボーダーコリーとポインターのミックス犬)

・スウォンジジャック(?)

・バリー(セントバーナード)

・バルト(?)

・プイ(バンカウ)

・ラチーナ(?)

 

♦帰巣本能の強い犬

・サンディ(チワワとテリアのミックス犬)

・チャンス(ゴールデンレトリバー)

・ドウザー(ゴールデンレトリバーとプードルのミックス犬)

・ボビー(コリー)

・マックス(エアデールテリア)

・ムーン(シベリアンハスキー)

・レーザー(ビーグル)

 

♦科学や学問に関わった犬

・ジロウ(樺太犬)

・スナッピー(アフガンハウンド)

・タロウ(樺太犬)

・マージョリー(?)

・マッケンジー(ボーダーコリー)

・ライカ(?)

 

♦騒動を引き起こした犬

・オールドドラム(アメリカンフォックスハウンド)

・オスカー(ハグ)

・ナティヴィダッド(?)

・ニッパー(?)

・ブラウンドッグ(ブラウンテリア)

・ボブ(?)

・マルチック(?)

・ロボ(?)

 

♦人間に尽力した犬

・オーニー(ボーダーテリア)

・バマー(ニューファウンドランド)

・ラザラス(?)

 

皆さんはこの記事の内容を知っていましたか?

次回からは季節毎の犬を飼う上での注意事項について書こうと思います。

 

タグ :

トイプードル

あなたと相性の良い犬種は?人の信じ易さや優しさのテストの診断とは?

読了までの目安時間:約 4分


 

 

 

前回は、人の社交性と支配性を測るテストの診断表について

書きました。

今回は、人の信じ易さや優しさを測るテストの診断表について

書こうと思います。

このテストから点数によって相性の良い犬のタイプが分かります。

 

人の信じ易さ測るテストの診断表とは?

人の信じ易さを測るテストの診断表は以下の通りです。

男性 女性
高い 25点以上 26点以上
中間 19~24点 19~25点
低い 18点以下 18点以下

 

◊男性の場合

♦人をすごく信じ易い人とコーギー等の頭の良い犬や

 秋田犬等の防衛心のある犬の相性は良い

♦人をまあまあ信じる人とシーズー等の行動を自発的

 かつ衝動的にする犬やコリー等の人懐こい犬の相性は良い

♦人をあまり信じない人とビーグル等の穏やかな犬や

 柴犬等の独立心の強い犬の相性は良い

 

◊女性の場合

♦人をすごく信じ易い人とチワワ等の屋内にいる事を好む犬や

秋田犬等の防衛心のある犬の相性は良い

人をまあまあ信じる人とコリー等の人懐こい犬やコーギー等の

 頭の良い犬の相性は良い

♦人をあまり信じない人とビーグル等の穏やかな犬やシーズー等の

 行動を自発的かつ衝動的にする犬の相性は良い

 

人の優しさを測るテストの診断表とは?

人の優しさを測るテストの診断表は以下の通りです。

男性 女性
高い 28点以上 30点以上
中間 21~27点 24~29点
低い 20点以下 23点以下

 

◊男性の場合

♦人に対して凄く優しい人とコーギー等の頭の良い犬や

 コリー等の人懐こい犬の相性は良い

♦人に対してまあまあ優しい人と柴犬等の独立心の強い

 犬や秋田犬等の防衛心のある犬の相性は良い

♦人に対してあまり優しくない人とビーグル等の穏やかな犬や

 チワワ等の屋内にいる事を好む犬の相性は良い

 

◊女性の場合

人に対して凄く優しい人とコリー等の人懐こい犬や

 秋田犬等の防衛心のある犬の相性は良い

♦人に対してまあまあ優しい人と柴犬等の独立心の強い犬や

 コーギー等の頭の良い犬の相性は良い

♦人に対してあまり優しくない人とビーグル等の穏やかな犬や

 シーズー等の行動を自発的かつ衝動的にする犬の相性は良い

 

総合結果はどうなるの?

犬と人間の相性の総合結果は次の通りです。

  • 4回出てきた犬のグループの犬とあなたの相性は最高です。
  • 3回出てきた犬のグループの犬とあなたの相性は非常に良いと言えます
  • 2回出てきた犬のグループの犬とあなたの相性はまあまあ良いと言えます
  • 1回出てきた犬のグループの犬とあなたの相性は賭けです
  • 1回も出てこなかった犬のグループの犬とあなたの相性は最悪です。

 

皆さんはこの記事の内容を知っていましたか?

次回は、世界中で有名な犬について書こうと思います。

 

タグ :  

トイプードル

人の社交性と支配性を測るテストの診断表とは?

読了までの目安時間:約 4分


前回は、「犬と自分の相性はどの様に判断したら良いか?」

という事に関してテストの内容やその計算方法や

点数表について書きました。

今回は、人の社交性と支配性を測るテストの診断表

について書こうと思います。

 

人の社交性と支配性を測るテストの診断表とは?

人の社交性を測るテストの診断表は以下の通りです。

男性 女性
高い 28点以上 28点以上
中間 20~27点 21点~27点
低い 19点以下 20点以下

◊男性の場合

♦「社会性が高い」人とコーギー等の頭の良い犬や

 シーズー等の行動を自発的かつ衝動的にする犬の相性は良い

♦「社会性が中間である」人とチワワ等の屋内にいる

 事を好む犬やコリー等の人懐こい犬の相性は良い

♦「社会性が低い」人とビーグル等の穏やかな犬や

 柴犬等の独立心の強い犬の相性は良い

◊女性の場合

♦「社会性が高い」人と柴犬等の独立心の強い犬や

 秋田犬等の防衛心のある犬の相性は良い

♦「社会性が中間である」人とチワワ等の屋内にいる

 事を好む犬やコーギー等の頭の良い犬の相性は良い

「社会性が低い」人とビーグル等の穏やかな犬や

 シーズー等の行動を自発的かつ衝動的にする犬の相性は良い

 

人の支配性を測るテストの診断表は以下の通りです。

男性 女性
高い 24点以上 23点以上
中間 19~23点 17~22点
低い 18点以下 16点以下

男性の場合

♦「支配性が高い」人とビーグル等の穏やかな犬や

 シーズー等の行動を自発的かつ衝動的にする犬の相性は良い

♦「支配性が中間である」人とコーギー等の頭の良い犬や

 コリー等の人懐こい犬の相性は良い

♦「支配性が低い」人と秋田犬等の防衛心のある犬や

 柴犬等の独立心の強い犬の相性は良い

◊女性の場合

♦「支配性が高い」人とシーズー等の行動を自発的かつ

 衝動的にする犬やビーグル等の穏やかな犬の相性は良い

♦「支配性が中間である」人とチワワ等の屋内にいる事を

 好む犬やコリー等の人懐こい犬の相性は良い

♦「支配性が低い」人と秋田犬等の防衛心のある犬や

 柴犬等の独立心の強い犬の相性は良い

 

皆さんはこの記事の内容を知っていましたか?

次回も引き続き犬との相性をどの様に判断すれば良いか?

という事に関して人の信じ易さと優しさに関するテストの

診断表について書こうと思います。

 

タグ :  

トイプードル

犬との相性はどの様に判断したら良いの?

読了までの目安時間:約 4分


 

 

前回は、犬に関係する法律や犬をめぐるトラブルの

解決法について書きました。

今回は、「犬と自分の相性はどの様に判断したら良いか?」

という事に関してテストの内容やその計算方法や

点数表について書こうと思います。

 

犬と自分の相性はどの様に判断したら良いの?

犬と自分の相性は、飼い主の社交性や支配性や信じ易さや優しさに

関するテストを総合的に判断する事で分かります。

 

それぞれのテストはA~Dの設問で成り立っています。

その内容は以下の通りです。

 

飼い主の社交性を測るテストの内容は、次の通りです。

・人と会う事が楽しくて好きだ~A

・自分は人に対して開放的になれる~B

・一人でいる事が好きである/自分は他人に対して無関心だ~C

・人と会う事が苦手で楽しくない~D

 

飼い主の支配性を測るテストの内容は、次の通りです。

・自分は人に対して攻撃的でズケズケと物を言う方だ~A

・先頭に立って仕切る事が好きだ~B

・自分に自信がない/人といる事が苦手だ~C

・自分はおとなしく人に無理を言えない方だ~D

 

飼い主の信じ易さを測るテストの内容は、次の通りです。

・自分は他人に要求や期待をしない~A

・人を欺いたりだましたりする事が嫌いだ~B

・悪知恵が働く為人を操る事を得意とする~C

・目的の為なら人をだます事はいとわない~D

 

飼い主の優しさを測るテストの内容は、次の通りです。

・人に対して思いやりがある方だ~A

・自分は困っている人に進んで手を貸す~B

・自分は他人事に無関心でめったに同情等をしない~C

・自分は相手の気持ちをあまり考えない方だ~D

 

A~Dの設問に対して以下の点数を元に点数を付けます。

・極めて不正確~1点

・非常に不正確~2点

・中程度に不正確~3点

・やや不正確~4点

・やや正確~5点

・中程度の正確~6点

・非常に正確~7点

・極めて正確~8点

 

その付けた点数を元に以下の計算式で計算をします。

A+B+20-C-D

 

この計算式で出た数字と次回以降に示す表とその説明を参考にする事で

自分と相性の良い犬の種類が分かります。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

次回も引き続き「犬と自分の相性はどの様に

判断したら良いか?」について書こうと思います。

特に次回は、飼い主の社交性を測るテストや

飼い主の支配性を測るテストの診断表と

その説明を書きたいと思います。

 

タグ :

トイプードル

犬に関する法律って何があるの?犬をめぐるトラブルの解決法は?

読了までの目安時間:約 5分


 

 

 

前回までの記事は、ペット産業について書きました。

今回は、動物愛護法以外の法律や犬をめぐるトラブルの

解決法について書こうと思います。

 

犬に関する法律って何があるの?

犬に関する法律は動物愛護法以外にたくさんあります。

以下は、その例です。

 

・狂犬病予防法

・家庭動物等の飼養及び保管に関する基準

(環境省告示)

・愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律

(ペットフード安全法)

・身体障害者補助犬法

・獣医師法

・民法

・刑法

・商法

・消費者契約法

・特定商取引法

・墓地や埋葬等に関する法律

・廃棄物の処理及び清掃に関する法律

・軽犯罪法

・区分所有法

・製造物責任法

 

犬をめぐるトラブルの解決法は?

犬をめぐるトラブルの解決法は以下の3つです。

 

・斡旋手続き(仲裁)

斡旋手続きは、「当事者間の話し合いによる解決が困難である」場合

「第三者が斡旋人となって双方の言い分を聞き争点を整理した上で

和解を斡旋する」という物です。

斡旋手続きにおいて主として弁護士が間に入ります。

あっせん手続の途中で「当事者の合意があった」場合は、次の仲裁手続に

移行します。
仲裁は、「弁護士会や行政書士会が行う」裁判外紛争解決手続の一種です。

主として弁護士である仲裁人が双方の言い分をよく聞き争点や事実関係を

整理した上で最終的に仲裁判断をして解決します。

これは、当事者双方で「仲裁人の判断に従う」と約束している事を前提と

します。

仲裁人を裁判所の外にいる裁判官と考えれば分かりやすいでしょう。

仲裁判断は裁判における確定判決と同一の効力を有します。

なので「そんな判断は納得いかない!」というわがままは通用しません。

 

・民事裁判

話し合いで解決できない場合は、裁判所で民事裁判を起こして判断を求めます。
裁判手続で当事者双方の主張や情報に基づいて裁判官が判断を下し最終的な
判決を出して争いに決着をつけます。
「請求額が140万円以下である」場合は簡易裁判所の管轄です。
また「請求額が140万円超である」場合や獣医療過誤訴訟の様な複雑な案件は
地方裁判所の管轄となります。
また「相手に対する請求金額が60万円以下である」場合審議を1日で
終了させる少額訴訟という手続きが用意されています。
裁判中進行具合によって話し合いによる解決を勧められる事があります。
「話し合いに決着がついた」場合裁判は判決を待たずに終了です。

 

・刑事裁判
動物愛護管理法違反等「何らかの罰則が定められている」法律の違反に対して
刑事上の処分を求めて刑事裁判が行われます。
流れは次の通りです。
1.警察に対する告訴や告発
2.警察による捜査
3.検察による起訴
4.刑事裁判
5.判決
告訴は犯罪を受けた被害者によってされる犯罪事実の告知です。
例 隣人がわざと私に犬をけしかけて足首を噛まれた!
告発は誰でも出来る犯罪事実の告知です。
 隣人が犬を蹴飛ばしていた!
告訴や告発は最寄りの警察署や事件のあった場所を管轄している警察署で
口頭か書面で行われます。
動物虐待事件の多くは、略式起訴(りゃくしききそ)で終わらされます。
略式起訴は、100万円以下の罰金・科料に相当する事件の場合
行われる通常の起訴手続きを簡略化した物です。
皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?
次回は、「犬と飼い主の相性はどの様に判断すれば良いか?」について
書こうと思います。

 

タグ :    

トイプードル

小売業界でペット購入時の説明の長さと内容は?

読了までの目安時間:約 5分


 

 

 

 

前回は、犬を取り扱っている小売業について書きました。

今回も犬を取り扱っている小売業界について書こうと思います。

 

小売業界でペット購入時の説明の長さと内容は?

環境省によって公開されているアンケートで平成18年度におけるペット購入時の

事前説明(口頭と文書による説明)の実施率は約44%でした。

また全国ペット協会加盟店舗は約89%でした。

そして事前説明を受けた長さは、購入者アンケートで以下の通りでした。

 

・10分未満      31.5%

・10~30分未満    42.5%

・30分以上~60分未満 15.1%

・60分以上         5.5%

・覚えていない        5.5%

 

この様に30分未満で75%近い割合を占めている事が明らかになりました。

しかし販売者アンケートの結果は、以下の通りになりました。

 

・10分未満       3.0%

・10分以上~30分未満 14.0%

・30~60分未満    31.9%

・60分以上       49.8%

・実施していない       1.0%

 

この様に30分以上説明に時間を費やしたとする業者が、全体の80%を超えています。

両者の食い違いの原因として購入者側の記憶違いおよび販売者側の水増し申告の

両方が影響していると考えられています。

事前説明の内容に対するアンケート結果は以下の通りです。

 

・種類や品種                    96.3%

・生産地                      80.3%

・性別                       92.0%

・生年月日                     93.0%

・成熟時の体長等                  88.6%

・給餌等の適切な飼養                94.0%

・遺棄の防止やみだりな繁殖を制限する方法      72.2%

・販売動物が罹る可能性のある人獣共通感染症     68.6%

・ワクチンの接種状況や病歴             93.0%

・販売個体の親や同腹子に関する遺伝性疾患の発生状況 54.2%

・不妊や去勢の方法とその費用            48.5%

・不妊や去勢措置の実施状況             41.8%

・その他                        4.3%

 

小売業界で起こるペット購入時の説明におけるトラブルとは?

環境省によって公開されている調査結果によると動物取扱業者へ対するアンケート調査で

販売上におけるトラブル・苦情の内容が明らかにされています。

以下は、その内容と割合です。

 

・死亡した動物の補償   7.9%

・動物の病気       16.6%

・血統書や証明書       8.5%

・販売価格          0.6%

・飼い方に関する説明不足 3.1%

・その他         3.0%

・トラブルはない     67.7%

・無回答         6.6%

 

購入者はどこからペットを購入しているの?

「購入者はどこからペットを購入しているか?」に関して

平成20年度に環境省によって行われた調査で以下の様な

事が分かりました。

 

ペットショップ  68%

ブリーダー    24%

通信販売         3%

ネットオークション  2%

その他        2%

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

次回は、犬に関する法律等について書こうと思います。

 

タグ : 

トイプードル

小売業界の問題点とは?説明責務はどうなっているの?

読了までの目安時間:約 6分


前回は、小売業界の販売形態等について書きました。

今回は、小売業界の問題点等について書こうと思います。

 

小売業界の問題点とは?

平成20年6月に公正取引委員会事務総局によって

公表されたペット(犬・猫)の取引における表示に

関する実態調査報告書によるとおよそ60%の人が

1週間以内の検討期間で犬猫を購入している様です。

更にそのうち29.3%の人は、たった1日未満で購入に

至っています。

これにより衝動買いの現状が示されています。

 

また悪徳業者の潜伏が問題になっています。

ネットを利用した通信販売やネットオークションにおける

高いトラブル率は、これと関係しています。

 

なお平成20年6月に公正取引委員会事務総局によって

公表されたペット(犬・猫)の取引における表示に関する

実態調査報告書でチャンピオン直子という表示について

購入者に対してどのようなものと認識するかという質問で

以下の様な答えが得られています。

容姿等がスタンダードに近くなる可能性の高い犬・猫

購入者の53.2%

チャンピオン直子という言葉が分からない

23.9%

可愛らしくなる可能性の高い犬・猫

8.6%

こうしたデータから「1/4近くの犬猫購入者がスタンダードや

血統書の正確な意味をよく理解していない」という事が分かります。

 

小売業界の説明責務はどうなっているの?

平成12年12月に改正された動物の愛護及び管理に関する法律が

施行されました。

それにより動物販売業者の説明責務が加わりました。

現在販売業者は、販売をしようとする動物について文書を交付して

説明すると共に当該文書を受領したことを顧客の署名等で

確認しなければなりません。

販売者の説明義務を具体的に明記している場所は、動物愛護法

施行規則第8条です。

その内容は「販売業者は、販売をしようとする動物についてその生理や

生態や習性等に合致した適正な飼養又は保管が行われる様に契約に

当たってあらかじめ次に掲げる当該動物の特性及び状態に関する情報を

顧客に対して電磁的記録を含む文書を交付して説明すると共に当該文書を

受領した事について顧客に署名等による確認を行わせなければならない。

ただし動物取扱業者を相手方として販売をする場合は以下に掲げる

情報について必要に応じて説明すれば足りるとする。」となっています。

 

・品種等の名称

・性成熟時の標準体重や標準体長その他の体の大きさに係る情報

・平均寿命その他の飼養期間に係る情報

・飼養又は保管に適した飼養施設の構造及び規模

・適切な給餌及び給水の方法

・適切な運動及び休養の方法

・主な人と動物の共通感染症その他当該動物がかかるおそれの高い疾病の

種類及びその予防方法

・不妊又は去勢の措置の方法及びその費用

(これは哺乳類に属する動物に限る。)

・前項に掲げるもののほかみだりな繁殖を制限するための措置

(不妊若しくは去勢の措置を不可逆的な方法により実施している場合は除く。)

・遺棄の禁止その他当該動物に係る関係法令の規定による規制の内容

・性別の判定結果

・生年月日

(輸入等をされた動物で「生年月日が明らかでない」場合は、推定される

生年月日及び輸入年月日等を伝える)

・不妊又は去勢の措置の実施状況

(これは哺乳類に属する動物に限る。)

・生産地等

・所有者の氏名

(これは自己の所有しない動物を販売しようとする場合に限る。)

・当該動物の病歴やワクチンの接種状況等

・当該動物の親及び同腹子に係る遺伝性疾患の発生状況

(これは哺乳類に属する動物に限る)

(これは「関係者からの聴取り等によって知る事が困難である」物を除く。)

・その他当該動物の適正な飼養又は保管に必要な事項

 

また環境省によって公開されているペット動物販売業者用説明マニュアルは、

ペットを購入しようとしている購入者に対して具体的に以下の様な情報を

提供する様にマニュアル化しています。

 

・動物購入者が種類や品種を選ぶために必要な情報

・終生飼養を確保するために必要な情報

・適正飼養を確保するために必要な情報

・所有の明示

・繁殖制限に関する情報

・人と動物の共通感染症の予防に必要な情報

・逸走と危害の発生を防止するために必要な情報

・生物多様性保全の見地から必要な情報

こうした情報の他に動物種ごとの個別説明を付け加える事が理想的な形です。

 

皆さんはこの記事の内容を知っていましたか?

次回も引き続きペット産業に関する事について書こうと思います。

 

タグ : 

トイプードル