yuki

犬の耳の形は?どんな種類があるの?

読了までの目安時間:約 5分


以前犬の耳掃除について書きました。

今回は、犬の耳の形について書こうと思います。

 

犬の耳の形は?どんな種類があるの?

長年の選択繁殖(せんたくはんしょく=人間の好みに

合わせて繁殖を行う)の結果犬の耳は、同一種と思え

ない程様々な形状を持つ様になりました。

以下は、代表的な犬の耳の形です。

 

・プリックイヤー
プリックイヤー(prick ear)は日本語で立ち耳と呼ばれ直立しています。

また先端は丸かったりとがっていたり様々です。

これは、ジャーマンシェパード等のスタンダードとして規定されています。

prickは、英語でとがった物という意味です。

 

・キャンドルフレームイヤー
キャンドルフレームイヤー(candle flame ear)は、ろうそくの炎の様な

形を成している耳です。

これは、ミニチュアピンシャー等で見られます。

 

・ラウンドティップドイヤー
ラウンドティップドイヤー(round- tipped ear)は、「先端が丸く

なっている」耳です。

これは、フレンチブルドッグ等で見られます。

またこの耳は別名でチューリップイヤーと言います。

 

・バットイヤー
バットイヤー(bat ear)は、形状的にラウンドティップドイヤーと同じです。

しかしコウモリ(bat)の様に「顔の大きさに比べて耳が大きい」場合は、

特別にこう呼ばれます。

チワワ等がこの形をした耳を持っています。

 

・フーデドイヤー
フーデドイヤー(hooded ear)は、フードをかぶった様な形をした耳です。

耳全体が丸みを帯び内側にカーブしています。

この耳の形は、バセンジー等で見られます。

 

・コックドイヤー
コックドイヤー(cocked ear)は、「耳が途中で折れ曲がっている」物を指します。

日本語でこれは、半立ち耳等と呼称します。

これは、プリックイヤーとボタンイヤーのちょうど中間くらいの耳です。

この耳の形は、コリー等で見られます。

 

・ドロップイヤー
ドロップイヤー(drop ear)は、「耳が頭の横に垂れ下がった」物です。

日本語でこれは、垂れ耳と呼ばれます。

バセットハウンドがこの耳を持っています。

 

・ボタンイヤー
ボタンイヤー(button ear)は、コックドイヤー(半立ち耳)とドロップイヤー(垂れ耳)の

中間くらいの耳を指します。

これは、「耳が前方に垂れて耳の穴を隠しているけれど垂れ耳の様に耳の穴を密閉していない」

状態です。

ジャックラッセルテリアがこの耳を持っています。

 

・ローズイヤー
ローズイヤー(rose ear)は、「耳がやや後方に巻き込まれた」物です。

パグ等がこの形をした耳を持っています。

 

・フォールデドイヤー
フォールデドイヤー(folded ear)は、垂れているけれど根元付近で若干立っていて

やや外側に広がった状態の耳です。

この耳の形は、キャバリア等のスパニエル種でよく見られます。

 

・Vシェイプイヤー
Vシェイプイヤー(V-shaped ear)は、文字通りV字型をした耳で「前から見た時に

折りたたまれた耳の外縁がちょうどアルファベットのVに見える」様な耳を指します。

ブルマスティフ等でこの形の耳が、見られます。

 

・フィルバートシェイプイヤー
フィルバートシェイプイヤー(Filbert-shaped ear)は、フィルバートナッツの様な

形をした耳を指します。

ベドリントンテリア等がこの形をした耳を持っています。

 

皆さんは、この記事の内容を知っていましたか?

私は、この記事作成を通して「犬の耳の形は色々ある」という事を知れました。

次回は、犬の耳の内部構造について書こうと思います。



 

タグ :                            

トイプードル

この記事に関連する記事一覧